蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 人が良いのも・・・。@いぬLIFE「VS ガイナーレ鳥取戦」

<<   作成日時 : 2012/08/19 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日の神奈川ダービーの余韻が冷めやらぬ中、日曜日はジェフの試合に行ってきました。

画像


 そう、とりぎんバードスタジアムへですw。

 横浜で試合見て、その夜は羽田で一泊、日曜日の朝に出雲に飛んで松江を経由して鳥取入りです。

 普通の人は呆れる事、間違いありません。

 さてバードスタジアムですが、スタジアムグルメが素晴らしい。ここに来たら等々力はもっと頑張るべきだと感じてしまいます。

 こんなのとか、

 
画像


 こんなのとか、

画像


 他にも色々とうまそうなのがあって、

画像

 
 ピッチャーでビールが飲めると言う、素晴らしいスタジアムですよ。

 歩いていると黄色い人だかりが出来ているので誰かと思えば、レンタル移籍中の久保。

画像


 元気そうで何よりです。

 中に入るとこんな感じ。

 
画像


 素晴らしいのは自由席の裏が田んぼや畑だと言う事。

画像

 
 こっちが歌ってる裏で農作業してる人が見えて、ある意味シュール。

 さて試合前のイベントでPK対決が。



 PK戦の行方よりも下の動画のように首がもげないかの方が心配でしたw。



 今日はユニティだったので難局物語ではジェフィが来るんだと理解。

画像


 かわいいよ、かわいいよユニティ。

 試合の方ですが山口のロングフィードをダイレクトで藤田が叩き込むゴラッソで先制するも逆転負け。

 後半は完全に向こうのペースでした。

 向こうのやりたいサッカーに何で付き合うのかなと。空中戦の競り合いとか、ロングボールとかはあまり好ましくない展開のはずなんですけどね。

 原因としてはサイドバックが高い割には攻守の切り替えが遅いので、一気に持って行かれるわけです。彼らのフォローをサイドハーフがするので全体的に低くなりロングボールばかりになる訳です。

 本当ならボランチを経由して中と外、速攻と遅攻を使い分ける事が必要ですが、そこの質が足りません。

 この度、谷澤が帰ってきましたが、むしろ補強すべきはボランチかなと。もっと流れが読めてゲームが作れる人でないと厳しいんじゃないのかなと思いました。

 あとはサイド攻撃に固執しすぎ。真ん中を固めさせないために真ん中とサイド攻撃のバランスを取るべきなので、もう少し中で崩す意識があれば良いんですがね。
 
 木山さんもガチンコで勝ちに行けば出来る人なのですが、勝つと同時に落ちないチームを作ろうとしているので難しくなっているのだと思います。

P.S

 今日のツボ。

画像


 小針の格好がロナウジーニョっぽく見えてしょうがありませんでした。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スゴイですね(^_^;)。それしか出ないです。

鳥取行った友達たちの心が折れそうな感じですが、
次の岐阜にまたやられなければまだあると思います。

木山さん、そんなに悪くないと思うのですが、采配で試合ぶっ壊してるのですかね?
おーろら
2012/08/20 00:30
>おーろらさん
 木山さん、そんなに悪くないと私も思います。後で書くのをやめてた事を書きますが、サイドバックが高い割には攻守の切り替えが遅いので、一気に持って行かれるわけです。
 彼らのフォローをサイドハーフがするので全体的に低くなりロングボールばかりになる訳です。
 ボランチを経由して中と外、速攻と遅攻を使い分ける事が必要ですが、そこの質が足りません。
 木山さんもガチンコで勝ちに行けば出来る人なのですが、勝つと同時に落ちないチームを作ろうとしているので難しくなっているのだと思います。
 
TAK
2012/08/20 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
人が良いのも・・・。@いぬLIFE「VS ガイナーレ鳥取戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる