蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨にも負けず、何かに負けず@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」

<<   作成日時 : 2012/03/31 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 主審の名前を見た時、まさか今回は何も無いよなぁ、何かあっても困るんだけど(笑)と話していたのですが、炸裂してしまいましたね。試合中、そんなに「何か」ネタをさせたいの?と思いましたもの。

 ただで狭いビジター席で冷たい雨に打たれて、何か発動と言う三重苦の中で救いは両チームの選手たちが集中力を切らさずにファイトした事でしょうか。

・観戦のポイント

 まずは布陣から。

画像


 まずペトロビッチのサッカーがとれだけ浸透してるのかなとと言う事、そして、そうなら川崎との相性は決して良いとは言えないので、ウチがどれだけチャンスを作って決められるのかと言う事。

・試合解説

 失点シーンはポポのプルアウェイの動きが見事でした。あそこに飛んだら西部でも厳しいと思います。

 その前に攻守が切り変わって押し上げようと思った矢先、ボールロストからの失点。その後も柏木にやられそうになったシーンもそんな感じでしたね。

 浦和のチャンスらしいチャンスがそれくらいでしたので、なおさら失点が悔やまれます。守備は相手にボールを持たせて引いて、飛び込んでくる相手を捕まえるやり方。

 奪ったらいつもの通りサイドを使って攻撃。向こうがサイドに人数をかけて来て崩すのに時間がかかり、縦への突破は効果的で無かったですけれど、入れ方を色々なパターンで試していたのが印象的でした。

 浦和がボールホルダーをサイドに追い込むようにしていたせいか、中ではケンゴが割合、持てたのかなと思いますが、中での崩しはスルーパスで裏を狙うシーンがまだまだ少ないし、クサビを入れてパスで崩すと言う展開には、やっぱり持って行けなかったですね。 

 しかし浦和が先制した10分以降、退場者を2人出した事もあり引いていた時間が長い事を考えても、真ん中の攻めに迫力が無いのは課題ですね。

 ただリードされ、相手が引いている中で流れの中から崩して得点を決めて同点に追いついた事は評価して良いでしょうし、少なかったとは言え真ん中で崩してシュートまで持って行くシーンもありました。そして退場者を出してからは中と外を使い分けボールを保持しながら粘り強く攻撃もできていました。

 サイド攻撃ってコンビネーションが少しくらい悪くても何とか出来る部分ってのがあるんですが、真ん中での崩しはどうしても相手の守備の分厚い所を破るのでコンビネーションがとても大事な訳です。

 しかし、そこの面で言うと受け手と出し手のイメージ・時間の共有がまだまだ上手く行って無いなと感じますね。

 話は変わって采配で言うと後半の頭から矢島を入れて、小松とのツインタワーっぽくしたのは正解。今年のオプションとして、これはありでしょう。

 ただ槙野、阿部が退場後に小松を下げてしまった、下げざるを得なかったのかもしれませんが、そこは勝利を逃すポイントだったし監督コメントにある通りジェシが上げられなかったのは勝ち点3を目指すに当たりマイナスでした。

 監督の指示が伝わらなかった理由は何故なのか、そこはわかりません。傍から見ていてバランスを崩してバクチを打つなら、攻守のバランスを取って負けない事にプライオリティを置いていたのかなと思ったくらいでしたし。

 でも、その連敗をしなかった事と、流れの中から点が決まったのはポジティブなポイントです。3月を2勝1敗1分で抜けられたのは今のチームの力を考えれば上々でしょう。

画像


 また今までですと皆で審判にキレてしまうケースが多かったですが、大人の対応が出来るようになったなと思います。そういや「何か」の時、今日のウチのメンバーで試合に出ていたのはもうケンゴとヒロキだけなんですね。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
小松の左サイドは当たりましたよね〜。
田坂のクロスから小松の頭で折り返して矢島がゴールなんて、まさに絵に描いたような展開でしょう。
攻撃は良くなってるとは思うんですけど、とにかくFWが点を取れないのが。。。
小松は空中戦で頑張ってくれるのは前評判を覆すくらいの出来なんですが、とにかく点は取れないというのは残念ながら前評判どおりですね。
あと、何気に足元のクサビのパスをロストする回数も多いし。
だから、今日のようにオプションとしてワイドに開かせるという使い方が出来るならパターンが増えて良いですよね。
KK
2012/04/01 00:20
応援お疲れ様でした。
スカパー観戦でしたが家本さんやっちゃいましたね。このおっさんは今年あと何回やっちゃうのかなぁ〜・・ 
TVを観ての感想は山瀬・小宮山・田坂のデキが悪過ぎで要所要所で流れを潰してました。またFW陣と言うか点が取れない。
シュートがあまり枠に行かないしアイデアが足りないと感じましたね。
ナビ杯はもう落とせないのでガチメンバーで行くと思いますが得点をもっととらないときついです。
テセカムバァ〜〜〜〜〜ク!
B旗ヲ
2012/04/01 06:41
開幕からここまで守備に慎重になっていた感じがありましたが、それもようやく慣れつつあるのでしょうか、レッズ戦では攻撃に頭を回せるようになってきましたね。昨日の結果は別にしても今はそれだけで十分な進歩ではないでしょうか。



今年は昨年の守備面のマイナスを取り返す所からのスタートだったと考えたら、ようやくプラマイ0に近づいた気がします。



とにかく出来る事を確実にやり、一方で出来る事をひとつひとつ増やす事にトライしてもらって、シーズンが終わる頃に成熟したなと思わせてくれる事を願うばかりです。

通りすがり
2012/04/01 12:21
追伸です。

さきほど栃木×千葉を見ました。
棗が松田さんに大黒柱とまで言われているとは。。。
決勝点もアシストしてましたし、凄くいきいきとプレーしてますね。
棗に、在りし日の巻を見た思いでした。
駒大出身のFWは、みんなああなるんですかね(苦笑)
TAKさんも見てたかな?
KK
2012/04/01 16:48
どもです、浦和サポには悪いですが…その「何か」のおかげで数的有利に立ったわけですから、なんとしても勝ち点3の欲しい試合ではありましたよね。後半戦はいい展開もたくさん見られただけに尚更です。

ただこれまでチグハグだった連携の面に改善の兆しがいくつかありましたし、攻撃のバリエーションもセレッソ戦よりも増えた感もあっただけに、小松とレナトの本領発揮さえあれば何とかなりそうな感じはしました。後は前線にコバユウを投入して、山瀬に代えてレナトを左サイドというのも面白いかな、と思ったり…だからと言って、まったく山瀬を信用していないわけじゃあないんですがね(汗)。

それでも仰ったとおり、3月の間で勝ち点7は嬉しい誤算ですな。これで多摩川クラシコに向けていい兆しが見えているだけに、ちと「面白くなりやがった」という感じでしょうか。ディフェンスに安定感がある今、これまでの鬱憤を晴らす攻撃陣の大爆発も期待したいものですね。
並河悠斗
2012/04/01 20:07
思い出せばJ1昇格した年の浦和戦は忘れられない。都倉の退場や佐原の幻のヘディングシュートとか。レナチのハットトリックとか浦和戦は何かとあるが家本が浦和の選手を二人退場にしてくれたのにシュートも21本も打って1点だけで攻撃の形は出来たとか言うのもおかしなもの。 レナトはFWじゃなく二列目に使うべき。 FWは矢島や小林を入れた方がいいのか。ケンゴも二列目にしてボランチは田坂柴崎かな。左SBは小宮山を外して雄大が登里を入れるとか。黒津は何故ベンチにも入れないのか。
元川崎市民
2012/04/01 21:46
>KKさん
 ベントナーを思い出してしまいました。ネタが無さ過ぎの去年に比べれば工夫が見られるのは良い事ですよね。栃木−千葉はスカパー無料開放なのに何故か、我が家では移りませんでしたorz。

>B旗ヲさん
 テセ戻りませんかね。本物のCFが本当に、切実に欲しいです。

>通りすがりさん
 仰る通り去年のマイナスがゼロに戻ったくらいですが、それでもマシなチームになりつつあるのかなと思います。夏場から盛り返してくれればと良いんじゃないかと思ってます。

>並河悠斗さん
 もう少しFWに勝負させるパスを出しても良いのかなと感じました。それでも連携面は薄皮を重ねるが如くですが積み重ねっているように感じます。あとはどこかで花開くのを待つだけですね。

>元川崎市民さん
 それはクラブにメールしたらどうです?ただ2人退場した事で浦和が割り切ったのも確かだし、加藤がビックセーブを見せたのも忘れてはいけません。
TAK
2012/04/01 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨にも負けず、何かに負けず@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる