蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 焦り@ユアテックスタジアム仙台「VS ベガルタ仙台戦」

<<   作成日時 : 2012/09/02 20:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 身内の不幸でバタバタしており、先程、試合の映像を見ました。

 公式ホームページの山越君のコメントにある通り「川崎のサッカー」ではなかったなと思います。相手がこちらの良さを消そうとてくる時にどう振舞うか、そういう相手に対してビハインドを背負った時にどうすべきなのか神奈川ダービーで、それを学んだと思ったのに活かせなかった事が何より残念に感じました。

・試合観戦のポイント

 山瀬の1トップ。

・レポート

 仙台は高い位置でサイドに対してプレスをかける傾向にあり、そこからサイドを攻略してクロス。そして二次攻撃と言う展開で、それがハマった感じですね。

 とても川崎のマイボールの時間が少なかったです。普段はサイドバックに高い位置をとらせて中と外のコンビネーションで崩す事も多いのですが、この試合で仙台のサイドを大きく抉る場面は少なかったですね。

 その少ないマイボールの時間で、先制点を奪う事が出来ました。攻撃に1分間以上の時間と10本以上のパスを繋いでの得点。

 縦パスに連動したケンゴと宏矢の動き、宏矢からのパスを下がるDFに着いて行かない事でスペースを作った山瀬のポジショニング。そしてノボリのフィニッシュ。

 確か試合は負けましたが、この流れはすごく綺麗でした。相手がブロックを作って来ても崩せるような、こういう攻撃が出来るようになって来ているんですよね。そこは認めてあげないといけないと思います。

 2失点はセットプレーでしたが梁さんのFKはもうさすがの一言ですよ。言うならばその前でレネが足を出してしまった方が問題かなと思います。

 そのシーン、カットしようと思ったレネの足に頭から突っ込んで来たように見えますが主審の判定は絶対ですから、そこが勝負のアヤでしたよね。踏み込んでインターセプトから持ちあがるようにすれば良かったでしょうが、そこは後の祭り。

 問題はその後、パスワークがおざなりになり縦に早くなってしまった事です。これは昔からの悪い癖です。今に始まった事ではありません。関さんの頃も、ツトさんの頃も、相馬さんの頃もありました。

 しっかり縦・横・後ろと繋いで喰いつかせて崩して行けば先制点の時のように崩せるのです。自分達のサッカーを、やってきたサッカーを自ら放棄するように見えたのは勝てない事への焦りだったのかもしれません。

 難しい時期ではあります。勝てば言いたい事が言えるのですが、負ければ、それがどんなに正しい事でも非難されるんですよね。

 そういう時にどういう立ち居振る舞いをするのか。節を屈しますか?それとも続けますか?多分、続くのでしょうね。

 どの道、結果によって正当化される所はあるので今のサッカーを続けて結果を出すと言うミッションに取り組む事になるのでしょう。

 「プロだから結果を出して〜」と言うような言い方は好きではありません。自分の仕事に置き換えた時に結果に対してだけでなく、プロセス評価も欲しいのですよ。だからこそチャレンジできる。もし本当に結果だけなら、安全第一の事しかしなくなるものです。

 ところで山瀬の1トップですが見ていて面白いかもと思いました。思った以上に裏も狙ってくれる。ドリブルも出来てパスも出せる。ハイボールの競り合いは厳しいでしょうから足元に入れてやると言う戦い方でしょうね。彼が下がるなら宏矢とポジションチェンジと言う形が良いでしょう。

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、今のフロンターレの状態でこの結果なら想定の範囲内ですし、何よりもボロクソにやられるよりはマシでしょう。映像で見た限りでしか言えないですが、仰るとおりノボリのゴールはいい崩し方でしたが、後半の焦りっぷりはやはりこの試合までの悪い流れがそうさせたかな、という感じですね。

とはいえ今のサッカーを本気で根付かせたいならば、あれはいけませんよね。確かに劣勢の時に縦へ急ぎたがるのは昔からの悪い癖ですが…風間さんになってから、幾度かいい崩し方はこれまでも出来ているわけですからそれに関しては自信を持ってほしいなぁ、とは思います。まあ、昔みたいに点がポンポン入らないもどかしさや不安感がそうさせているかな、とも思います。

そういう面では、もっとゴールを奪える選手がいればもう少し、余裕を持ってやれるんじゃないかな…とは思うんですよね。コバユウよ、ええ加減に本当の意味で覚醒せんかい(切実)!ていうか、パウロやマル(谷尾)などのブレイクを切実に望みたいですよね。

まあ、負けた試合のことをどうこう言うよりは、若手もレギュラーも天皇杯をいいきっかけにして、次回の鹿島戦こそいい試合、そしてスッキリするような勝ちを期待したいですな。
並河悠斗
2012/09/02 21:14
ちょっとヤバイですね。
今年は残留争い覚悟と考えていましたがまさに新潟とは勝ち点8差。新潟・ガンバともに昨日はコケてくれたからいいのもの勝っていたら5差。
どうもここにきて風間サッカーをリスペクトできなくなってきました。勝てる気がしないっす。
次節は元川崎太陽にボコられるのですから川崎を愛する全ての人たちは「覚悟」をしないといけません。
いまからでもFW補強しないですかね・・・
B旗ヲ
2012/09/02 21:19
不可解なレネのスタメン起用からの不甲斐ない敗戦ですので、余計怒り心頭という人が多いかもしれませんねぇ。
それでも、レネが一定のパフォーマンスを見せてくれればまだマシだったかもしれないけど、あの酷さったら無かったなぁ〜と。
前半開始早々の赤嶺にドフリーでヘディングされたときのマークの甘さなんかが象徴的でした。
風間監督はレネのスピード云々と言ってますが、ジェシのパフォーマンスを見ればスピードよりも重要なものがCBにはあるということは明白です。
レネ>ジェシという現状の評価基準が単純にジェシのコンディション不良以外の理由であるならば、その部分に関しては風間さんの采配は支持できませんね。

しかし、その他の、特に哲学について、それを追及していこうという姿勢は変わらず支持します。
ポゼッションサッカーへの好き嫌いは人それぞれだと思うし、かく言うわたしもポゼッションサッカーは好きではないのだけど、それと応援するチームのスタイルに対する評価は全然別な話ですよね。
チームのスタイルが変わったから他のチーム応援するわなんて人、ほとんどいないわけだし。
どうもスタイルの好き嫌いから始まって風間さんのパーソナリティ批判にまで行っちゃってるような意見が増えてきていて、それが残念でなりません。
批判と批難は違うというのに。。。
TAKさんも、なるべく理性的に分析的にブログを書こうとなされているから分かっていただけると思うのですけど、好き嫌いだけでサッカー語るのはもったいないですよねぇ。。。
KK
2012/09/02 21:58
>並河悠斗さん
 こういう時ほど、やって来た事を丁寧にやりなよと思うのですけどね。中々、悪いサイクルから抜け出せてませんね。

>B旗ヲさん
 まだ移籍市場って開いてましたっけ?

>KKさん
 ジェシがフルで行けるならジェシですよね。そこらへんが麻生に行ってる訳でないのでわからんのですが、よっぽど人がいないのかなと。

 嫌いと思った時点で思考停止ですからね。タイトルこそ無いにしても勝ってる事の多い時代しか知らなくてストレス解消にしか思って無いから八つ当たりしてるのかなと思ってます。
 
 フロンターレでポゼッションサッカーは本当に出来ないのかとか、個の能力を活かすサッカーにしたとして、相手が引いて来た時に相手をどう崩すのかとか考える事は色々あるのですけどね。
 
 サッカーを通じて人としての在り方や、仕事について考えるとかも出来るのに視野が狭いなと思ってます。ただそれは気づいてもらうしかありませんけどね。
TAK
2012/09/02 22:30
ボールを持って繋いでる時は相手が引いて守ってる時で相手が前線からプレッシャーをかけて来たら横パスバックパスばかり。攻撃もパスばかりでなくドリブルで仕掛けたりゴール前でフリーの時はミドルシュートを打つなりして臨機応変に出来ないものか。守備もゾーンディフェンスなのかわからない。ゾーンディフェンスで守れればいいが相手をフリーにしてるだけ。マンマークにすれば守れる程守備は良くないが。 スタメンも調子良い選手を起用してるらしいがその基準がイマイチわからない。何故レネがCBでスタメンなのかね。
元川崎市民
2012/09/03 08:24
>元川崎民さん
 意外だと思うでしょうが縦パスも出てるんですよ。
TAK
2012/09/05 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
焦り@ユアテックスタジアム仙台「VS ベガルタ仙台戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる