蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 頭はヘディングのためだけにない@等々力陸上競技場「VSアルビレックス新潟戦」【J特】

<<   作成日時 : 2011/10/16 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 今のフロンターレを見たらオシムが嘆くだろうな。帰りの総武線快速で、ボンヤリとそんな事を考えてました。

 代表監督時代、川崎絡みのカードに良く来てた彼なら「肉でも魚でもない」とくさすでしょうね。今年、目指したサッカーをやりきったのでもなく、割り切ったサッカーをやりきったのでも無かった。

 カウンター狙いだったのだろうと思いますが、じつに中途半端だったと思います。

・観戦のポイント

 攻守の切り替えとリスク管理。布陣は下の通りです。

 
画像


・試合解説

 端的にひどかったですね。球際の寄せも足りなければ、ポジショニングも良くないのでセカンドボールを拾って攻撃に繋げる事が出来ないので結果として裏へロングボールを蹴り込むしかありませんでした。

 中盤にタレントが揃っていたとしても、あれではストロングポイントにもなりはしません。また稲本がブレーキでした、彼の所でボールを失いカウンターになるケースが多く試合勘が戻っていないのだなと感じましたね。

 守備について、もう少し言うと実藤はチョ・ヨンチョルのスピードに手こずっていたのでヒロキがサイドに回って、そこは安定しましたが、逆に真ん中が不安定になってしまいました。

 少なくとも2点目の直前、菊地がミシェウにかわされた時、目を覆いたくなったは私だけではないはず。

 また全体的に守備時はブロックが広く、逆に攻める時はサイドの狭い所を攻めて行く傾向にあり、セオリーとは反対の事をしてるように感じます。

 サイド攻撃も重要ですがバイタルエリアが使えてこそ、サイド攻撃が活きると言うのにバイタルエリアを使って有効な攻撃はついぞ無かったですね。

 攻撃的MFが狙われていたのも確かですし、新潟の守備も良かったですが上を目指すチームであれば、そこで何とか出来るはずなのですけど何のアイディアも感じませんでした。

 逆に動き出しが被ったとか、ボールを引きだす動きが無くて球の出し所が無いとか、囮の選手が走ってDFを釣りだす訳でも無いとか、サイドチェンジが少ないとか、そう言う事しか目立ちませんでしたね。

 田坂や楠神はボールを引き出しながら受けられるので、彼らのうちどちらかは先発させる方が実は良いんじゃないかと考えてます。

 この試合はDFのマークを外したり、ゾーンディフェンスの曖昧になりそうな所へ走って受けたりが無いので新潟は守りやすかったんじゃないですか。

 11人いたけれど、実際の所はコレクティブなサッカーをできてはいないと思います。出来ているならボールを受けるごとにルックアップして受け手を探すシーンが頻発するわけないですもの。

 イレブンそれぞれが描いているイメージがバラバラなのではないか、そういう疑問も湧いてきます。ならば何故、修正できないのか。

 監督のビジョンが問題なのか、それともビジョンは正しいが、それをピッチ上で体現させる現場監督がいないのが問題なのか。今日の試合を見ると後者かもしれません。ベテランは多いんですけどね。

 「考えながら走る」なんて感じの言葉はこの頃、聞かなくなりました。確かにオシムは日本から去りましたが、サッカーの本質は変わらないのではないかと感じています。でも日本には根付かなかったのでしょうかね。

画像


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟のミシャウブルーノヨンチョル三人だけの縦ポンカウンターにやられたのは非常に情けない。 最終ラインの守備が今更ながら酷すぎる。FKCKも相変わらず得点の匂いがせず。ケンゴのキックの精度も悪いが他に蹴る選手がいないしフロンターレ選手の競り合いも下手。 引いて守ってカウンター狙いは良かったがカウンターに入った時にスピードが落ちるし後ろからの押し上げサポートがないから新潟にボールをとられるしロングボールを蹴るのはいいが矢島ジュニではとてもじゃないが競り合いないしおさまらない。小宮山稲本柴崎山瀬はハッキリ言ってお荷物だな。 いい給料貰ってんだし期待して取ったんだからこれでは。井川菊地も同じ。薗田に期待したいが今だにベンチ入りも出来ないとなると戦力外か。即戦力になりうるCBとフロンターレのカウンターサッカーに合うスピードテクニックのある外国人選またはポストプレーの出来る選手を補強しなきゃ来年はもっと危ないよ。
元川崎市民
2011/10/17 09:03
どもです。仰る通り、ガチガチに守るわけでもなく、攻めるわけでもなく、本当の意味で中途半端な試合運びでした。試合運びの面までアルテ戦のショックを引きずることなかろうよ…と感じました。

仰る通り、向かう方向は間違っちゃあいないですから、相馬さんのやりたいサッカーを体現できる選手が今のフロンターレにはいないというのが悲しいですよね。攻撃陣は辛うじて田坂、楠神、柴崎(かろうじてコバユウ、ケンゴも?)あたりはフィットしそうですが、守備陣は皆無でしょう。ああいう試合展開になった理由のひとつに、相馬さんが今のチームで理想とリアリズムのバランスを取ろうとしていて苦戦しているのもあるでしょうが、それこそ今シーズン中にどうにかなるような話じゃないですね…(泣)。

まあ昨日の試合で優勝もACLも消えたわけですから、まずは確実に残留を決めてもらってから、来シーズンへのチーム整備をしてもらいたいものです。そのためにも、次の大宮は確実に叩いてほしいものです。

余談ですが、クラブは相馬さんを来シーズンも続投させるにせよ、解任するにせよ大義名分が無いと厳しいでしょうね…続投なら「去年の段階から戦力とコーチを揃えとかんかい」ということにもなりますし、解任したらしたらで「なら、去年ツトさんを切ることなかったじゃん…」という話にもなるでしょうから、進むも退くもクラブにとっては地獄でしょうねぇ。まあ、そういう稼業なんですがね(苦笑)。
並河悠斗
2011/10/17 15:19
応援お疲れ様でした。
菊地は何度同じ事をやらかすのかと・・・
又、ジュニがスポーツ誌にコメントしている様にマギヌン・ヴィトール・マルクスの様な中盤での精度を持つ選手がいない事がここまで弱体化した結果だと私も考えます。それと相馬が毎度毎度インタビューで口にする「執念が相手が勝った」と言うのは本当にいただけません(激怒)。
監督が見て感じている発言なのですから我々サポまでも選手に舐められたなんだなと。
まあ我々も選手を甘やかしてきたツケが回ってきたので仕方ないかもしれません。
とにかくあと勝ち点3を取って残留です。
来年は想像を絶する結果が待っていそうな気がします。
B旗ヲ
2011/10/17 21:51
>元川崎市民さん
 是非とも資金援助などのテコいれをしてあげてください。私はお金がありませんので。

>並河悠斗さん
 続投はなし崩しじゃないですかね。その代わり庄子さんはしっかりとバックアップ体制を整えてもらいませんといけませんな。

>B旗ヲさん
 「Mind-1」が足りないのは確かですけど、球際のゴツゴツした競り合いがいつから無くなったんでしょうね。上手くはなったけど、何か寂しいです。
TAK
2011/10/18 00:56
VTR確認しました。
實藤のケガでヒロキが右SBにまわったところがターニングポイントだったと思います。
鈍足CBコンビで、黒崎の「45度」、つまりダイアゴナルランに対応するのは極めて難しい。。。
後方に広大なスペースがある中で、下がりながら敵のダイアゴナルランに対応するのは、スピード対応に優れたDFでも難しいことなのに、それを井川と菊池がやるとなれば。。。
普通に縦一本でも崩壊するDF相手に「45度」という角度までつけてくるとは、黒崎のこの試合に対する執念は凄まじいものだったのでしょうね。
対するうちの指揮官は、為す術なしといった模様でした。
ジュニがついにフロント批判(と言っても過言じゃない)をしました。
コバユウも、もしかしたら起用法の不満を口にしたのかもしれません。
それらの核心をついた発言が編集されてねじまげられた。。。
「虚しさ」以外、何も感じません。
KK
2011/10/18 17:01
>KKさん
 ヒロキと井川のポジションを変えるだけでも良い勝負だったかもしれません。それも一局の勝負でしょうね。
TAK
2011/10/20 02:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
頭はヘディングのためだけにない@等々力陸上競技場「VSアルビレックス新潟戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる