蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末進行の予定

<<   作成日時 : 2011/12/11 23:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 横山と菊地にオファーが来ているようですね。バタバタと僕らが騒いでもどうにもなりませんので静観の方向ですが、オファーが来るくらいの選手になったのねと言うのが正直な印象。

 ただ横山へのオファーは神戸も出していたようで橋本を獲って、まだいるのかと。

 セレッソは中後とマルチネスが退団でボランチの枚数が減りますが、「守備力と展開力を兼ね備えた」ボランチの需要は高いのだなと感じます。

 ウチは稲本もそんなに長くやれると思えないし、通年で見ると横山は絶対に必要です。

 菊地は大宮からだそうですが、埼玉は地元とは言えステップアップになるかねぇ。

 さてこのブログの年末進行ですが、アップ予定の記事はざっと次の通り。

・等々力奇譚総集編

・たまに行くならこんなアウェイ総集編

・Jam the Football「2011年川崎 シーズン総括」

・データで見る2011年のJリーグ シリーズ

・動画「2011年川崎フロンターレ戦いの奇跡」

 天皇杯が終わらなかったり、データがそろわないと作れないので仕事と同時並行は厳しいかなと考えていますが何とか上手くやりたいなと思っているんですけどね。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
シーズン中に横山とタイプが丸被りの山村獲得レースの報道が出まくっていたのですから、彼が移籍を考えても何もおかしくないですよね。
どうせ来季も稲本のサブという序列扱いだろうし、彼の年齢を考えると、ここで心機一転チャレンジというほうがいいかもしれません。
もちろん、貴重な守備の便利屋がいなくなるのは痛いですが、サポとしての横山の評価って便利屋の域を出ないというのが正直なところです。
監督も稲本の控えという扱いしかしてませんしね。。。
菊池についても、加賀とブラジル人CB獲得に動いているという情報は代理人伝いで聞いているはずだから、それなら移籍を考えるのも当然です。
しかし、横山移籍となると、ボランチの補強も必須となりますね。。。
KK
2011/12/12 00:18
>KKさん
 確かに移籍を考えるのはおかしくありませんしプロとしてやれる時期を考えると、心機一転を求める気持ちはわからなくありません。
 でも今の彼らの場合はライバルとなる選手が移籍してきて出場機会が減るからって移籍を考えるのは「逃げている」気もします。
 菊地の場合は加賀とはタイプも違いますし、来年も彼は主軸だと思いますけどね。
TAK
2011/12/12 00:29
相馬の頑固なまでの選手起用なら出ていくだろうね。ベテランを大事にするから。しかし稲本も怪我で試合に出れず夏場はバテバテで途中交代ばかりでしかも高年俸だからね。ジュニを切るなら稲本もとは思う。菊地は移籍するなら逃げてるとしか思えない。 レギュラーで起用されて結局結果を出せずにいたのに加賀や外国人選手が入るやいなや移籍するのはどうなのか。オファーが来てるチームも横山は横浜FCはまずないし神戸は金はあって毎年選手を補強してるが優勝争いやタイトル争いに絡むのは難しいだろう。セレッソは若手選手を上手く使って育成してるから面白いかもしれない。菊地も大宮からオファー来てるが元のチームがNTTだから金はあるがこちらも神戸と同じで毎年選手を補強してるが結局残留争いをして何とか残留だからね。フロンターレに残って自分の力でレギュラー取るくらいの意気込みがないとどこのチームに行っても同じじゃないの。
元川崎市民
2011/12/12 20:43
>元川崎市民さん
 まあ今、ウチを出てってステップアップになるかって言うと微妙な所が多いですね。
 彼らにとって賢明な判断を下してくれる事を期待していますけれど。
TAK
2011/12/13 00:06
相馬サッカーの裏にある中盤の守備におけるプレッシャーの弱さ。カウンターを食らえばまるでFKみたいな状態。相手のタイミングで裏を狙ったりクロスを入れたり。その時CBだけで対処を求められ失点を重ねた。



これが相馬フロンターレの実態と言うか弱点でしょう。



その無様な失点の原因の根っこは中盤の守備にあるわけですよね。だけどクラブは単にCBの補強でなんとかなると考えてる節が見えますよね。




これはCBの立場からすれば冗談じゃないと。ガッツリ不満が溜まっても不思議じゃないですね。



オファーを出した加賀はどうやら東京に行くみたいですがハッキリ言えば理解できてしまいます。だって今年のフロンターレは組織的な守備がなくCBが孤立する場面が目立ちましたしね。



相馬フロンターレでCBとしてプレーするリスク。今年のサッカーを見れば避けられても不思議じゃないですよね。

通りすがり
2011/12/14 07:29
>通りすがりさん
 中盤の守備が脆弱なのが今回、特に目立ちましたが昨年より前も攻撃力に隠れて見えませんでしたが、確かにそう言うシーンはあったのです。
 そこを解決出来なかった事は相馬さんにとってはマイナスでしょうけど、オファーが来たら即移籍かと言うと早計過ぎると思います。
 センターバックでもカバーリングに優れたタイプと足元が上手くてボランチがこなせるような選手を狙っていると考えますので共存は可能でしょう。
 また加賀に関して言うと基本的なファンサービスをしたくない理由があるそうなので、ウチは無理のように思いました。そこはリサーチ不足ですね。
 最後に理論立てていただいて大変ありがたいのですが、「それがどないしたんや、何が言いたいねん?」と言うのが印象です。
 非難はあれど建設的な意見が感じられないのが残念です。それがあれば、もっと良かったのにと思います。
 
TAK
2011/12/14 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末進行の予定 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる