蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 若さって何だ?@ヤマハスタジアム「VS ジュビロ磐田戦」【J特】

<<   作成日時 : 2011/12/03 23:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

 今年を象徴した試合でした。

 前半と後半で違うチームのような試合、囲んでるだけでプレッシャーのかかっていないプレス、相手のプレスに出し所が無く、迷った所を奪われてカウンター。

 前節のサッカーは、この試合の前半は微塵も無く不安定さを露呈しただけでしたね。

画像


 左サイドに実藤が入ってますが、序盤は彼のサイドを徹底的に突かれます。彼のポジショニングに問題あるシーンもありましたので、ヒロキと位置を変えたら良いのにと思っていたら後半はヒロキがサイドで実藤は井川と交代してしまいました。

 ただ全体的に問題がありすぎなので彼だけが悪いわけではありません。

画像


 上の写真ですが、晃誠が一旦はボールをひっかけたものの相手のボランチに獲られてフリーで展開されてしまったシーンです。

 全体的に選手の間が空いているんですよね。実藤の位置が高いのはサイドハーフが戻って来るまで西を見ていたからな訳ですが、もう少し全体的に左サイドに寄って相手の使うスペースを消して良かったのでは無いでしょうか。

 
画像

 
 この後の金園のヘッドのシーンですが、ヒロキがフォローに行ったのは仕方ないとして、中の対応がマズイ。左サイドにいた山本が走り込んで来ているのですがまったくのフリー。

 結果的には守り切りますが金園がスカってたら、良いタイミングで山本がシュートしてた可能性はあります。

 山本のフォローは誰がすべきなんでしょう。この場合は逆サイドのサイドハーフが付いてくるべきだったのではないでしょうか。

 あとはセンターバックが引っ張られたらボランチが最終ラインにカバーに入る事も必要じゃないですかね。このシーンは2対2でしたけど、場合によっては2対3だった可能性もあるわけですし、ディフェンシブサードはゾーンを捨ててマンマークで守って良い場所ですよね。

 失点シーン、特に先制されたシーンはジウシーニョがずっとフリーなんですよ。テレビで見ると、そら失点するよなと言う、納得のいく失点の仕方なんですよ。

 あのシーンもプレーが切れた所でブロックをすぐ作れたら良かったのですが、ボールの周りにウチの選手はケンゴと実藤のみで、向こうは駒野、ジウシーニョ、西がいて、そこでもう2対3ですからね。

 そういう意味ではジュビロが老獪でした。その分だけウチは甘いと言う事ですよ。

 今年はこういうシーンが多いです。安定した守備ブロックの形成が上位を狙う最低条件な訳ですが、それが無いので11位なんでしょう。

 大体において、そういう試合は攻撃もチグハグなんですよね。

 チグハグに攻めるから、チグハグに守る。

 チグハグな守りだから、チグハグな攻めになる。

 これを元の流れに戻すなら数的有利の作りやすい守備からだと思うんですよね。攻撃は極端な話、ボールを奪ったら、そのままドリブルしたら良いんですから。

 このチームは「若い」ので、成熟するにはまだまだ時間がかかるようです。

 若さとは振り向かない事さ、と歌った曲もありますが、今日の復習が明日の勝利のための全てだと思います。似たような事を落合が言ってるんだから間違いありません。

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
納得の解説です^^
今季優勝した柏だって、それこそ別段特別なサッカーをやったわけじゃないと思ってます。
攻守のバランスをとること、全員でハードワークすること。
大まかに言うと「それだけ」を、本当に見事に徹底させたからこその優勝だったと思います。
何一つ徹底させられなかったうちとの差は歴然です。
わたしは、そもそも「攻守」という表現が間違っていると思ってます。
攻撃と守備が明確に分かれるなんてこと、サッカーではありえませんから。
攻守じゃなくてオン・オフ(ザ・ボール)と言ったほうが正しいのでは?と常々思ってます。
そして、オンでもオフでも、常にバランスを意識し、その上で状況に応じてリスクの負荷を調節するという意識がサッカーにおいては最も重要なことだと思ってます。
このチームは、攻撃的とか魅力的とか些末なことを追及する前に、柏のように徹底的にバランス意識を追及することから再スタートするべきだと確信してます。
8連敗を抜けた後、多少そういったところが見えるようになりましたので、来季も継続して意識の改革から進めてほしいです。
CBの足が遅いから失敗したのだとか思ってそうで、甚だ不安なのですがね。。。
KK
2011/12/04 00:55
>KKさん
 今日の日経のコラムがそんな感じでしたね。
 バランスですよね。力を入れ過ぎても、脱力し過ぎても良くないと言うとこですか。
 ただCBの足が遅いから失敗したって言うのは我々レベルじゃないですかwさすがにそれは無いでしょう。無いと信じたいです、ハイ。
TAK
2011/12/04 14:27
フロンターレ左サイドは確かに酷かったが実藤は左サイドの選手じゃない。左サイドで起用する相馬も悪い。起用するなら田中雄大でいいのではないか。この試合だけじゃないが理解しがたい選手起用が多過ぎた。実藤の前の山瀬の守備も酷いのでは。井川をCBに入れて左サイドにヒロキを回してから守備が安定したが結局左サイドが守備的な選手だから左サイドからの攻撃が出来なかった。ジウシーニョをフリーにしてたが今更そんなことを言ってもだ。このチームは攻撃を売りにして守備を蔑ろにしてるのだから。 チームに守備の意識や戦術がないし。 攻撃はパスサッカーにこだわってやったがやはりCKからのジュニの川口のファンブルをジュニの押し込みゴールしかなかった。パスミスパスを出してもタイミングが合わないこんなのばかりだった。そんな中でフロンターレ最後の試合のジュニだけが奮起してたね。グラウンダーの惜しいシュートもあったが他の選手もそうだが枠に行かないシュートばかりだった。結果として相馬理想の戦術はフロンターレには合わないということ守備が余計酷くなったこと適材適所の選手起用をしてないことこれが明らかになっただけ。来期相馬続投になったがパスサッカーを戦術にするのか余計酷くなった守備はどうするのか。 シーズンスタートから八連敗なんて状態にならないとは限らないしそうなっても監督を変えないのかね。
元川崎市民
2011/12/04 19:17
最終戦に行かれた方々はジュニゴール見れて幸運でしたね。
しかしゲームは負け。この試合は落として欲しくなかった・・・
なんか今年負けばかりだったなと順位表見たら敗戦は16敗で甲府の19敗の次に悪い結果です。
引き分けはなんと5分けしかなく勝ちこされても引き分けに持っていく力さえ無かった今季でした。
計算外の小林の活躍がなかったら降格していたんだったと確信しています。
メンバーをどう入れ替えるのか現時点ではわかりませんがバッサリやらないと来年3月開幕までに仕上がるのか不安です。 フロントも含めた大改造をし強化費が川崎より少なくリーグ戦を優勝した柏をお手本に優勝を目指して欲しいです。
富士通フロンターレにはなるなーーーー!
B旗ヲ
2011/12/04 22:05
どもです、何と言いましょうか…今シーズンのフロンターレを象徴する試合で終わろうとは。シーズン後半は少しマシな状態で進んだとは思いますが、何とも消化不良な終わり方ですね。この試合単位なら「論ずるに値しない」ですが(汗)。

ディフェンスの仕方はともかく、攻守のチグハグさを修正しきれなかったことが今シーズンの全てでしょう。ディフェンス崩壊に関して言ってしまえば、諸悪の根源はイガだったことはわかりきってますがね。ただひとつ言えることは、ディフェンス陣に関しては全体的に底上げしないと、来シーズンは更に苦戦するのは目に見えてるでしょう。

ただその中でも少しずつではあるものの、若手は力を伸ばしつつありますから、新戦力を含めて来シーズンまでにどれだけ攻守のバランスがとれるかという点がカギでしょう。更に言えばジュニがいなくなるわけですが、仮に新外国人が入っても未知数だけに、特にコバユウと棗、矢島に頑張ってもらわないと困りますな。

まだ天皇杯が残ってますが、タイトルは度外視してでも来年に向けて少しでもいい状態に持って行って欲しいものです。このまま終わるより、少しぐらいはワクワクして来シーズンを迎えたいですからねぇ。
並河悠斗
2011/12/05 00:27
>元川崎市民さん
 相馬さんの理想はかなり正統派ですよ。そこがダメなら誰が何をしてもこのチームはダメだって事です。

>B旗ヲさん
 それは去年のゼルビアもそんな感じの成績です。なのである意味、予想通りです。退団選手を見ると余剰人員整理と言う印象を受けますので、あとは補強でしょう。

>並河悠斗さん
 井川のボーンヘッドねぇ。ヒロキばりの我慢が出来れば、また1つ彼は上に行けるのですがね。結婚した事でどうにか頑張ってもらいたいものです。
TAK
2011/12/06 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
若さって何だ?@ヤマハスタジアム「VS ジュビロ磐田戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる