蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由闊達@豊田スタジアム「VS 名古屋グランパス戦」【J特】

<<   作成日時 : 2012/05/06 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 昼寝して起きたら前半が終了してましたorz。

 しかもセットしたと思ってた録画が出来てませんでしたorz。

 なので後半から録画しながら、見てたんですがそもそも前半で3-1で勝ってると聞いてビックリ。

画像


 後半3点獲る気でピクシーが勝負をかけてくると思ってたので受けて立つは嫌だなと思ってたんですが、案の定、押し込まれる展開に。

 理由としてはラインを高くすると、ボールを取られた時に永井との追いかけっこになるので、後ろとしてはあまり高くしたくなかったんだと思います。なので前へのプレスがかけられないし、その分だけ走る距離と時間がかかるので攻撃にも厚みが出なかったのだと思います。

 なので良い攻撃で終わるケースが少なくて、簡単に裏を狙われて、その対応に追われると言う事になってました。やっぱりサッカーはボールを持ち続ける事が守備にもなるんですね。

 ただ幸運なのはケネディが前半で下がって、闘莉王の1トップになってた事ですね。これがケネディと闘莉王の2トップだったら耐えきれなかったでしょう。

 攻撃に関しては厚みのある攻撃が後半少なかったですが、それでも相手を脅かすシーンはあったし、前半のゴールシーンを見ていると矢島とケンゴの新ホットラインが機能している事と、1点目のように相手の動きを見ながらボールホルダーへフォローが入れば、それだけでチャンスが作れる事を感じました。

 1点目、タッチラインの外を回って入って来たのは大島ですよね。ああいう裏をかくような動きが無いと相手が崩れるって事はありません。

 しっかり競り勝った矢島も、逆サイドからしっかり走り込んで来た田坂もさすがですが、以前と比べてイキイキしてますね。

 おそらく相馬さんの時だと決まりごとが多かったりして、スポイルされてたものが風間さんに変わり、極論すれば制約が「ボールを取られるな」だけになったもんで、やりたい事が出せるようになったって事なんでしょうかね。

 ゴールデンウィークは3連敗を覚悟したのですが、2勝1敗で通過。内容に満点はつかないけれど勝利と言う結果は出ていますし、就任してから間もない事と広島戦を考えれば出来過ぎです。

 これで暫定ながら5位浮上。ようやくいるべき位置に来たかと言う感じです。最終的に何位なのかが重要ですが上の方で争って無いと意味は少ないかなと思ってます。
 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
後半になって選手たちの気持ちが守りに入ってしまったのは、前節の反省からなんでしょうかね?
あそこで攻撃に行くのが風間サッカーなのに。。。
後半のようなサッカーをするなら、別に相馬さんでも望月さんでもいいんですよね。
なので、結果を出しておいて何なんですが、わたしは今日の勝ち点3はあまり評価してません。
天邪鬼なようですが、むしろ、あのまま攻め続けて逆転負けを喫したほうが評価できたと思います。
こちらはもう腹をくくってるんです。
だから、選手たちには逃げるな!と言いたいですね。
今は目先の勝ち点3よりも、これまでの殻を破るチャレンジをすべきときなんですから。
KK
2012/05/06 21:29
今日は関東一部のSC相模原の試合を見に行ったので何とも言えないが風間監督になって変な制約はなくなったから選手もある程度自由にプレー出来る様になって生き返った選手がたくさんいる。特に矢島とケンゴだろう。矢島はCFを自覚してポストプレーや裏への飛び出しを意識的積極的にやるようになりケンゴは中盤の底からFWに近い位置に変わって攻撃参加も出来るようになり真骨頂のスルーパスも出せるようになり数年前の生き生きしてたケンゴに戻ったように思う。大抜擢の大島も積極的に攻撃に参加したり。稲本も本来の中盤の潰し屋の仕事に専念出来るようになるしスタメンも固定せず調子の良い選手から使い選手を競争させて 良い効果を生んでいる。今日の試合はスタメンで田坂を使って後半から小林やレナトを入れたり選手にモチベーションを上手く持たせて良いのでは。押され気味になるとヒロキを入れたり選手交代もHCの望月とよく話しをしているらしく相馬の時とは全く違う。 最初は監督経験がなく批判的だったがここまで上手く行くと期待してしまうが相手も研究してくるからその時にどうするかだろう。風間サッカーだと使える選手と使えない選手はっきり分かれる気がする。
元川崎市民
2012/05/06 23:18
どもです、また打ち合いで勝ちましたな。KKさんの言うとおり、今のフロンターレに漂っている閉塞感を完全に打破できるだけの状況が整いつつありますから、少なくとも中断期までは結果より内容にこだわって果敢に挑戦してもいいかと。

それにしてもヤジ、今まであんなにいい動きしてましたっけ?最近はストライカーの風格さえ漂っているような感じですよね。ケンゴにしても田坂にしても、風間さんになった途端に吹っ切れたように感じます。イガも軽いプレーはあるものの、体を張って守るあたりは去年よりマシ(だと思う)ですし、大島に関してもまだ迫力不足とはいえ大器の片鱗を見せ付けているだけに、今のフロンターレは結構いい状態ではないかと。そこで更なる新戦力の台頭に期待したいものですね。

以前の浦和(オフト→ギドの時代)がそうだったように、相馬さんでの規律を重視したサッカーから、風間さんのように制約を取っ払って大きく力を解放してあの大爆発ですから、私としては攻撃力が復活したというよりはフロンターレは新たな段階に進むのではないか、という期待もあります。そしてそれは後半戦に研究された際に、本当にそうかどうか問われるでしょう。

とにかく次回の柏戦、柏の調子が上がらない今、ここいらで完膚無きまでに打ちのめしたいところではありますね。そこで勝ってこそ今の勢いが本物、ということになるでしょう!
並河悠斗
2012/05/07 17:01
みんな楽しく元気いっぱいやってる感じが伝わってきます。2点目パスカットから猛然とケンゴを追い抜いた森下には驚きました。
後半は中2日と中4日の差が出ましたかね。でもパワープレー対策のいい練習になったんじゃないですか。
前半は選手同士の距離感も抜群によかったですね。今までになかった感覚です。
総じて何か起こしてくれそうな(えーっていうような失点も含めて)ワクワクドキドキサッカーで見ていて面白い。

現新宿区民
2012/05/07 20:21
みんな楽しく元気いっぱいやってる感じが伝わってきます。2点目パスカットから猛然とケンゴを追い抜いた森下には驚きました。 後半は中2日と中4日の差が出ましたかね
現新宿区民
2012/05/07 20:26
やはり勝ち点3は格別な思いです。
進化しているのかと。ピチュー→ピカチューになり最後はライチュウーになって欲しいですよ。
でも、失点が多い・・・・
こう言う戦いでは引き分けは今後なしですな。
いまベクトルが良い方向に向かってますが怪我人が
出ればまた連敗街道に進むのではと考えます。
矢島がこのまま元気に怪我しないように祈ります。
B旗ヲ
2012/05/07 22:15
>KKさん
 前に出られなかったのは永井目がけて蹴っ飛ばして来るからもあったからだと思います。ただ得てしてそう言う時は守りに入りたくなるものですよね。

>元川崎市民さん
 このオフ、大ナタが振られると思いますよ。

>並河悠斗さん
 矢島は今までの使い方がおかしかったのだと思います。とうとう怪物覚醒ですかね。

>現新宿区民さん
 彼らがどこまで行くのか楽しみですよね。

>B旗ヲさん
 守備に特化した練習はしなくても指示は出ているようですから、全く手を打たない訳ではないようです。
TAK
2012/05/11 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
自由闊達@豊田スタジアム「VS 名古屋グランパス戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる