蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 道半ば@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦 ナビスコ杯予選2日目」

<<   作成日時 : 2012/04/05 02:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

 ちょっと所用で出てたので映像は見てませんがドローでした。ただ1点差で稲本を入れて逃げ切りに走らなかった所を見ると、もう1点を取りに行ったのかなぁと。

画像


 公式戦4戦勝ち無し、開幕から複数得点試合無しでポジれと言うのは厳しいかもしれませんし、今のチームに不満や批判と言ったものがあるとは思います。

 結果はどうあれ、工夫しようとしているようには見えます。関塚パラダイムからの脱却のために蒔いた種から芽が吹き、花を咲かせるまでは時間がかかるもので必勝法はないのですから、花が咲くのか待つしかありません。

 道半ばですが戻る事も選択肢にはあります。しかし進む事が正解と言う事もあります。

  
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
数年前の攻撃的なチームを見た人達には物足りなく感じるのは仕方ない。今と選手が入れ替わってるし戦術も違うし一概には言えないが。FW の質は明らかに数年前の方が上だろう。我那覇ジュニテセレナチこの選手達は凄かった。中盤もマルクスマギヌンVJとテクニックスピードがあったし。今のFWには強いフィジカルや 上手いと言える裏への飛び出しや驚くべきスピードはない。中盤もボールキープやパスもちょっとね。前線の選手はレベルが下がってるのバルサばりのパスサッカーをやろうと言うのは個人的には無理があると思う。やるなら関塚時代にいた選手達でやったら成功したかもしれない。関塚時代のカウンターサッカーは見ててハラハラドキドキしたがスピードやテクニックや力強さはあったな。
元川崎市民
2012/04/05 10:42
その工夫が感じられないんですよね。。。
前線のドリブラーたちが足もとでボールを欲しがるばかりで、相手守備陣の格好の餌食状態。
憲剛やレナトのポジションを動かしたりしないことには、工夫とは言えないと思ってます。
攻撃のねらい目とか意図には、工夫どころか考えた形跡すらありませんし。
わたしもTAKさんも、今年は比較的中期的な視点で見ていこうというスタンスですが、それは今が底の状態だという前提があるからですよね。
底も何も、実際は頂上にいて、しかもなだらかな台地が続いているなんてことは・・・無いと思いたいんですけど。。。
KK
2012/04/05 16:40
>元川崎市民さん
 バルサを目指していると言う言説って公式の言質って取れてましたっけ?

>KKさん
 盆地だと思ったら台地ですか?無いとは言えませんけど、もう少し2トップで勝負させても変わるかなとは思ってます。
TAK
2012/04/07 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
道半ば@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦 ナビスコ杯予選2日目」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる