蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 名は柏、実は千葉@ちばぎんカップ「いぬLIFE」

<<   作成日時 : 2012/02/26 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 勘定して見ると昨年のホーム最終戦、等々力が昨年の最後のサッカー観戦ですので実に3カ月ぶりのサッカー観戦となりました。

 もしかしたら行かないで千葉テレビでお茶を濁そうかと思ったのですが、行ってしまいました。

画像


 久しぶりにスタジアムに来ましたが、サッカーはやっぱり生で観戦するに限りますね。「Amazing Grace」を歌っていた時に込みあげてくる物がありました。

・観戦のポイント

 どう悪くてもレイソルが押す展開になると思うし、勝つだろうと。ならば毎年スクラップアンドビルトしているジェフはどう戦うか。結果に繋がらなくても今シーズンのJ2を戦える形があるのかどうか。

・試合解説

 まずは布陣から。

画像




 ジェフは4−2−3−1の形で、セオリー通りかなと言う印象を受けました。

 でも、ごめんなさい。始まって見るとJ2のジェフが、J1優勝チームのレイソルを向こうに回して一歩も引かないんですね。レイソルの方も調整中なのだろうと言う事を差し引いてもジェフの出来が良いです。

 オーロイが守備をしないのと、スピードが無いのでコンパクトにして最終ラインを高くするメリットが出なかったのですが、今年は昨季に比べると非常にコンパクトな3ラインで、しかも最終ラインが高く設定してあり驚きました。

 またポジショニングやセカンドボールへの出足も良いので跳ね返されてもボールを失わずに攻め続ける事ができたり、攻守の素早い切り替えや少ないタッチでパスが回る場面が出るなど過去2年間で気になっていた事に改善の兆しが見えました。

 おそらくキャンプ中にポジショニングと動き方、そして体づくりをみっちりやったなと感じます。今年はそんなに日程が厳しい訳でも無いので、コンディションが整えやすいはずなのでジェフは良い所に来るかもしれません。

 もっともそこから最後、突き抜けるにはゴール数でしょう。藤田・荒田とJ2で実績のある選手はいますがゴールエリアで絶対的な強さを発揮するストライカーが必要に感じますね。

 さて具体的にレイソルとどう戦ったかですが、まずはサイドバックが高い位置でボールを持たないように囲い込んで行きました。人数をかけてフタをして縦への突破もパスも封じ、サイドチェンジはマークに行く選手以外はボールサイドに寄り過ぎず、蹴ってきたらコースに入ってインターセプトを狙います。

 これを見ていて気付いたのがレアンドロ・ドミンゲスもジョルジ・ワグネルもサイドバックにボールを預けるのですが、サイドバックがしかける事でゾーンが引っ張られる間をすり抜けて危険なゾーンにフリーで入ってボールを受けてるんですね。

 ゾーンで守る限りは多分、やられるだろうからサイドを徹底的に押し込むか、マンマークでついてしまうかしないと彼らは今年も止められないかも。

 また相手のボランチに対してFWまでもが加わってプレスをかけ、奪えばサイドに展開して攻撃。去年までのように単純に縦へ突破するだけでなく、中と外を上手く使えていました。

 相手のFWのプレスがサイドにいかない限りは前半、厳しく無かったのと攻撃的MFも守備に熱心とまではいわないので割とフリーでボランチがボールを持てた事も大きいのかなと。

 これは後半になって工藤とリカルド・ロボが入ってボランチにタイトなマークが付けられるようになるとパス回しに苦しさが出て失点に繋がってみたり、縦パスがことごとくカットされてカウンターを受けてみたりと前半ほどペースを握れなくなって事からも言えそうです。
 
 ただJ2時代の千葉を見ていて、

・ウイングがツボにハマると強力だけど守ると軽量級のモロさが出た江尻体制の千葉。
・オーロイに当てる以外のプランBが無かったドワイト・神戸体制の千葉。


 これに比べると、藤田目がけて蹴っ飛ばすのと、少ないタッチで繋いで行くのとを使い分けていて、見ていて楽しいな感じるサッカーでした。

 まだ始まったばかりですが、またシーズンシートを買うべきかむちゃくちゃ悩むハメになっております。

画像

 
 結果はレイソルが勝ちましたが、内容はジェフの方が良かったです。今年は負けましたがちばぎんカップは勝った方の戦績が振るわない傾向にあるので私にとっちゃ、それはそれでメリットはありますからOKですね。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
世界三大カップ(笑)の一つである、ちばぎんカップレポ、ありがとうございます!
今年こそ上手く行くと良いですね!!
それにしても、ベンチ入りメンバー含め知っている選手が半分位しか居ないことに驚愕しています。。。勉強しなくては。
米倉君、骨折ですって?!
かえで
2012/02/26 20:26
オシム父以降のジェフは戦術が固まらず監督も途中交代やらもあり残留するのがやっとこさみたいになったからね。J2降格して主力選手の殆どが移籍して戦力ダウン。 去年久々に見たらオーロイ目掛けて蹴るだけしかない戦術。 今期はそんなことはしないだろうがワントップにしても何にしても中盤でボールを繋いだり回したりSBのオーバーラップなどの攻撃参加もないとダメだろう。個人的には専大から入った町田が楽しみかな。
元川崎市民
2012/02/27 07:11
フロンターレの試合だけを観戦するのと、よそのチームの試合も観戦するのとでは、やはりサッカーの観方が変わるもんですか?
対比ができるというか、より客観視ができるようになるとか。
わたしも代表戦などは見に行くのですが、よそのJクラブの試合を見に行ったことはないんですよね。。。
シーチケのグレードも下げたぐらいで資金的に余裕があるわけではないのですが、よりサッカーの観戦眼が深まるならチャレンジしたいな〜と思ってます。
フロンターレサポ的には、やはり町田あたりが行きやすいですかね?(苦笑)
KK
2012/02/27 22:05
>かえでさん
 仰る通り米倉骨折だそうです。孝太もいないので、どうだろうかなと思ってますけれど木山さんが上手く若手を使いながら育てるのではと思います。

>元川崎市民さん
 この試合では上手くやってましたよ。

>KKさん
 結局は場数による所もあると思いますが試合だけでなく、運営も含めて対比して客観視できるようになってくるのは大きいでしょうね。
 私の場合、J2だとフロンターレの順位に直接、関係無いので純粋にサッカーを楽しみに行くのですがお金と暇と体力が揃って無いと中々行けません。
 町田は北部の方でしょうね。私は川崎に住んでいた頃、良く三ツ沢に行きましたよ。
 
TAK
2012/03/02 01:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
名は柏、実は千葉@ちばぎんカップ「いぬLIFE」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる