蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 等々力奇譚「VS 天皇杯アルテ高崎戦」【J特】

<<   作成日時 : 2011/10/09 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 言うほどネタが無いんですが(笑)。

 久々にキックオフ数分前にすべこみました。と言うのも実家の片づけを手伝わされましてね・・・。しかも文句言われながら、指示された突っ込んだ物が気に入らないとの事で、その後に入れ直したとかorz。

 シャレになりません。

 親知らずを抜きました。上の二つが無いので変な感じです。酒を飲むなと言われてましたが飲み会でした。ファーストだけビールにしましたが、あとはソフトドリンクでの参加。楽しかったですけど、ノリは今ひとつだったかな。まあ私自身がですけど。
  
 ただやっぱり飲兵衛が酒飲めないのはつまらんですな。わかっちゃいたけど次からはやめようっと。

 そして何より一番、厳しかったのはJFLの16位とイイ戦いしちゃうチームかな。

 ただ得点シーンは楠神〜田坂〜悠サマだったし、決勝点は田坂だったし、途中から出て来た大島クンのプレーもそうですが若い世代に希望が見える部分もあったので、彼らが名実ともに主力となった時にチームが優勝争いに近付くのかなと考えています。

 それくらいしか良い部分が無いと言う試合も珍しいのですが。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、アルテが完全な格下だとは思いませんが、あれほどひどい勝ち方はないよなぁ…と思いました。これが松本山雅やゼルビアぐらいのレベルだったら、コロッと負けていたのは間違いなかったでしょう。まあ、昨日の試合で唯一良かった点を挙げるならば、その試合がリーグ戦じゃなかったことでしょう(苦笑)。

私は昨日の内容が内容なだけに、今後このまま大宮と新潟に挑むことに一抹の不安を覚えてます。負けたらこれまでの3試合が元の木阿弥になってしまう危険性をはらんでるだけに、次の試合の戦い方次第で局面は変わってしまう可能性もあるでしょう。

皆さんも言っている通り、相馬さんが掲げてきたサッカーの完成度が、現実にこれ以上なく低かったという現実に愕然としてます。まあ1年目から多くは望んではいませんし、このメンバーでポゼッションサッカーを展開するのには限界があるでしょうから、少なくとも今シーズンは身の丈に合った戦い方でいかなきゃ危険でしょう。というわけでフロントには、来期はきちんと相馬さんの意に沿った補強をしてもらいたいのと、相方をきちんと呼んで欲しいものです(オニさんとイッカが留任することが前提条件ですが…)。

田坂がキレキレだったのと、コバユウ、大島、楠神といった若手組が着実に成長している事実に、微かな希望は感じました。今シーズンを通してリキとアンドゥが急激に伸び、雄大とかもどんどん出場機会を増やしていることを思うと、彼らがフロンターレにとっての次代の主力となった時には、いくらなんでも一つぐらいはタイトル獲ってますよねぇ(遠い目)。
並河悠斗
2011/10/10 20:07
>並河悠斗さん
 若手が光ったシーンがあったくらいしか良い所がありませんでしたね。
 今の若手の突き上げがもっと出でくれば、もっと強くなれるのになと感じてます。
TAK
2011/10/13 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
等々力奇譚「VS 天皇杯アルテ高崎戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる