蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 神の右足

<<   作成日時 : 2012/07/09 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 オリンピック絡みの話。

 イギリス代表が決まりました。オーバーエイジ枠はギグス、ベラミー、マイカ・リチャーズの3人だそうでベッカムは落選でした。

 ベッカム、ギグスの両翼がもう一度、見たかったですが叶わないのは残念です。

 そんなベッカムさんはアメリカでまた一つ伝説を作ったとか。



 ロスタイムにアジジ作戦で時間稼ぎをする相手選手にショートバンドでボールをぶつけると言う中々、狙って出来ないプレーをしたようです。

 まあ「紳士の国」の人からすると許しがたいんでしょうね。て言うかぶつかって痛いなら出てくんなみたいな。



 こういう場面で決めてくる人ですから、あんなの児戯に等しいでしょうね。

 まあ、これには衝撃度で負けますが・・・。



 こういう伝説を作れないと思ってしまう時点で僕は凡人なのだなと、つくづく感じる次第です。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ベッカム選出されず、残念。。。
彼ほどのクロッサーは、今はいませんよね〜。
正直、レアルに移籍した当初はそれほどの選手か?と思ったもんです(苦笑)
日本では、ワールドクラスのクロッサーというのはまず生まれません。
スペインの躍進によって、もしかしたら世界的にも生まれにくくなる可能性もあります。
ベッカムのようなワールドクラスのクロッサーは絶滅危惧種なのかも。
彼のプレーをオンタイムで見れた我々はラッキーだったのかもしれませんね〜。
KK
2012/07/12 08:46
どもです、あんなキック見せられたら今回はホーム・ロンドンなんだから、ベッカムを選んでもいいのでは…なんて思いますよねぇ。あれだけ正確なクロスを放れるのは後にも先にもベッカムやロベカルぐらいじゃないか、と思います。

それにしても、大変なことになりましたな。森下…最近出ないからよっぽどひどいのかと思ってましたが、案の定かなり重症だったようですね。本職の左SB・山越が強化指定選手で加入したと昨日発表された時は、風間さんつながりの補強なのかなと納得していましたが、どうやらそうじゃない感じにも思えます。まあコミ、ノボリもいない上に福森も不安要素あり、となれば左SBとして起用できるのがパウロと雄大ぐらいという状況ですからね…(泣)。

それでも過度の期待は出来ないとはわかっていても、風間さんの薫陶を受けているはずなので少し期待しちゃうんですよね(汗)。なんだかんだでCBはイガとサネのコンビで一応安定はしているので、受難続きの左SBに誰かニューヒーロー出てこい!って所ですよね。勿論、前線もですがそこは風間ジュニアに期待ということで(苦笑)。
並河悠斗
2012/07/12 18:25
>KKさん
 顔のせいで実力を低く見られた選手だと思います。カペッロがそう思ったくらいですから世界中でそう思われてたでしょうね。
 クラシックなセンターフォワードが少なくなってきている事もあり彼のような選手は少なくなると思います。そう意味でプレーをオンタイムで見られたのは幸運でしたね。

>並河悠斗さん
 左サイドバックねぇ。本当に悩ましいです。誰か本当に定着してくれませんかね。
TAK
2012/07/14 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
神の右足 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる