蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 等々力奇譚2012「VS ジュビロ磐田戦」【J特】

<<   作成日時 : 2012/05/04 10:16   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 風間フロンターレが始動し始めて日が浅いので、まだ海のものとも山のものとも判断はつかないのですが高畠〜相馬〜望月体制での言説を見ていると、無批判に関塚体制を賛美しているのか?と感じる言説や、そこまで行かなくても強かった過去の栄光にすがってるなと思う言説もありました。

 確かに06年で「手数をかけないスピーディーな攻撃で得点を重ねる」と言うアイデンティティが確立して、09年はその集大成みたいなチームでしたからね。

 それぞれの総括と比較をもう少し時間を取ってやりたいないと思ってます。

 私も関塚フロンターレは好きですが、それに囚われていると新しい事が出来ない、もしくは今までとは違った良い点を見落とす気がするのです。

・面白い所がスポンサーですね。

 急遽、ポスターも作りなおしたんでしょうが

画像


 スケジュールポスターも風間さんです。

画像


 浦和戦のスポンサーが「カスぺルスキー」ですよ。

 ウィルスソフトで有名なあのカスぺルスキーが提供してくれるとはねぇ。

 まあソースネクストの安いのを使ってる人には関係ありませんがけど(爆)。

 安いのを使って怖くないですか?と聞かれますが、その時は「何?あなた、そんなやばそうな変なサイトを見るの?」と言い返す事にしてます。

 見る所を決めるのと怪しいのは開かないだけでも十分に対策できると思うんですよ。そうすると毎年、更新にお金を払うのが馬鹿馬鹿しくて。

 まあ、要はどこまでリスクテイクするかですよ。

・牧場の脇

 あいにくの空模様のためスタンド内でフロンターレ牧場が開催されました。

画像


 豚さんがいて、

画像


 牛さんがいて、

 和んだ後に食べるご飯は美味しいですね。

画像


 フロンターレ牧場で遊んだ後に、無邪気に山田うどんで豚バラ炙り焼き丼を頼む子供を想像してしまいました。動物を可愛がるのも良いけど、いつか僕らは殺生をして生きている事に気付くよう仕向ける必要があるのかもと考えました。

 まあ、その前に嫁を探せと言う声が聞こえてきそうですが。

・さすが食いしん坊万歳!!

 この日は始球式がありました。



 宍戸開さんトークが上手いんだ。まさかの南武線ネタでフロサポのハートをがっちりキャッチ。次回はプライベートでいらっしゃいませんか?

 余談ですが田中美保さんは来てたらしいと言う情報がGゾーンの一部では流れておりました。



 んでもってフロ桶贈呈。磐田の人たちはこれをこの後、どうするのでしょうか。

 しかしテルマエ・ロマエの映画よりも正直、温泉に行きたいですわ。風呂と飯と昼寝とマッサージで脳みそが溶けるくらい休みたい。

 今日も工事の手配ミスでお客に怒られる夢で眼が覚めました。かなり疲れております、ハイ。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
石崎さんから関塚さんまでの流れは、それ以前からフロンターレを観て来た人にとっては、間違いなく最高のものを見せてくれたという想いがあります。これは立派な功績です。
ただ、これを発展させられる可能性があったかどうかにはいろんな見方があると思うので、たぶんそこを振り返っても個人の想像の域以上のものはないと思います。
管理人さんのご意見としては聞いてみたいですが、もうフロンターレは舵を切ってしまったし、それを見守るしかないという考え方にも賛同しますので、どちらかと言えば、今と期待を込めた未来について綴られるのを楽しみにしています(←勝手な事を申してすみませんが、いち愛読者としての意見ですので、ご容赦下さい)。
選手個々の課題はありましたし、内容・結果としてはアレですが、ちゃんと前節から修正は施していたし、それも縦の動きを考えた時に理にかなった配置になっていたので、監督そのものに対する不安はやや解消されました。DFはもうコミ、ジェシと失ったので、一向に成長しない井川や、守備的に厳しい雄大や裕介でも使うしか仕方がない(個人手にはヒロキでいいと思ってますが)と考えると、監督のせいじゃないなと思います。そここそガマンかなあと。
福森とか、期待の若手が出て来て欲しいですね。
大島にはめちゃめちゃ期待しています。ケンゴの初期もあんな感じだったので、少々のミスには目をつぶってでも使い続けて欲しいなと思います。
シンスケ
2012/05/04 12:07
わたしも過去のサッカーに拘った時期がありました。
多分、まだタイトル争い出来るはずだという意識がどこかに残ってたんだと思います(苦笑)
本当はそんな戦力ではないのに。。。
それをフロントがタイトルと言っているのだからという言質を盾にして半ば強引にこじつけていたわけです。
また、Jリーグが結果至上主義サッカーじゃないと優勝できないということもありますしね。
でも、風間さんで行くと決まったときから、なんか全部ふっきれたんですよね。
これを見届けたいと単純に思えたんですよ。
失敗しても成功しても、とにかく見届けたいってね。
今、目の前で本物の改革が行われているというのに、それに真っ向から向き合わず過去にばかり目を向けるなんて”もったいない”とわたしは思うのですよ。
KK
2012/05/05 13:37
どもです、先日はまあ良くも悪くも「フロンターレらしい」試合でしたな。磐田の守備の隙をついた裕介のゴールといい、ケンゴからのいい流れを決めたヤジといい、守備の拙さはさておいても攻撃面で風間さんのやりたいサッカーの片鱗が見えた試合でしたよね。まあ「攻撃は最大の防御」だからディフェンス練習しなくてもいいんですね、わかります(笑)。

まあ、確かにタイトルを獲っているいないを差し引いても、その時のサッカーは見ていて楽しかったことは確かですからね。ツトさんや相馬さんの時もそうでしたが、関さんの時代が良すぎただけに、誰が監督になっても周囲からは関さんと比較されてしまうわけですから皮肉なものだな…と思わずにはいられないんですよね。もっとも、私は来年以降も関さんが続投し、あのやり方を続けていてもタイトルは取れたのかどうかは定かじゃない、と思っています。

そういった面では大げさかもしれませんが、風間さんこそ「改革者」かもしれないと思っています。積極的に紅白戦で選手を見極め、若手選手の出番が大きく増えた所にこれまでのフロンターレに無かっただけに、フロンターレに新たなものをもたらしてくれると期待しています。ディフェンス面も、なし崩しでもいいから解決されると信じたいですが(汗)。
並河悠斗
2012/05/05 15:43
風間監督が、現時点でスカウティングをしないのは、ありだと思うのですね。まず自分達がやろうとするスタイルを身につけて、初めて相手のスタイルやクセに対処することを考えられるんでしょう。
スポーツではないですけど歌舞伎の中村勘三郎も言ってました。確か「型ができている役者が意外なことをすれば『型破り』だが、できていない奴のはただの形無し」というような内容だったです。
選手達は、練習を楽しんでいるようだし、風間スタイルをしっかり吸収してくれることと思います。
でもって、吸収後もスカウティングはしないんですかね?
自転車参戦組
2012/05/05 21:42
>シンスケさん
 私も風間フロンターレには可能性を感じています。相馬フロンターレについても、ただの失敗で終わらせたくないと言う気持ちもありますので、どうするかは少し考えて見たいと思います。

>KKさん
 サッカー見てるの楽しくなりましたよね。タイトルが獲れるなら欲しいけど、何かすごい事がはじまるような期待でワクワクしてます。

>並河悠斗さん
 今まで関さんの方針を踏まえつつ、進化という感じでしたが完全に路線変更しましたよね。
 完全に考え方が違いますもの。守備も着手しない訳では無く段階的に行くと思うのでまだまだ静観しましょう。多分、そこは考えさせないようにしてるんではないかと思うので。

>自転車参戦組さん
 仰る通りだと思います。風間スタイルの基本を叩きこんで所なので、そこに他の事をやらせようとしても中途半端になると思うのです。
 ただし本当に吸収後もやらない気がしないでもないのではありますが・・・。
TAK
2012/05/05 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
等々力奇譚2012「VS ジュビロ磐田戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる