蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 信じる その2@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦」

<<   作成日時 : 2012/07/16 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

 前回、風間サッカーの継続について書きましたが、今回は試合の内容についてです。

 端的に言えば、

 

 ですね。

 確かに清水のシュートはノーチャンスで、むしろシュートの方を褒めたい。誰かに当たって混戦からゴールをと言う所だったと思うのですよ。

 2失点目も数年に1回クラスのミスではあります。簡単にクリアしても良かったけど、あれを繋ぐのがスタイルですから西部は責められません。

 基本的に広島の攻撃でチャンスに繋がったのはロングボールと攻守の切り替えでのカウンターだったので、一昔前ならウチが彼らにやってたパターンかなと思います。

 ただ決定的に違うのは縦パスの質、そしてワンタッチでリズム局面が変えられたかどうか。

 出し手もそうですが、受け手の引き出し方とそれのフォローが違いますね。

 3失点目を例に挙げると寿人がスル―した球を高萩が受けました。トラップをミスったように思いましたが、寿人が右サイドの石川にパス。そこから石川が持ちこんでクロス。高萩が空けた真ん中に寿人が飛びこんでゴール。

 クサビへのフォローとワンタッチで展開して相手が崩せる所に選手が走ってるんですよね。

 また別のシーンではブロックに沿って中へ走り込む選手に高萩が後ろからフォロー。「バック」パスして戻した所で最終ラインにギャップが生まれたのでスルーパスで寿人へ。

 ウチにこういう攻撃は無かったなと。

 向こうもブロックを作って守ってましたが、その間で動かないんですよ。狭い中でスペースを作るために逆を取るとか、足元に強いパスを入れるとか、しつこくやってたんじゃないのかなと思う事しきりでした。

 
画像


 こんな感じじゃ崩せるものも崩せないですよね。

 ブロックの狭いスペースの中で出し手と受け手が細かく深さを作って行く事で初めて崩せると思うので、高い位置にドリブルではなくてパスを出そう、パスで崩そうって意識のある人の方が必要かなと思いました。

 今の攻め方はドリブラーによる突破でチャンスを作るやり方なんで、むしろ昔と変わらんのですよ。だから選手の間も開いてしまっている。そこでパスを通そうと思うと、相当なスピードで通さなければいけませんし、カットもしやすい。

 だからパスがつながらないし、トラップが大きくなる。人口密度が少ないので囲みやすいし、最悪、抜かれなくても外に追いやれば中は跳ね返せると思えば守りやすいんですね。

 エルゴラでいしかわさんが書かれていた通り、繋ぐサッカーがしたいのに、選択肢はドリブルが最優先と言う人ばっかり出ていると言うのが問題なんでしょう。

 レナトはなぜ交代させられたのか。その理由が一番、課題を表していると思います。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました(笑)

1、2失点目については別に問題視する気はないですね。
失点について語るなら、やはり3点目でしょう。
わたしはパウロがあそこでポジションブレイクする必要があったのかな?と思いました。
それについては裕介も言及してますが、彼の言うとおりでしょうね。
本職じゃない高卒の新人を急場凌ぎで起用すれば、ああいう失点が起きないわけがないし。
問題は失点シーンよりも、広島の縦パスがDFラインとボランチの間にズバズバ入っていたことだと思います。
DFラインを下げ過ぎなのでしょう。
この前まで3試合で1失点の正体がこれでしょうね。

攻撃に関して、特にドリブルの使い方については同意ですね。
相手を抜くためのドリブルじゃなくて、相手を外すためのドリブルが必要だと思うんですよね。
外してパス、外してパス、という感じが理想なはずなので。
だから、数歩でいいんですよね。
それを数メートル単位でやっちゃってるので、どう考えても持ち過ぎです。
その点では、山越くんのプレーが本当に分かりやすかったですよ。
技術レベルではレナト>山越くんなのでしょうが、理解度では山越くん>>>レナト。
それで、山越くんのほうが圧倒的に良く見えるということは、裏を返せば理解度さえ上がれば・・・という希望に繋がるような気がしましたね〜。
KK
2012/07/16 23:05
広島のサッカーは一見フロンターレと違うサッカーをやると感じるが実は中身は同じ。簡単には放り込まないで繋ぐ。フロンターレの選手より連動してるし状況判断が出来てる。寿人は得点ばかりが目立つが囮になったり二列目選手やボランチは攻撃時には寿人を追い越したりサイドMFの選手は守備時には最終ラインに入って5バックになったり攻撃時にはサイドを駆け上がりクロスを上げたりPAに切り込んでシュートをしたり。最終ラインの選手も足元の技術がありパス出せるし。フロンターレもパスサッカーと言いながら実はこういうサッカーをやりたいと思う。広島は時間をかけて戦術を浸透させたと言えばそれまでだが。得点王の寿人も代表じゃワントップを張るには小さいから選ばれないんだな。戦術が違うといくら得点王でも選ばれないだな。
元川崎市民
2012/07/17 05:50
「ダメだこりゃ」抜群に良いです。
私も1点目は事故、2点目はシーズン中に一度あるかないかのミスでと思います。この二つがこの試合に重なったのはラッキーと考えます。
3点目ですがSBの実藤がシュートを避けていたのを見逃してません。ああいう場面でしっかりと体を張って顔面でも股間でも良いから当てて跳ね返す気持ちが欲しいですね。
さてFWの補強はないのでしょうか?一人で狭いスペースを右往左往縦横無尽に動ける選手の補強を希望します。お金あるかな・・・
B旗ヲ
2012/07/18 16:55
どもです、確かに納得の内容ですね。広島のロングボールや攻守の切り替えは一昔前のウチもやってましたが、そう言うところでさえ、パスの精度や選手の戦術理解が違い過ぎますよね。ウチの不出来を考えたら「ダメだこりゃ」だけでなく、「論ずるに値しない」でもあるでしょう。

野球を例に出すのもどうかな、とは思いますが…巨人は統一球になっても当初は従来通り一発にこだわっていましたが、ここへ来て強打者もプライドを捨て、つなぎに徹してから相手を寄せ付けない強さを見せ始めましたが、今のフロンターレの選手に必要なのはその「こだわり、プライドを捨てる事」じゃないでしょうか。

もう関さん時代のカウンターサッカーじゃなくなり、パスサッカーに変わろうとしているのだからこれまでみたいにドリブルや個人技のみに拘るのではなく、臨機応変にパスなども利用して相手を崩す工夫をしなきゃならないですよねぇ。まあ、関さん−ツトさん時代を生きてきた選手がまだメインですから、時間がかかるのは仕方がないとは思うんですけどね。

山越のプレーこそ、フロンターレの目指すサッカーに足りないものを示してくれていると思います。正直、イージーミスの多いレナトよか使えるんじゃないでしょうかねぇ(苦笑)。ケンゴが負傷し、当面離脱するのは痛いですが、風間ジュニアのプレーが見れるチャンスじゃないでしょうか。ていうか、こういう状況だからこそ、早く見たいです!
並河悠斗
2012/07/18 21:15
>KKさん
 監督交代前と変わってないんですよね。まあ、それも仕方ない事なのかなと思ってます。

>元川崎市民さん
 そこまで行くのに降格したり色々とありましたね広島。さて寿人がイブラヒモビッチみたいな体格ならだったら呼ばれたんでしょうね。

>B旗ヲさん
 ちょっと高いので筑波大からいただきましょう。

>並河悠斗さん
 ダーウィンじゃないですが環境に適応しないと行けないと思うんですよね。そこを割り切って消化出来ればと思うのですが人間って難しいですよね。
TAK
2012/07/20 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
信じる その2@広島ビックアーチ「VS サンフレッチェ広島戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる