蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ドツボにはまる@等々力陸上競技場「VS ジュビロ磐田戦@ナビスコ杯予選リーグ5日目」

<<   作成日時 : 2012/06/09 22:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

 予想通り負けました。やりたいサッカーがどうのこうの以前にマンパワー不足の方が悩ましいです。

 今日もノボリが負傷。腰をやって8週間とかマジ勘弁して欲しいんですけど。これからしばらくサイドバックが不足して真ん中が余計にこじ開けられないとか本当に有りそうですもんね。

 降格した時の広島を想起してしまいますが、だからと言って僕らが出来る事は多くないんで。その時はその時かなと。そういや08年のナビスコも人が足りないって言って凄い事になってましたっけ。

・観戦のポイント

 ジュビロの強固な守備の前に満身創痍なフロンターレがパスを繋ぐ事が出来るのか。

・試合解説

 思ったよりはパスが繋げてました。ただそれが良いか悪いかは別の話でして真ん中でのクサビが入らないので矢島が消えていて、ほとんど脅威を与えられなかったですね。

 サイド攻撃も左はノボリがいる間は良かったものの雄大に変わってからはトーンダウン。右のレネはいるだけでしたから、こちらもあんまり相手のGKにプレッシャーを与えられなかったです。

 そもそもビルドアップの場面で受け手がほとんど外せて無いんですよね。ポジショニングであるとか、動き出しであるとか今までやってきたと思う事が中々、出てこない。

 そこでミスが出て、取り戻しに行って、やっとこボールを取り返してもポジション取りが遅かったり違ってたりしていて上手く攻撃に繋げられないって言う「ドツボにはまってた」試合だったように感じました。

 失点直後、向こうのボランチが最終ラインに入ってボールを捌いていてもコースを限定するでもなくブロックを作るでも無い守り方になってましたけど、傍から見ている以上に選手たちにはプレッシャーがあったんでしょうか。

 ただその失点もパスミスからで、サイドに展開されてグラウンダーのクロスをニアで合わせられてですから。ハイクロスって言う選択肢は逆サイド狙い以外は無いはずなのでコースさえ切れば立て直すだろうはずなのにアレでしたもんね。

 前回、もはや「気持ちですよ気持ちみたいな試合」と言いましたが、先制されると下を向いてしまうよう悪い癖が、やっぱり抜けて無いのかなと感じます。

 失点とかミスを少なくしなければ今のスタイルで勝つ事は難しいでしょうが、そこに至る過程でミスを恐れたら何もできないと思います。

 小さな成功体験を積み重ねる事と言う道もあれば、バカと言うか無鉄砲と言うか呆れてしまう話ですが無根拠に自分は出来ると信じてしまうかと言う道もあるんですよね。

 マルとかパウロの図太さが本当は皆に必要なのかも。

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、ノボリまで故障とは…もはやここまで来てしまうと、ポジれというほうが無理でしょう。DF陣はただでさえジェシをはじめコミ、森下、ヒロキ、福森が離脱して手薄なうえに、雄大も広島戦での体たらくを見てしまっていると多くは望めないので、切実な想いとして補強してもらわないとまずいですよね。一時的でも構わないからマルコン、チマル、村上の誰かに戻ってきてもらいたいものですね(泣)。

まあ、試合内容は明らかにひどかったとの話だったわけですから、語るのはやめときます(汗)。さすがに今回はやけ酒を煽らないとやってられない内容なので、止まらなくなりそうです(苦笑)。ただ明るい話ではコーセーが戻り、イナもベンチ入りはしていたみたいなので、中盤は幾分かマシになるか…といいたい所ですが、ケンゴが代表戦から無事に戻ってくるまで楽観視は出来ないのが怖いですね(汗)。

こういう状況こそ控え組にはいいチャンスだと捉えてもらって、奮起を期待したいところです。今はいる選手だけで戦うほかないですから…選手達にはいかなる状況になろうとも、下だけは向いて欲しくないですよね。

P.S. 選手達にはパウロというよりもエイジ、テセの爪の垢を煎じて飲ませた方がいいでしょうね(汗)。
並河悠斗
2012/06/09 23:34
ノボリもか。。。
SB、SB、SB。
とにかくSBがいない。
ボランチもいないもんだから、せっかくのSBである裕介もSBで使えない。
しかし、地獄と呼ぶにはまだまだ早計。
だって、まだ夏じゃないんだもの。
これ、夏場耐えられますかね?
頼みの綱の矢島が、けっこうな爆弾持ちであることを、よもや忘れている人はいないだろうし。
キャンプでは、1年間戦い抜く体力づくりに失敗したと断言していいでしょう。
怪我人は続々復帰してくるでしょうが、彼らのコンディションは谷底まで落ちた状態です。
頭数は揃っても、プロスポーツにおいて最も重要であるフィジカルコンディションが高いレベルで整うということは、今年においては絶対に有り得ないという事実。
そう考えると「これでお金取っていいのかよ!?」とも思えてくるのです。
もう、払っちまってるんですがね(苦笑)
KK
2012/06/10 00:22
ノボリ骨折ですよ。
緊急事態です。あまりにも多い怪我人ですが去年も多いですよね。組織を変えずに戦っているのだから想定内とは言え残念です。
いる人間でやるしかないとはいえこんなんで良いのかと。 とりあえずテセにオファーだしてアジア枠使うしかないです。  
しかし、ホームで完敗するのはお約束みたいになり
またか〜って帰るのもだんだん嫌になってきました。
B旗ヲ
2012/06/10 09:29
>並河悠斗さん
 確かにパウロだと別の方向に走ってしまいますね。

>KKさん
 本当の地獄はこれからですよね。今からまた体作るのかよって感じですわ。
 富山とか鳥取、岡山の行き方を今から調べときましょうかね。

>B旗ヲさん
 そろそろホームで今日も勝ったねと言って帰りたいですね。いつから言えなくなったか記憶に無いんですが。
TAK
2012/06/10 19:16
磐田の前線からのプレッシャーに負けて横パスバックパスばかり。SBの田中裕をボランチでは期待出来ないし柴崎はまだ風間サッカーに馴染んでない。唯一サイド攻撃の出来たノボリは怪我で退場。レネは相変わらずザル守備を露呈する。最終ラインも井川が落ち着いてプレーしてたくらいで実藤は危なっかしい。西部の毎度お馴染みなファインセーブがなければもっと酷い試合になった。中盤も田坂はボールを持った時にスピードがなく前にボールを運べない。楠神も同じ。レナトは頑張って自分から仕掛けたが如何せんサポートがなくボールを取られる。矢島はボールが来ないから全く仕事が出来ず。後半小林稲本が入って攻撃の形が出来たが結局点が取れず。これだけ怪我人が出たら仕方ないと思う部分もあるが何故こんなに怪我人が出るのか本当に考えてもらいたいね。
元川崎市民
2012/06/10 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドツボにはまる@等々力陸上競技場「VS ジュビロ磐田戦@ナビスコ杯予選リーグ5日目」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる