蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 優勢と勝利は似て非なるもの@等々力陸上競技場「VS コンサドーレ札幌戦」

<<   作成日時 : 2012/09/30 10:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

セレッソの逆転勝利、大宮のドローで一時は今節、札幌の降格は無いという話でしたが大宮と新潟の直接対決があるため残留ラインが勝ち点32まで上がったとの事でして、この試合はやっぱり降格がかかった試合になりました。

 非常に難しい試合で、優勢のままで何もつかまずに終わってしまう可能性もありましたが相手のペースに巻き込まれることなく自分たちのサッカーで勝ち切ったと言う事は大事な事だと思います。

 今節終了時で4位までが3差。次節の前年度王者である柏と実は勝敗数が変わらない状況です。だからと言って次も勝てる保証はありませんが、畏縮するほどでは無いと思いますし上を狙えないことも無いんだとは意識して良いと思います。

・観戦のポイント

 ゴール前の精度。ボールポゼッションは圧倒できると思うのでいかに決めるかでしょう。

・マッチレポート
 
 予想通りの課題が出ましたね。決定力と言う課題が。

 札幌のプレーを見たときに「そこは繋ぐ事ができるだろう」って所で繋ぐことができなかったり、裏へのロングボールはあっても縦パスから崩すシーンが少なかったりして唯一、脅威のハモンさえ抑えれば、かなり優位に立てるだろうってのは思いました。

 実際、ハモンは立ち上がりこそ手こずったものの75分以上はよく抑えたと思います。中央が固まっている限りはサイドだけならそんなに怖くはありませんので。

 後半、櫛引が入ってそこが基点になった時に大ピンチになりましたが、受け手を捕まえるのと出し手へのプレスをかけるように対応してからはまた押し込みました。そこは上手く修正できるようになったなと。

 こちらは逆に前半からパスで崩せていて中から外に抜けて、あるいはサイドを深く抉っての低いクロスで合わせるだけみたいなシーンがありました。

 相手が3バックで真ん中を少人数で崩すのは厳しいかなと考えてましたが、思ったより揺さぶってたなと。

 たぶんそれは縦パス、サイドチェンジに加えて裏へのパスも多かったからと思ってます。それはともすればボランチのところであまりプレッシャーがかかっていない、あるいはダイレクトのタッチでかわしてしまっていると言う事があったと思います。

 典型例が前半、押し込まれた状態からケンゴのスルーパスに楠神が抜け出してシュートまで持って行ったシーンがありました。

 あのシーンに持っていく前のワンツーなんかすごく良かったですね。リターンのパスが走りこんだケンゴの足元にピタリでした。簡単そうに見えて難しいプレーだと思いますしシュートこそ決まりませんでしたが質の高い攻撃だったと思います。

 ただ後半からサイドにこちらもこだわってしまったなと。ボックス内に諸籠りする相手を崩すという難しい状態でしたがスペースが無くてサイドからのクロスと言うのはよほど強烈なセンターフォワードがいるか、手の込んだ事をするかで崩れるものでしょう。

 あまりに単純にクロスを入れないのは良いと思いますが、マイナスのクロスにダイレクトで合わせるシーンがもっとあっても良かったし、シュートコースを開けるような動きだしで崩す動きがあっても良かったかなと。

 もっとボックスの長辺の部分を使って崩していいと思います。人が多くてあまり動けるものでもないのでしょうが狭いからこその動きがあって初めて今までのジレンマが解消されるので、そこの精度は追及すべきでしょうね。

 結果的にレナトが出てきて決めた訳ですが、組織で押し込んだ所に強烈なシュートを嫌なところで撃てる人がいたという風に見てます。つまりは上手く組織と個人の力が合わさったなと。

 最初から出していればもっと簡単に勝てたか?と言う話はこの試合に限れば屋上屋を建てるがごとくの議論ですし、展開が良い方向だけに変わるとは言えませんので私にはわかりません。

 ただ大事なものほど見えにくいのは確かかなと思います。まあわかる人にはわかる話ですが。
 
 また点数のことだけならカウンターでシュートをポストに当てたケンゴさんにも文句を言いましょう。あれが決まれば2-0だった訳で快勝とも書けるわけですから。

 以前のサッカーですと出入りが激しい。つまりハイテンポのバタバタとした打ち合いですし、焦れて強引に行って向こうにも付け入る隙を与えてしまう可能性はあります。

 コメントを見ると焦れずにやるべき事をして勝ったと言うのがこの試合の最大の収穫だと思いますが、それが勘違いなのかは日立台でわかるでしょう。
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
またJ2Departureですね。
何度見たことか。 でも今季は当事者意識を持ってまだまだ応援しないとヤバイですから。
なんかレナトが点を取る気がしていましたがその1点だけではねぇ・・・・・・
残り7試合総力戦となりますがガザフィー監督の手腕に期待するしかないです。
B旗ヲ
2012/09/30 16:58
>B旗ヲさん
 来年はFWの補強があるといいんですけどね。
TAK
2012/09/30 19:54
> マイナスのクロスにダイレクトで合わせるシーンがもっとあっても良かったし

私もそう思いますが、実際にはクロスの前に切られて、コーナーキックの山。フロンターレのコーナーキックはリスクが少ないので、とりあえずゴールラインをわっても安心と思われているんだよな〜。
KOBO
2012/09/30 20:53
引いた相手を崩せず決定力不足も相変わらず。札幌の攻撃に迫力がなく守備は楽だったのではないか。得点も息子と交代したレナトのミドル で勝ったのは何とも皮肉なもんだ。パスで相手を崩して点が取れずミドルで点を取って勝ったのは監督の狙い通りだったのか。 守備固めに井川を入れたり選手交代が現実的になって良いとは思うがそれなら31や山越も交代してもらいたいね。
元川崎市民
2012/09/30 21:26
>KOBOさん
 確かにコーナーキック多かったですね。ジェシもいるのでセットプレーでそこで取れれば良かったのですが。

>元川崎市民さん
 引いた相手を崩すのは難しい事であります。監督はパスだけを指向している訳ではなく、入るのであればミドルもカウンターも否定してないです。ちゃんと今までの発言を読めばわかりますよ。
TAK
2012/09/30 21:34
改めてVTRを見たら、とんでもない軌道のシュートだったんですね(苦笑)
ありゃスーパーですよ。
まあ、狙ったかどうかは微妙だけど。
でも、あれが蹴れるってことが凄いんだと思いますね。

この2連勝がフロッグか否かは今後の試合で評価ってところでしょうね。
4位までとの勝ち点差3ってことで、選手たちとしても再び目標が定めやすい状況になったわけですし、ようやく意地の見せどころ到来って感じですよね。
KK
2012/10/01 00:49
>KKさん
 明らかに軌道が変でしたね(笑)。ああいうのが日本人にはできる人が少ないですね。
 中位がダンゴレースなのはありがたいものです。変わったところを見せてもらおうじゃないかって感じです。
TAK
2012/10/04 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
優勢と勝利は似て非なるもの@等々力陸上競技場「VS コンサドーレ札幌戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる