蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS Jリーグ開幕戦レビュー「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」

<<   作成日時 : 2005/03/05 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この試合、それにしてカードが良く出ましたね。イエロー8枚レッド1枚ですか。

浦和はアルパイが鈴木に手を出してレットカードで退場して10人なってしまいました。

 手を出したって言ったってしかしそんな大したダメージでもないのに倒れて痛そうにアピールするのはなぜでしょう。

 私は決して暴力は肯定するわけではないですし、あれも戦略のうちといってもどうしても納得いきません。むしろああいうのを見ると敵味方に限らず嫌なものを見た気分になります。

 もっと別のアピール方法はあるでしょうに。あれじゃ三文ドラマのチンピラですよ。もっと考えて欲しいものです。

でも10人とは思えないくらい浦和が攻めましたね。それだけエメルソン、永井、三都主、途中出場の田中達也の突破力がものすごいということなのでしょう。

確か浦和は開幕戦勝利ということがなかったはず今年もそのジンクスを打ち破れませんでしたね。
しかもホームでの無敗記録が途絶えるというオマケつきで。

逆に鹿島は攻められてはいたものの曽ヶ端のファインセーブとDF陣の必死の守備で虎の子の1点を守りきりました。

得点は小笠原のクロスを鈴木が頭で入れたわけですが都築が一瞬、躊躇したせいか抑えられませんでしたね。さすが日本代表コンビ、勝負のしどころがわかってますね。

 リードされ人数も少なく前に出てくるしかない浦和にきっちり守って勝てる。そんなところに浦和と鹿島の差があるのではないでしょうか。

 少なくとも現体制になってから浦和が守って勝ちましたという話は記憶にありません。どんなときでも攻めっぱなしというイメージがあります。

 だから一旦、テンポを狂わされると空回りしてズルズルと行ってしまうのではありませんかね。

 次週はホーム等々力でフロンターレが迎え撃ちますがアルパイのレッドカードも嬉しいですがエメルソンもいなければもっと良かったのにな。そんなことをつぶやいてしまいました。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jリーグ開幕戦レビュー「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる