蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 信じる その1@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦」

<<   作成日時 : 2012/07/14 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

 前回の対戦から1失点減りましたが、得点も1点減ったとお茶を濁そうかと思いました。

 でもやっぱそうなったか、そうだろう、そうなるよなと言う結果だったと思います。監督が変わっても今年は残留で御の字だと思えば首位争いをしているチームとの対戦でクオリティが違うのは当たり前ですよね。

 ただ数年に1回クラスのアホみたいなミスと、ゴラッソなミドルでの失点が入ってると思えば少しくらいは気持ちが楽になれるかもしれません。

 その昔は確かに広島をカモってたのは確かだけど、ウチに手ひどくやられても彼らはやり方を変えず、J2に落ちても変わらなかったですからね。それで今がある訳ですよ。
 
 ウチは関塚体制の継続でツトさんが来て、発展させるために相馬さんを監督に据えた訳ですけれど上手く行かなかった。監督の指導力と言う部分にも原因はあったかもしれませんが、そもそも2009年のチームでタイトルが取れなかったら、あの路線で行くのは難しかったと思います。

 そこで新たな路線に切り替わった訳です。最新号のサッカー批評を読めば風間さんが腹くくってるのはわかるので、信じてついていくか、去っていくかのどちらかだと思うんですよね。

 結果は再開後、出てないのはわかる。

 結果が出ないものを信じろと言われても全員が納得できないのもわかる。

 でも信じる事は理屈じゃない部分もあっていいと思う。

 当然、盲信するのではなく「信じる度合い」があるべきだけど、疑うよりも信じて進む方が楽しいはず。

 前例のないこと、非常識なことに取り組む人たちを冷笑したり、無理だと批判する方が簡単ですが、僕にとってはサッカー観戦は「遊び」です。「遊び」と言うからにはバカな金を使うんです。だからこそ「信じる」方が良いのです。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
まったくその通りだと思います。

広島と比べるだけじゃなく、森保さんと風間さんの手腕を比較して云々などという声もあります。
いったい何を見ているのか?という感じです。
森保さんの手腕は認めるけど、やっていることの質が全然違う。
森保さんがやってることは、ペトロビッチスタイルを『保守』しながら『改善』を加えている感じです。
対して風間さんがやってることは、『改革』です。
関さんの『遺産』をツトさんが浪費し相馬さんが食いつぶしてチームは『破産』しました。
風間さんが前任者たちの負債を背いながら『改革』を断行し、現在は多少の貯金が出来るくらいまでになってるわけです。
なぜそこを評価出来ないのだろう、と。。。

わたしも盲目的に信じてるわけではありません。
3年を目途に確固たるスタイルを構築できるかという条件付きの、いわば時限的な信頼です。
条件の中に結果を加えなかった理由は、クラブの規模を考えた場合、確固たるスタイルの確立こそ最大の財産になると確信しているからです。

試合内容のことも話したかったんですけど、今回は趣旨が違うと思ったのでやめときますね(苦笑)
2週空きますし、落ち着いたら内容のほうもやりませんか?
KK
2012/07/15 09:49
>KKさん
 ポイチさんみたいな後任を用意できなかったのが関塚体制終焉だった訳で、そこを踏まえて叩いている人がいないのが嫌ですね。単なる嫌がらせにしか見えないもんで。
 試合内容はそうですね。3連休だし三ツ沢に行かないしいいかもしれません。
TAK
2012/07/15 10:07
こちらのブログを開くとき「ダメだこりゃ」を期待していました。
TAKさんがおっしゃってる事は共感しますがなんか相手からして簡単に戦える相手なんだなと。
素人の私でわかるのですから少しは工夫が欲しかったです。最近つまらんし負けてもそんなに悔しさがなくなちゃいました。こんなんで良いのなと・・・
まあ今年降格しないなら○ですが期待の持てない試合は×ですな。横浜FM戦の様な試合なら◎です。
B旗ヲ
2012/07/15 10:53
どもです、本音を言えばよく3点で止めたなって感じです。今の広島が相手だと、もう少しボロクソにやられるのではないかと思いましたからねぇ…。

本当にTAKさんの言う通です。一部からの「フロンターレにパスサッカーなんか出来るわけがない」、という意見を否定するつもりはありませんが…まだ風間さんが就任して3ヶ月、やりたいサッカーの方向性は見えてきましたが、たかだか3ヶ月で大きく変わるわけが無いですし、その上さっさと結果出せなんて言うのは風間さんでなくとも酷でしょう。

私もまた、KKさんと一緒で新たなやり方に期待しつつも、フロンターレに新たな風を吹かせてくれる、チームの確固たるベースを構築してくれることでいい所2〜3年が一応のメド、その間に何かしらタイトルが取れればいいな、と言うのが本音です。とはいえ、元はと言えば関さんの後任(ツトさん、相馬さん)が関さんの築き上げた物を活かし、新たな形にして盤石のベースを作ってくれればよかったのですが。

今シーズンは残留で御の字…と言いたいところですが、やるからにはなるべく上の位置で終わってほしいですよね。その上で勝とうが負けようが、素人目から見ても観ていて希望の持てる試合さえ見せてくれれば、自ずとモヤモヤも消え去ってくれるでしょう!
並河悠斗
2012/07/15 15:03
はじめまして。
いつも楽しく拝読しております。
川崎は昇格後、右肩上がりでイケイケどんどん状態でしたよね。いきなり優勝を狙える位置にいた年もありましたが、どのチームも必ず低調期がありました。鹿島にしてもマリノスにしても、老舗といわれるチームは必ず絶頂期とどん底を経験しています。なので昨年の連敗中も、実は我が家は「悩め苦しめ若人よ。これも貴重な経験だ」と親のような気持ちでみていました(笑)
強い時代しか知らない若い選手達にとって、昨年の連敗や今年の監督交代等の経験は、彼らの血となり肉となり、それがチームの歴史にもなってくれると思っています。
私はこの先続くであろう川崎フロンターレの歴史の通過点と思っています。
ちょっと、達観しすぎですかね・・・(笑)
トラ子
2012/07/15 20:21
感情的なコメントして落ち着いて考えたが時間がかかるのは仕方ない。しかしパスサッカーが浸透する過程で合わない選手が出て来てその選手達が移籍してパスサッカーに合う選手を補強出来るか。 選手が移籍して何も補強がなければどうしようもないと思う。浸透する過程で仮にJ2に落ちたとしてサポやフロントは我慢出来るか。落ちたら予算は減るしスポンサーは減るし観客数も減るだろうし選手も移籍するだろうね。 風間が責任を感じて辞めたりしないか。そうなったらどうすんだろう。広島みたいにJ2に落ちても選手は移籍せず監督を変えずに戦術が浸透するまで待てるのか。最悪の事を予想してだがそこまで考えてるんだったらいいが。
元川崎市民
2012/07/15 23:21
>B旗ヲさん
 ご期待に添えるよう内容編もやります(笑)。

>並河悠斗さん
 広島もチャンスはロングボールか、攻守の切り替えでしたね。仕方ない部分もありますが、やっぱり出来の差でしょうね。

>トラ子さん
 私も同意見です。また上向きになる時が来ると思うので、それまでの雌伏の期間でしょう。貴重な経験だと思います。

>元川崎市民さん
 考えて無いとは思いたくないですが、落ちてもこのスタイルでとは思ってます。
TAK
2012/07/16 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
信じる その1@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる