蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS リノベーション@等々力陸上競技場「VS アルビレックス新潟戦」【J特】

<<   作成日時 : 2012/03/11 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

 やっぱりホームで勝つと言うのは良いですね。

画像


 ジュニを筆頭に多くの選手が去っていって雑誌・新聞では中位〜下位の予想。まあ予想と言っても過去の実績を踏まえてだし、今年のフロンターレは新加入選手しだいなので展開を読みにくいからなと思ってました。

 でも、やっぱり胸に秘める思いは多くの人が一緒で「見返してやろうじゃないか」って事だと思うんですよ。今日は改善点も多いけど、川崎はリノベーションが上手く行ってるぞ、侮れないぞと思わせられたのではないでしょうか。

 それぐらい去年のチームとは違ってましたよね。

・観戦のポイント

 あれだけ人の入れ替えがあったチームに対して、この時期に過度に完成度を期待してはいけないので新戦力がフィットしそうなのか、これから練り上げて行けば期待が持てるのか。

 特にジェシとレナトは攻守の要ですので要チェックですね。

・試合解説

 まずは布陣から。

画像


 新潟はミシェウがいません。なのでボールを回して崩すよりも攻守の切り替えのスピードで何とかしたいようなメンバーが出て来ているのでフロンターレとしては切り変わった後、素早く縦のラインを切る事とボールホルダーへプレッシャーをかけてブロックを作る時間を稼ぐ事でしょうね。

 そんな事を考えていたら開始早々に新潟のFWにクサビが入って、そこからの展開でピンチに。これを西部がセーブ。角度も無さそうで西部ほどの経験豊富なGKであれば止められるかなと思いました。

 あっさり真ん中を割られてしまうシーンが散見されたり、センターバックが2人とも競りに行ってしまったりしてましたが森下とジェシのコンビは一昨年、昨年のセンターバックが何だったのかを考えさせられるほどでした。

 ジェシは対人戦の強さだけじゃなくて頭も足元もコントロールがいいですね。跳ね返したボールを彼が繋いでくれると、それは守るのが楽になると言う事。

 また攻撃でもセットプレーの的としての存在感もありましたが、ロングフィード。ドッカーンと蹴ってラインを割るのでは無くてちゃんと裏に抜けた選手がとれそうな位置に落ちてくるのですね。

 ブラジル屈指のセンターバックってのは伊達じゃなかったなと。パートナーの森下と巧く守るたびにハイタッチしたりしてたのが印象的です。キャラは違えど浦和におけるブッフバルトみたいな感じに川崎でなるのかなと感じました。

 森下は当たりの面で少し弱さがあるのかなと思いましたがライン統率の上げ下げの指示をしてたのを見て、今までそんな奴いなかったなとw。

 2人とも足元も宜しいようでボランチとのパス交換でリズムが作れるし、2人が指示を出してラインのコントロールやブロックを作れるのならば、しぶとい戦いで勝ち点を稼ぐ事が出来るのかもと感じました。

 この試合は、そのしぶとい試合の典型だったと思います。



 レナトのフリーキックに実藤が合わせて先制。そもそもセットプレーで入る事が稀なので2倍びっくりですね。

 で、レナトですがジュニと言うよりもVJに似ているかなと。スピードもテクニックもあるけどジュニのように足元ばかりで欲しがるでもなく、ヘナのようにドリブルでひたすら持ちたがると言う訳でも無い。

 そして守備もサボらないと言う今、目指しているスタイルにはマッチしている選手かなと感じました。

 パートナーの小松も前線からの守備をしてくれるし、ロングボールをしっかり受けてくれる。ボールを受けてドリブルで運ぶ事も出来て、最初は獲得の話が出た時に「何故、小松を?」と思ったのですが、この場を借りて陳謝いたします。どうもすみません。
 
 前線とセンターバックが総入れ替えでしたが、より組織的なサッカーが出来るようになったと思います。ジュニとの別れは辛かったけれど、小松やレナトがボランチ・センターバックにプレスをかける姿を見て、あれはどうしても必要だったのだと思いました。

 攻撃面は崩してボックス内で勝負するシーンが少なく、まだまだ改善の余地が大いにあります。むしろ去年とあまり変わり映えはしません。

 しかし守備の面では確かにブロックを作って引いて守るような形でしたが押されている時間帯であっても、しつこく追い回して後ろに下げさせたり、チーム全体でサイドに押し込み、新潟がボールを最終ラインで回さざるを得ない状況に追い込む、あるいはボールが入ってきても球際で競り負けない等、新潟のチーム事情があるにしろ見る所が大きいんじゃないかなと。
 
 今まで川崎のサッカーって「個の力を押し出した」と言う枕詞が付くケースが多かったんですけど、今度はコレクティブと言う言葉が似合う日がくると確信しています。

画像


 今日に関しては勝ったからこれでいいのだ、と言う事にしておきまょうかね。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ジェシが加入した事によりボランチが最終ラインに吸収される事がかなり減りそうな印象を持てた試合でした。



その印象がその通りだとしたら、先発ボランチが憲剛&柴崎でもある程度安定感がある試合運びができるのではないかと期待できるかもですね。



また横山移籍で試合を締めに入る交代枠として守備的な中盤選手の枚数が足りないと思ってましたが、その役割を稲本で計算できそうに感じましたし、今年は勝ち越したあとの『ゲームを締めるパターン』が構築できそうなシーズンになるような気がしました。(稲本が離脱しないものとして)



あとは稲本の離脱を考えるともう一枚計算できる選手はほしいとは思うので、そこはシーズンを進めながらレネや福森などをうまい事育て上げてくれたらと思った開幕戦でした。



この先うまくいかない時期もくるでしょうけど、あとはとにかく怪我人が多発しないせようにと願って応援していこうと思います!
オジャマ
2012/03/11 14:22
どもです、まだ連携面が不十分とはいえ、失点をゼロに抑えて勝利したことは評価に値するところですね。何度もあった危ない場面も昨日に限ってはどこか安心してみていられましたし(苦笑)。

西部がリスク覚悟で飛び出してピンチを防ぐわ、森下もしっかりディフェンス陣をリードしていた感じでした。去年ならバタついていたであろう場面も、しっかり要所を締めたディフェンスで持ちこたえましたね。ジェシに至っては対人プレーやカバーリングのどれをとっても危なげなくこなしたうえ、相手の攻撃をしっかり読んていた印象でした。今まで「そこに〜」というのはタニの代名詞でしたが、ジェシのプレーを見ていて私の中で昨日の試合から「そこにジェシ」でいいかな、と思ってみたり(汗)。今にして思えば、裕介の代わりに出ていたサネはある種、攻撃的なオプションですかねぇ。

レナトはしっかり前線でディフェンスしたり、サネのゴールをアシストするなど随所で光るプレーこそ見えましたが、本領発揮までにはもう少し時間が必要でしょうね。同様に田坂と小松も攻守ともにしっかり走り回っていたという印象を感じただけに、攻撃陣はまだチグハグさこそありましたが、昨年以上に攻守に労を惜しまずに走り、しっかりボールを回したりキープしようという意思が表れているところに、いよいよフロンターレのスタイルに変革が訪れようとしていると感じましたよね。

開幕戦で勝ち点3ということに意義があるのであって、この先どうなるかは別としても…今シーズンは何かが変わるような気がします。そんなフロンターレをしっかり見守りつつ、サポートしていきたい所です。
並河悠斗
2012/03/11 21:57
>オジャマさん、並河悠斗さん
 ジュニ放出、大量補強と言う荒業を行ったので良い方向に変わっているよう期待をしていたのですが、まだまだ改善点はあるものの今後に期待できるものを感じましたよね。
 温かくこれからも見守って行きましょう。
TAK
2012/03/11 22:14
安易に飛び込まず、相手に窮屈なパスを出させる。
そんな守備の仕方ができてましたね。
無理矢理取りに行ってかわされるというシーンが激減したから、おそらく疲労感も少ないはず。
攻撃は連携不足が顕著で、あまり明るい兆しは見てとれなかったんですが、セットプレーにあれだけワクワクできるのだったら、昨年のマリノスみたいな勝ち方で案外勝ち点を稼げるかもしれませんよ(苦笑)
相澤を切って西部を取ったときは、TAKさん同様に何故に???と思ったものですが、昨日試合を見て納得しました。
不安視されてた飛び出しだって、杉山よりも段違いに良いし。
森下も想像以上に良くて嬉しい誤算でした。
ジェシにしても森下にしても、昨季のCBコンビとは比較するのもおこがましいくらいの安定感がありました。
そのジェシやレナトについては、是非、特集記事を組んでください!
待ってま〜す(笑)
KK
2012/03/11 23:00
>KKさん
 攻撃に関して言うと、そうですね。守備に時間を割いて攻撃にはまだまだ時間がかかるのかなと。
 セットプレーと守備だけでもそれなりに勝ち点は稼げると思うので、しばらくは見守ろうかなと。
 特集記事は頭の体力が持てばと言う事で(苦笑)。
TAK
2012/03/11 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
リノベーション@等々力陸上競技場「VS アルビレックス新潟戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる