蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 適材適所・得手不得手@等々力陸上競技場「VS サンフレッチェ広島戦」

<<   作成日時 : 2012/04/28 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

 リーグ戦で前回、広島に負けたのは7年前になるんでしょうけど、ここまで手ひどい負け方をホームでするのは何年ぶりになるのでしょうか。

 風間フロンターレの初陣は1-4での敗戦。監督が変わって浮かれ気分が無かったとは言えないと思います。そこに冷や水をぶっかけるような形になりました。

 戦い方については4日ですし、全くゼロからの立ち上げになったと言って過言ではないので本当は過度の期待は出来なかったはずなんですよね。

 ただそれ以前の問題だなと言う所が多かったと思います。

・観戦のポイント

 風間フロンターレと相馬・望月フロンターレの比較

画像


 札幌戦と比べても大幅にメンバー変更がありました。そんなに変えて良いんかいというほどに。

・試合解説

 見ていて感じた変化は次の通り。

・安易なロングボールが無くなった。
・ただしクリアしても良い場面で繋ごうとしてカットされて二次攻撃を受ける場面もあった。
・前半だけだがワンタッチで数人がつないでラインの裏を取ると言う攻撃があった。
・サイド攻撃の頻度が少なくなった。単に左が雄大だからと言うのではなく「とりあえずクロス上げとけ」が無い。
・逆に足元にボールを入れて、細かい動きだしで狭いスペースを突破しようとするようになった。
・メンバーの問題もあるのかもしれないし、ロングボールが無いためかもしれないが川崎らしい速攻が無かった。

 目指すはバルサなんでしょうね。彼らのようにハンドボールと言うかバスケと言うか手でボールを扱うような球技のようにサッカーをするという域に到達したいんでしょうが、4日間ならあんなものかとも思います。

 ただクロス対応に問題ありそうな急造センターバックなのに、サイドの守備を改善しないで左からクロス上げさせて失点し続けるとか、バイタルエリアがガラ空きで2失点してるのに、誰もケアしてもないのは問題でしょう。

 稲本のセンターバックも裕介のボランチも持ち味が出たかと言われると首をかしげますよね。

 少なくとも4日で即、試合で使えるレベルなる訳はやっぱり無くて、勝てるんじゃないかとか少しでも思ったオレは浮かれてたなと思いました。

 ただ選手たちの方も去年の8連敗以降、悪い時に下を向いてしまうように見えるの大きな問題ですよ。少なくとも後半に修正が効かなかった事の一因は心が折れてたのではと思います。もう何かバラバラでしたもんね。

 あともう1つが選手間の意思疎通の問題でしょうね。パスの出し手と受け手が同じ図を描けていない。

 もし描けていたらどうなるか?



 こういう風な事が出来ます。ヒロキがコメントでケンゴを信じて走ったと言ってますけど、ああ言う事が皆が出来ないといけないんでしょうね。少なくとも広島は出来ていたからこそ、あれだけのチャンスを作りとゴールが決められたのでしょう。

 守備の面でもそうで、前節の解説だった水沼さんが裕介とコミの守備について文句を言ってましたが、他の選手もサボるとは言わないまでも考えが追いついていない部分があるのかもしれませんね。

 望月さんで良くした攻守の歯車をわざわざ悪くする事も無いのにとは思いましたが、多分あのままのサッカーをしていても海の物とも山の物ともつかないサッカーで中途半端なチームに成り下がるのかもしれません。

 風間さん就任がパラダイムシフトであり、フロントが関さんの作った方向性を過去のものとして新たな方向性を模索するならば今年も我慢の年なのかもしれません。

 ただ守備の修正をするような事も、スカウティングするような事もしなさそうなコメントを風間さんはしているので今季は躍進するか、J2に落ちるかの二つに一つなのではと思ってます。

 でも今いる選手で戦うしかなくて、出来る事が選手によって規定されるのであれば適材適所ってのは大事だと思います。コンバートして花が咲く選手もいればオリジナルポジションが良い人もいる訳でしてね。

画像


 もし今年、残留したとしてオフは大ナタが振られるのではと思います。

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
期待をするのはいいと思うんですよね。
でも、すぐに結果が出るなどとは間違っても思っちゃいけないだけで。
広島にやられたのだって、これはもう完全に完成度の違いですよ。
7年間、一貫したスタイルを熟成させたチームに、たかだか4日しか練習してないチームが勝てるわけがない。
7年前、生みの苦しみを味わって降格し、それでも確固たるスタイルを築き上げた広島と、このタイミングで戦えたのも何かの天啓のような気がしないでもないです。
まあ、長々と書きましたが何が言いたいかというと、わたしは例え降格しても、この風間さんのサッカーが形になるのであれば一向に構わないと思っているということです(苦笑)
KK
2012/04/28 23:31
>KKさん
 まあ4日ですからね。7年とでは違いますよねぇ。
TAK
2012/04/29 00:00
守備を軽んじたらこうなりますって試合でしたね。



でもあくまでボールを支配する取り組み&前への意識が最優先。支配できるようになりゃピンチにすらならないから守備は後回しでいいんだよと。大袈裟に表現するとこんな発想に近い監督なのかなと感じました。



ただ今のフロンターレは、ボールを持たれたら簡単に自陣ゴール付近まで運ばれてしまうし、FWの守備力もないに等しい。



ボールを保持し攻撃的にと言うからには、当然高い位置でボールを奪う事もテーマになるはずで、風間監督は近いうちにこの問題で頭を悩ますだろうと想像できました。



高い位置でボールを奪えなきゃズルズル下げさせられるわけですから、まともなボール保持なんてまず出来ないしピンチも増える。




なのでまずは、風間監督が前線からの守備をどう解決に導こうとするのか興味深く見ていきたいとこですね。

通りすがり
2012/04/29 04:41
稲本をCBに入れたりボランチに裕介を入れたりしたがCBも川崎山脈以降軸になるCBを育成しなかったツケが回ってきただけ。ボランチも谷口が抜けてからいない。本当に必要な選手を移籍させていらない選手を残して何を考えてるのかね。風間のせいじゃなくフロント現場のせいで守備で軸になる選手がいなくなったわけで守備で軸になる選手を育成しない限り安定はしない。SBも雄大に期待したがあれじゃ使い物にはならないわ。ミキッチフリーにし過ぎだな。攻撃もボール持っても前に行かずに横パスバックパスばかり。小宮山の方が遥かにいいな。ヒロキがSBに入ればサイド攻撃がない。両サイドが守備も攻撃も出来ない。SBも小宮山裕介しかいない。風間は攻撃ばかり言うが守備はどう立て直すかな。攻撃も前半は早く少ないタッチでボールが回り楽しく見れたが後半になると以前の手詰まりの攻撃に逆戻り。ゴール前の狭いとこでボールを回してパスを出してあれじゃ相手は守りやすい。結局ヒロキの1点しか入らず前線の選手がシュートを打たず打っても枠に行かずブロックされて終わり。攻撃は改善されるだろうが。広島はJ2に降格してもパスサッカーを確率させようとして現浦和の監督のミシャをクビにせずミシャの目指すパスサッカーを確率させたがフロンターレはJ2に降格しても広島の様な同じ事が出来るだろうか。降格して監督変えてまた戦術が変わるこんなのを繰り返してるようじゃ何も変わらないのでは。フロンターレのサッカーはカウンターだよ。チームの基本戦術を確率して監督選びをしないと。本当に数年前のフロンターレは良かったと最近よく思う。
元川崎市民
2012/04/29 05:02
監督交代までの経緯はあえて問わないとして、風間監督の慧眼力はどうなのかなと。
元々ボールロストが多く展開力に乏しい田中裕のボランチは適材適所とは言い難いく、それなら札幌戦後半で動きの良くなった大島を起用しておけばとの思いが否めません。
ボール保持なら山瀬もあの位置じゃなく、そこにはレナトや憲剛では(もっともボランチがいないので、憲剛を前に出すのは難しかったでしょうが)?
田坂もなんだかんだありながら前節までに右肩上がりでキレを見せて来ていたのに、ここで先発をはずされて再びリズムが悪くなった様な気がします。
今日の結果だけを見れば奇をてらいすぎの感が否めません。
続く磐田戦、名古屋戦での対応如何では、結局相馬前監督以上の混乱を招きかねないと感じました。
それと選手のメンタリティーは重症です。残念ながら負け癖がついて来てしまっています。どう勝つかが重要と風間監督はおっしゃいますが、その前に勝ち癖をつけて行かないと、間違いなくこのままじゃJ2当確です。そうなったら昔の広島と違って、確固たるものがなくなった今のフロンターレではJ1への復帰が容易でない様に感じます。今年に限っては勝点を積む作業もおろそかにはしないで欲しいと思います。
ネガティブな意見ですいません。不適切でしたら削除下さい。
シンスケ
2012/04/29 07:00
風間さんって大丈夫?真の改革者?破壊者?フロンターレは実験の場ではないですよね。大学の授業じゃない。個人の理想や理屈は後でいい。現実を直視した地に足の着いた対応がサポーターへの最低限の
誠意だと思う。
プーマ
2012/04/29 10:01
どもです、いやぁ…皆さん荒れてますねぇ(汗)。まあ、あれだけの大敗でしたから無理はありませんし、降格したら元も子もないだけにそれを否定するつもりはありませんが、ハナから風間さんに結果を求めるのは酷でしょう。

ただケンゴからヒロキへの展開はよかったとは思いますし、まずは大事にボールを回そうという意思は感じられました。ただ広島は何年もかけてあのスタイルを確立したことを考えたら、フロンターレは風間さんの就任後に新たなスタイルに着手したばかりですから、比べるだけ野暮だと思いますし、今までの状況が劇的に変わることはあまり無いですから、今は静観するほか無いですよねぇ。

イナと裕介のコンバートは不慣れなうえに適性があるかどうかは、たかだか1試合だけでは何とも言えない、としか言えませんな。ただイナに限っては、イガの方がマシだとも思えなくもないです(苦笑)。いずれにせよ、今はコーセーとジェシが戻って来るまでの辛抱でしょう。

とにかく、風間新体制になったばかりですから、スタイルを構築するのもそうですが、中断期まで何とか耐え忍んで行きたいところですな(汗)。何はともあれ引き分けでもいいから、磐田戦では勝ち点が欲しいところですね。
並河悠斗
2012/04/29 18:47
本文素晴らしいタイトルです。
まさに適材適所・得手不得手・腐っても鯛(不調でも鯛)です。選手起用に疑問大ですよ。
100%ボールキープや相手の情報事前未周知やミーティングなしなど奇抜ですがはたして現代サッカーで通用するのか疑問ですね。
関さんは深夜遅くまで相手を研究しそのツケで体を壊しました。でも結果は付いてきたんです。
なんかこのまま最終戦まで連敗しそうで心配です。
5連敗して社長・GM・監督解任なんてならなければと思いますが。
打ち出の小槌忘れましたので次回は忘れず持参します。
B旗ヲ
2012/04/29 22:01
>通りすがりさん
 そういう意味では負けパターンがわかったのも収獲でしょうね。

>元川崎市民さん
 カウンターだけのサッカーから脱却しようともがいているんでしょう。過去はいつもいいものですよ。

>シンスケさん
 ご心配ごもっともだと思います。しかし、どうなるかは我々、見守るしかないと思います。

>プーマさん
 それなら望月さんで良いじゃないかとと言う事になりますよね。

>並河悠斗さん
 まだ1試合でしたし、4日の練習ですからね。ここからでしょうし監督だけに原因がある訳じゃないですからね。この試合は。

>B旗ヲさん
 磐田戦、雨らしいですが打ち出の小づち、大丈夫ですか?
TAK
2012/04/30 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
適材適所・得手不得手@等々力陸上競技場「VS サンフレッチェ広島戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる