蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 前途は多難か@国立競技場「U20女子W杯 VSスイス戦」

<<   作成日時 : 2012/08/27 01:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 通常だとフクアリで、今日は「俺たちジェフ」をしてるはずでしたが、

画像


 エミレーツ航空さんの広報事務局さんからの依頼で試合の観戦記を書く事になり、チケットをもらって国立まで行ってきました。

 JALもANAもスポンサードしてますがサッカー界で航空会社言うたらエミレーツですよ。近年だとミランやPSG、チェルシーなんかの胸スポンサーやアーセナルの本拠地のネーミングライツで有名ですよね。

画像


 いつ以来だろう、国立に来たのは。

 そう考えて、すぐに憂鬱になりました。なりますよね川崎サポなら。

 09年のナビスコ決勝以来だったんですorz。

 嫌な気分で入場したんですが、コカコーラ社製品以外のペットボトルはラベルまで剥がされるんですね。さすがFIFAの大会。トヨタカップも似たような感じでしたもんね。

画像


 お席はこちら。もの凄く良い席でした。何か悪い気がするくらい。

 周りを見回すと上の方に関さんと原博美さんが!!

 ますます場違いのような気がして来ました。

 ですが、ここで気後れしている場合ではありません。

・選手紹介



・入場〜国歌斉唱〜写真撮影〜コイントス



 試合そのものは大味でしたね。そう感じるのは前日の川崎VS名古屋戦のパス回しを見てしまったせいなのかもしれません。年代別代表とトッププロを比べては行けないのかもしれませんが、女子とは言えプロが入っている代表なんですよね、これは。

 スイスが4-2-3-1、日本が4-4-2。日本の2トップのうち、どちらかは下がり、サイドハーフも中へ絞ると言う事をして中盤での優位性を作りたいところ。

 それがスイスのブロックが緩めでバイタルエリアで十分、前を向けるくらいなんですが、こちらも3ラインの距離が長いのと、ラインの間でボールを受ける動きが少なかったり、クサビに対するフォローが少ないのでパスで有効に崩せていないんですよね。
 
 スイスも日本のボランチに激しく行けている訳でも無いので、そこからスルーパスが出るんですがボックス内で寄せられているうちにGKが処理してしまうので中々、シュートが撃てません。

 本当は長いスルーパスではなく、勇気を持って全体が押し上げて、細かいパス交換で抜けて撃ったり、サイドへ引き出してクロスとかミドルシュートを撃つべきなんですけどね。

 そんなに攻めあぐねている時にもらったFKを田中陽子が決めて先制。



 これでスイスは前へ出ざるを得ませんが10番と11番にもう少しアイディアが欲しかったですね。それがあれば、もう少し日本を慌てさせる事が出来たんですよ。

 最悪、1トップの9番の選手を走らせてDFと競り合わせるだけでも嫌だったと思うので、すごく残念でした。

 そして後半早々にゲームの決着がついてしまいます。



 FKでまた失点したと思ったら、



 CKの二次攻撃で失点。

 あとは日本が気持ち良くボールを回しており、タイミングによってはシュートまでもって行く感じでしょうか。



 そして楢本のPKで完全にトドメ。

 結果0-4でしたが、そこまでの圧勝とは思えません。次は韓国戦ですが苦労するかもしれません。



 試合終了後、スイス代表がゴール裏などに挨拶。高校サッカーっぽくて良いなと思いました。
 
 ※このブログはエミレーツ航空の提供でお送りいたしました。

画像
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前途は多難か@国立競技場「U20女子W杯 VSスイス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる