蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍍金はいつか剥がれる@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」

<<   作成日時 : 2008/07/22 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

  最初に一言、言わせてください。

 2年連続で埼スタ陥落を見られるなんて、何て幸せ者なんだ私はw。

 さて、この試合はフロンターレが優勝争いに絡むためにも確実に勝ちたい試合でした。

 その上、向こうは堀之内、阿部、細貝が出場停止、ポンテと三都主は怪我で欠場。かなり戦力ダウンを強いられているも、そこで「負けない」上に、グダグダでも「勝つ」と言うのが浦和。

 そう思うと試合前は周平と勇介がおらず、試合毎のパフォーマンスが乱高下する今のチームは、とても不安でした。期待の綱としては、この日に初先発のヴィトール・ジュニオール(以降ずっとヴィトールで統一します。)がスペシャルな選手である事を祈るくらいでした。

 まあそれは良い方に裏切られる訳ですが。

・観戦のポイント

1.ヴィトールのパフォーマンス。

2.バイタルエリアでの守備。

3.わざわざ強行出場してくれる闘莉王への対応。

・試合

 まずはフォーメーションから。

 
画像


 相手の3トップに3バックをぶつける形にしてましたね。最終ラインでリスクを負った分、中盤は逆にこちらが有利でした。それが後々で効いて来ます。

 先手を取ったのは浦和。左に膨らんだ高原へ出たパスを井川がカットしそこない、そのまま高原が得意な形で決めてきました。あれはしっかり止めて欲しかった・・・。

 その後も井川が飛び出してきたスペースへボールを出されてピンチになった場面がありヒヤっとしましたが、浦和のペースが20分過ぎ辺りから落ち始め、逆にこちらのボールが回り始めます。

 そうこうしているうちにヴィトールのクロスをセットプレーで上がっていたヒロキが豪快なダイビングヘッドで叩き込み同点にします。

 出会い頭に先制して、あとは引いて出てきたところをカウンターで仕留めれば良いと意図的にペースを落としたのでしょうね。そこらへんの気持ちは分りますが中盤で数的有利を作られている状況なので、上手くマークを受け渡したり、前線からのプレスでボールの動きをコントロールしなければ、ボールを回されてしまいます。

 ですが浦和のFWがこちらのDFを、しゃかりきに追い掛け回すでもなくプレスが緩めなので後方からビルドアップがしやすかったのではと思います。また中盤でも真ん中は数的有利のため比較的、楽にパスが回せてヴィトールの良い所が出せたのでしょう。

 また浦和の今日の攻撃は淡白でしたね。基本的に田中達也とエジミウソンのドリブル突破に重きを置いた形でしたけれど、彼らがサイドのエリアで止められてしまうと、そこから手詰まりになるように感じました。

 特にエジミウソンはヒロキに何もさせてもらえなかったと言って良いんじゃないでしょうか?正直、彼のドリブルは隙が大きいのでヒロキや周平からすると、あまり脅威では無いんですよね。

 FWがサイドに開いた場合ですと、ウイングバックが中に切れ込んでいったり、ボランチからの押し上げで攻撃の厚みを出すのでしょうが、それが今日は目立ちませんでした。そういう症状は今シーズン開幕したての頃のフロンターレに似ています。
 
 後半、セットプレー崩れからジュニがサイドを抉り、低いクロスを途中出場テセがあわせて逆転すると、ヴィトールが奪ったボールをテセ→ジュニと繋いで、最後はクロスをヴィトールがあわせて駄目押し。

 浦和はエジミウソンに代えて梅崎を入れ、永井、高原の2トップに1トップ下と代えてきました。川崎も菊地を投入してバイタルエリアを封鎖して対抗。最終ラインからの闘莉王の攻撃参加に気をつけながら浦和の猛攻撃を凌ぎきり勝利となりました。

 ヴィトールですが小柄ですがスピードだけじゃなくて体が強くて競り合いも強そうです。ヒロキが「顔がテベス」って言ってましたけれど、フィジカル的な所も似てるかなと。

 加えてボールを追いかけ回し、キープ力もあって、キック精度が良くて、相手のウラを書くようなプレーが出来てとマギヌンとマルコンとマルクスの良い所を併せ持っているように感じました。噂以上の出来に今回の獲得は大当たりだったと言えます。

・鍍金は剥がれる
 
 浦和のペースダウンの理由を高原はこう語っています。

●高原直泰選手(浦和):
「(前半途中から急に運動量が落ちたように見えたが?)最初の15分はよかったが、あのサッカーをこの暑さのなか90分間やり続けることは不可能に近い。そこで、今日に限っていえば、ある程度のところで切り替える必要はあった。
ただ逆に相手にいいように回されてしまい、自分たちの取りどころがはっきりしなかった。あれだけ回されれば、後半に響いてくる。後半、押し込んだ時間もあったので、そこで何とか取れれば違ったと思うが…。チャンスがありながら決められずに、相手にカウンターからゴールを決められ、ガクッときた部分はあった」by J’s Goal


川崎はラインをコンパクトにして、前線から連動して守備を行い、ボールを繋ぎながら崩して行く事をメインにして試合をしていたし、いざと言う時は高速カウンター手早くゴールへ迫りました。

 昔だとカウンターしかなかったんで、打ち合いになってましたけれどこの日に限って言えば速攻と遅効の使い分けが効果的だったと思います。

 逆に浦和は前半の最初の方で見せたサッカーを続けられなかったですし、ペースを落としてもボールの取り位置だとかチームとしての決まり事を、はっきりさせていないのが他の選手のコメントからでも分ります。今までは個人能力でやってた事なんですかね。

 そうならば順位は浦和でも、組織力的には川崎の方が上かもしれません。今日の試合は個人能力と言う鍍金を剥いて、組織って言う地金が出てきた、そんな試合だったと思います。

→最後までご覧いただけましたらランキング投票のクリックをお願いします。またこのブログでは記事に言及のないトラックバックは保留扱いになります。管理人の承認を経て公開されますのでご了承ください。

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人さんお疲れ様でした。
昨日は都合により現地へ行かれませんでしたので、TVで応援しておりました。でも、行きたかったなあー。
新外国人ヴィトールですが、またまた大当たりの予感ですね。マルコンのデビュー戦も鮮烈でしたが、ヴィトールも負けてませんね。活躍はうれしいですが、マギヌンみたいにまた来年は値段を吊り上げられちゃうかなという心配も(笑)
名古屋戦も期待しましょう。
ふろんたらー
2008/07/22 11:01
>マギヌンみたいにまた来年は値段を吊り上げられちゃうかなという心配も(笑)

なぁ〜に、今回は大丈夫ですよ。
だってフッキを売っ払った$$$があるじゃないっすか(笑)

しかし、久々にポジれる話題ですよねぇ〜、ヴィトール。
今から名古屋戦が楽しみだ。
でも、名古屋には勝てる気がしないけど・・・(苦笑)
KK
2008/07/22 11:26
初カキコです。
引越し無事完了し晴れてジェ●市民ですね。(笑)
昨日はお会いできず激務にて来れなかったと思ってました。
私も感想を言えば2005年から菓子杯を含む観戦で2年連続で勝利するとは今の川崎の状態からして半々でした。
(はぁ〜・・ワシントン4発から昨日までの試合は短い時間に感じます)
でも勝利を信じて応援した甲斐がありました。
昨日の立役者は色々な意見はありますがやはりキング・ジュニ様です。 清水戦でもそうですが左サイドからの巧妙なテクとセンタリングはJリーグナンバー1です。
万が一数年後にスピードが劣ってもサイドで使用可ですので安心です。(37歳までは川崎で!)
名古屋戦ではマギヌンとヴィトルーの凌ぎ会いが見たいです。昨日の勝利を無駄にしないように絶対名古屋を叩いて優勝戦線に這い上がりましょう。では等々力で!
B旗ヲ
2008/07/22 21:21
どうもです。激務&新しい環境の日々を応援するどころか,昨日は何もできずに申し訳なかったっす。
ヴィトールのパフォーマンスもさることながら,浦和らしくない中盤のガラ空きっぷりに助けられた気がします。今後研究されていくにつれ,一筋縄ではいかなくなるでしょうが,精一杯後押ししていきましょう!
土曜日の新旧11番対決は楽しみで,旧11番には選手紹介で拍手する気満々だったのですが,今週末は家族旅行のためファン感も含めて欠席となってしまいました。魂お預けしますのでよろしくお願いいたします。
たつパパ
2008/07/22 23:00
題字が読めません orz
御無沙汰しています。名古屋戦は参戦されますか?
やっぱり、等々力でTAKさんと会って、フロンターレが勝ってとならないと。次回お会い出来るのを息子共々楽しみにしてります。
Tada09
URL
2008/07/22 23:40
>ふろんたらーさん
 お世話になります。本当に鮮烈なデビュー戦でした。ただ浦和の中盤がスカスカだった事もあると思いますので、次の名古屋戦で、どれだけ出来るかでしょうね。

>KKさん
 彼だったら、あの金を使ってもいいかもしれません。今週末は名古屋戦ですが、厳しいのは分ってますが勝ちたいですよね。

>B旗ヲさん
 お待ちしてましたw。住む所は変わっても心はいつも青と黒です。まあキツいのを無理して出てきた甲斐はあったかなと思います。

 あの駒場以来のお付き合いですけれど、あれから色んな事がありましたね。本当に時間が短く感じます。

>たつパパさん
 昨日はお疲れ様でした。どうかお気になさらずに。
  
 ヴィトールは出来すぎでしたから、余計に包囲網がきつくなりそうですね。きっちり組織化されている名古屋相手にどれだけ出来るかと言う所を見たいですね。

 土曜日の分の魂、確かにお預かりしました。しっかりサポートしてきます。

 
TAK
2008/07/22 23:50
>Tada09さん
 お疲れ様です。あれは「めっき」と読みます。

 土曜日は千葉から参戦いたします。3連勝して勢いをつけましょうね。お会いできるのを楽しみにしています。
TAK
2008/07/22 23:52
初めてのコメントです。レッズ戦勝ちましたけど谷のあれは・・・。いつもレッズ戦はレッズ寄りに試合が進んでいたのでビックリしました。ところで、ここ数年のJリーグを見ると、優勝するチームは、前半戦は苦戦して後半戦巻き返しているようです。今年そのチームに当てはまるのはうちのチームではないでしょうか???                                        名古屋戦は川崎市民の日???その日の試合は負けたことがないようですね。上位のチームに勝って上に行きたいです。                           あと、ガナはあまりシュート打ってないのが気になる。代表よばれなかっし、なんで大黒が呼ばれるの?意味わからない。                                     
まあ
2008/07/24 02:07
>まあさん
 結局、負けなかったですね。川崎市制記念試合無敗記録はまだまだ続きますね。

 ガナのシュート本数が少ないのいつもの事です。調子の良かった06年でも1本で1点取って、そのまま交代とかありましたしね。
TAK
2008/07/26 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鍍金はいつか剥がれる@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる