蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS そんなに上手く行きません@いぬLIFE「VS 町田ゼルビア戦」

<<   作成日時 : 2012/08/13 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

 朝起きてバイクをメンテに出しに行ったら、もの凄い雨に振られました。この雨でまた一つ秋に近付くのかと思ったら、午後はむちゃくちゃ暑かったですね。

画像


 そんなお盆の最中に行われたゼルビアとの試合。向こうは最下位なんで軽くひねるべき相手なんでしょうけどね。

画像


 相澤はサブでした。生え際は無事です(笑)。



 なでしこジャパンのバックアップメンバーの山根の挨拶。8/18に西が丘と臨海を掛持ちさせようだなんて恐ろしい子や・・・。私は日産スタジアムに行くので行きませんがね。



 ゼルビア相手に以前、大勝したカウンターではなく、パス&ムーブで行くようです。勝ち点を稼いでとにかく上に上がると言う事だけを考えるのではなく、ある程度、J1で戦えるようなチーム作りをしていくつもりなのでしょう。

 木山さんは分かりやすい所がありますからね。

 で、今回はそれが裏目に出ました。

 パスは繋がるけど崩しきれない。最大のチャンスだったスルーパスからの1対1を米倉が外してしまったのが、そもそものケチの付き始めでした。

 サイドも一本調子なのでクロスを上げても合いません。どっかのチームを見ているようでせつなかったっすorz。

 そもそも中から外に追いやられているのにクロスを上げられると攻撃しているように見えてしまうのがいけませんやね。単に跳ね返されるだけならボールロストの確立を高めるだけなのでしない方がマシなのではと、この頃、考えるようになりました。

 だって、そこからカウンターされてピンチって言うシーンが色々な所で多いんですもの。

 ゼルビアは両サイドバックを高くしその分、MFをカバーに当たらせて3-5-2っぽくなってました。左サイドで数的有利を作り、右のサイドバックが広大なスペースを使ってチャンスをと言う感じでした。

 決勝点は確かにサイドチェンジでしたが受けたのはFWの平本。スライドで引っ張られるジェフの最終ラインの外を走り込む形で藤田からボールを引き出し、受けた後はGKを牽制しながらパス。

 あとはディミッチが流し込むだけ。

 ここから町田はボールを回しながらカウンターで優位に戦い、ジェフはてきめん動きが悪くなって行きました。

 もの凄いパス回しからシュートまで行ったシーンなど、これが最下位のチームか?と思わせる動きでしたよ。

 ジェフ側からすると、もの凄くダメな試合でした。結局、最後まで何も出来なかったですからね。

 ただ理想と現実の二兎を追うのは難しく、このような試合もあるでしょうけど、ただ勝つ事のみに徹すると言うのも味気ないと思うし、いずれは理想へと舵を切るでしょう。すなわち通る道なのだと思います。

 目の前の試合に注力するのは当たり前ですが、それだけで内容を自身に問わなければ一体、どこに行きたいのかがわからなくなる。

 だからこそ両立しようとする。なぜならやっていない事はできないから。でも、その過程において、いつもすんなり行くとは限らないと言う事も肝に銘じておくべきだと思います。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼルビアは相馬が監督だった時から見ていてやはりパスサッカー攻撃的サッカーをやっていて見てて面白かった。JFLじゃ強かったし。しかしJ2に昇格してからはレベルが違うし技術経験不足からかかなり苦戦してる。開幕当初から善戦をして期待出来るのではないかと思ったがなかなか勝てないから不満やイライラ感が溜まっている。監督も相馬の後にポポビッチアルディレスと戦術的には変わりないはずなのに勝てないのはJ2だからなのか。 それとも監督の指導の問題か。ホームで千葉に大敗はしたがあとは1点差2点差と大差はないが負けてる。パスは繋がるしゴール前まで行くがなかなか点が取れない。失点はパスミスカットからのカウンターからするというパターンが多い。相手チームから何故このチームが最下位と言われるが点が取れない簡単なミスから失点をするから勝てないわけでそんな事を言われても何の慰めにもならない。 フォーメーションにしても4‐4‐2にしたり4‐2‐3‐1にしたり4‐1‐2‐3にしたり試行錯誤したが今は3‐5‐2でやってるがこのフォーメーションだと左右SHが運動量がないと厳しい。ともかく1年でJFL逆戻りはやめてもらいたい。せっかく苦労してJ2に昇格したんだから。
元川崎市民
2012/08/17 01:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
そんなに上手く行きません@いぬLIFE「VS 町田ゼルビア戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる