蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 君らの力はこんなもんか?@等々力陸上競技場「VS ガンバ大阪戦」

<<   作成日時 : 2012/10/21 11:29   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

 久々に試合中にエキサイト、と言うかイライラしてしまいました。と言うのも



 で諦めがついてしまうものではなく、やれば出来るものが出来ていない。決してガンバの出来が抜群に良いとは思えない状況で自滅のような負け方をすると言うのが悔しいのです。

 ポゼッションだのカウンターだのと言う分け方に重要性を感じていませんが、今日はそれ以前でしたね。

 正直な話、残留争いに巻き込まれそうな中、こんな結果しか出せないチームとは思っていません。次の神戸戦、勝たないとヤバいでしょう。

 危機感だけは一体感が持てる方が多いかもしれません。

・観戦のポイント

 試合前からかますびしかった、3バックなのか4バックなのか。理想なの現実なの?

・マッチレポート

 端的に言うと4-3-3で現実路線だったと思います。立ち上がりガンバ側の中盤と最終ラインがスカスカで良いように攻められました。あまりのスカスカぶりに何か意図があるのか?と思ったくらいです。

 佐藤が下がって倉田が入ってから少し下がり目にしたガンバが前線を走らせるようなサッカーにしてきた訳ですが、ここからガンバペースに変わり、左サイドからコンビーネーションでかわされてボックス内からヒールでのバックパスに走りこんだ家長に決められて失点。

 それはウチがやりたい崩し方だよなぁと思ってみてました。

 こちらは左サイドのレナトの突破から崩そうとするのですが、レナトがワンツーでサイドバックとセンターバックの間をすり抜けていくようなプレーがないので縦に突破してクロスなんですよね。

 それも悪くないんですが、ならば前線に高さが欲しいところですしサイドバックがオーバーラップをガンガンしても良いんですよ。ただそれは相馬さんの時とやってる事が変わらないんですが。

 コンビネーションで崩すと言う選択肢が彼にはないなら真ん中に据えて徹底的に突破を狙わせた方がセンターバックは嫌がるんじゃないかと思います。

 そういう意味では矢島の不在は大きいですよ。DFと並走ならスピードで抜くか当たりの強さで弾き飛ばせる選手なんで彼を置いておくだけでプレッシャーのはず。

 なので問題はセンターバックをいかに攻略するかなんですよね。そこが持ちこたえられるなら前線がイケイケでも勝てるのではと思います。

 その攻略に対して足りないのは何か。FWの枚数もそうですが、そこではなく如何に崩すのかです。

 まずはカットインを有効に使う。普通にドリブルでしかけて簡単にゴール前まで行かせてくれるわけがありません。ただカットインした選手がボールを要求しても出し手がボールを出さない事が多かったですよね。

 それは通らないかもなぁと思うシーンもありましたけど、あれだけ出てこないと動くこともしませんやね。

 続いてはセンターバックとサイドバックの間のスペースを有効に使う。

 楠神とケンゴのコンビネーションで取った二点目ですね。外に膨らんだ楠神が使っていた所を上手く使うと。前に比べれば使う意識が出てきましたが、ボックス内に押し込む前にサイドの選手のコンビネーションで使って崩せないかなと思います。
 
 それが非常に良かったのは昨年、すごく良かった時期の山瀬・小宮山のコンビネーションですけど、そういったサイドでのコンビネーションでの崩しが感じられないのは痛いです。

 あとはカウンターのシーンでスルーパスが遅い事ですね。速攻はやり直しがきかないので押し切る必要があるわけですよ。ある意味、もっとタイミングが命。ボールがこちらにある以上、相手はこちらの判断以上に先読みが求められるはずなので相手を混乱させるならゴールに向かうプレーをどんどんすべきと思うんですけどね。

 私としては悠サマと宏矢が藤ヶ谷の正面に蹴って防がれた事よりも、そこらへんの崩し方が試合を通じてよろしくない方が問題かなと考えてます。

 そして守備と言うかゲーム運びといいますか。

 追いつくたびにすぐ失点するのを見るのはいつ以来でしょうかね。何か遥か昔、J2の頃を思い出すような気がします。もはや知らない人も多いんだろうなと思いますが。

 二失点目と三失点目の中盤がスカスカと言うのも泣けてきます。自分から穴をあけるなと言うハーフタイムコメントは何だったのか。 

 攻める事に気を取られてガードがお留守になって高い位置を取ってしまったのか。ゲームの運び方もJ2の頃はこんなんだったかなぁと。

 ベテランは何のためにいるのかって言ったら、経験をチームに還元するためであってこういう状況になったらどう戦うかと言う事をピッチの中で示すべきじゃないの?と思います。

 何で負けたの?と言ったら誰か1人の責任と言うよりもこのチームを取り巻く皆の責任かもなと。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもより早く後援会受付をやってたがこんな試合をしてるようでは後援会に入れなんて言うのもどうなのか。個人的には財布の中身が厳しくカレンダーも買わなかったが。試合は珍しく点が取れたのは良かったが取った点を上回る失点をして負け。前半はガンバの前線からの早いプレッシャーや引いた守備を崩せずレナトのドリブルくらいしか見るとこがなかった。守備はガンバの上手い攻撃にやられ放題。両CBからやられてCBのジェシや実藤が引っ張り出されてPAがスカスカになる。試合を通してフロンターレがやりたい攻撃をガンバがやっていたかな。後半は攻撃が活性化されガンバの守備も緩くなりサイドからバイタルから崩してケンゴと楠神の珍しいヘディングで点を取ったが毎度お馴染みの後半になって稲本がバテバテになり前線と最終ラインが間延びをしてお互いカウンターの打ち合いになった。フロンターレのカウンターは遅すぎ。かつてのケンゴジュニのホットラインを見てるから余計に感じる。中盤でプレッシャーがないからガンバにやられ放題なのはなんとかならないか。稲本しかいないから仕方ないが来年は中盤に潰し屋がいないと本当にヤバいね。フロントもフロンターレで一番高給取りでケガばかりの選手を早く切ってもらいたいね。山越も後半になってオーバーラップをしてたがもっとやらないと。守備もダメなのに。強化部だがスカウトが南米に一ヶ月かけて選手を探すようたがJではまる選手はなかなかいないだろう。今まではテオの紹介で良い選手が来たがフロンターレが探すとなるとなかなか難しいね。
元川崎市民
2012/10/21 12:06
どもです、スコアだけなら善戦ですが…まあ何というか、攻めにしても守りにしてもコンセプトの見えづらい試合ではありましたね。一つ言えることは、肝心な場面で踏ん張れずに失点する「お家芸」だけはいい加減、何とかしてほしいものですよね。昔から何度、同じシーンを見てきていることか…(怒)。

まあこうなった原因は昨日のドイスボランチですな。イナのコンディションが最悪だったうえに、お世辞にもディフェンスの上手くない宏希がいつにも増して足を引っ張っていた印象でした。イナの調子が良ければ幾分かマシだったんでしょうが…両方ともあんな感じだったから、輪をかけて攻守が噛み合わず、中盤が蓮根みたいになっていた、という感じに思えます。イナがあんな感じなら、こんな時こそタニがいれば…と思ってしまいます(泣)。

攻めに関してはまだ発展途上ゆえの苦しみが続いている感じなので仕方がないと思います。ただ仰る通り、もう少し崩すための工夫が欲しかったところですよね。なまじ単独突破の出来るヤジがいないだけに、徹底的にボールを回してガンバのディフェンス陣を走らせ、隙あらば引き剥がすことも、昨日のガンバのディフェンス陣ならそれも出来たかと。まあ、そうしようにもなかなか上手くはいかないものですが。

いよいよ神戸戦は、本当の意味で真価の問われる一戦になりそうですね。私もフロンターレがこんな所でくたばるチームだなんて思っていませんし、選手の力もこんなものとは思いません。勝負は下駄を履くまでわからないですから、最後まで勝利への貪欲な気持ちを我々も持ち続けたいところですよね。
並河悠斗
2012/10/21 13:03
久々にお怒りですな(^_^;

わたしも1トップはレナトがいいと思ってます。
左サイドだと縦を切られると彼の左足の角度が確保できないので。
何より、右サイドで宝の持ち腐れ状態の山瀬を、本来の左サイドに戻してほしい。
小林や楠神がトップに入ったときに有効な崩しができない理由も多少心当たりがあります。
二人とも動き出しが早過ぎると思うんですよ。
早過ぎてパスの出し手との呼吸が合わず、そうこうしている間に敵のマーカーに動きを読まれるという悪循環。
矢島は、いい意味で動かなかったというか我慢していた印象があります。
あと、小林はこのチームのトップとしては、残念ながら不適格だと思いますね。
彼はトラップが下手です。
入団前のケガの影響が残ってるって本人が言ってるくらいですからね。
今のサッカーだと、パスの出し手は小林の足下に速いパスを狙うので、小林は苦手なツータッチ以上のプレーを強いられるわけです。
昨日の藤ヶ谷の正面に当てたやつも、その前のファーストタッチでミスして体勢崩してます。
彼はツータッチ以上すると極端に決定力が落ちてしまうんですよねぇ…。

それにしても、あの負け方は二重の意味でヤバイですね。
一つはホームで醜態を晒したこと。
もう一つは、ガンバに勇気と自信を取り戻させてしまったこと。
傍から見たら未だに降格の危機を脱していないという評価なんですけど、その点選手たちは勝ち点39あるから大丈夫だろうとか思ってたんでしょうかね。
球際のプレーの差とか見てると、多分そうなんだろうなって・・・。
KK
2012/10/21 13:54
お疲れ様でした。
前半15分位まではガンバのシステムに?と思いましたね。 遠藤が高い位置にいたので中盤にポッカリ穴があきそこで得点していれば敗北にはならなかったのかなと。
杉山のポジショニングに私は「喝」です。
3点目は一歩も動けなかった様にも思いましたし身を投げてもセーブして欲しかった。
風間サッカーを逆にやられた感があり本当にダメだこりゃです。 南米の選手を1〜2人連れてきて改善されるのか疑問です。
次節神戸戦ではお礼参り返しをしてやりたいですね。
B旗ヲ
2012/10/21 17:10
風間サッカーでシステムうんぬんを言うのは本質的でないかとは思いますが、今いる人の持ち味を活かすシフトにはした方がいいと感じます。
1トップありきでいったら、スペースを使いたいタイプの多いFWや、守備で潰せる人材が少ないMFといった今の陣容では難しいのかなと。
2トップならレナトも悠も活かせる様な気がします。
それ以上に崩しの連動性が鳴りを潜めていた事が管理人さんのご指摘同感で気になりました。
もっと言えば、一人はずした後の波状攻撃がないのがさらに問題かと思います。全員で攻撃をやりきっていないのがどうしても中途半端な気がしてなりません。その意味でも並河悠斗さんご指摘のタニがいないのは痛いなあと…。
点の取られ方に関して、確かに昔ながらのがっかりする失点の仕方でしたが、最後打ち合いの果ての…という感じでしたので、あれはあれで昔を知る者としてはしょうがないのかなと思ってしまいました(決してそれでいいとは思っていませんが)。点が取れそうで取れなくてまんじりともしない気持ちでいる内に失点という、ちょっと前の閉塞感はなかったかと思います。
ですので、失望はしていませんが、監督、選手共もうひと工夫、もうひと頑張りが必要なのは間違いないですね。

シンスケ
2012/10/22 06:55
>元川崎市民さん
 稲本はレナトにロングパスをぴったり合わせるなどやってましたので切るかどうかわからんでしょう。
 そろそろご自分のブログかなんかで書かれた方が良いですよ。ここは掲示板ではありませんので。

>並河悠斗さん
 矢島ねぇ。怪我ばっかりですよねぇ。ああ言うセンターフォワードで通年の稼働が出来る人が欲しいですよねぇ。せめて小松が直ってくれればと思いますけど。

>KKさん
 ここまで噛み合ってないのも久々だなぁと。ドリブラー揃えて、今までダメだったのになぁとは思います。
もうケツに火がついてもいい頃なので、球際で戦う事を思い出してほしいものです。

>B旗ヲさん
 やっぱりテセですかね。南米よりも。

>シンスケさん
 似たタイプのチームと思っていただけに色々なところが残念でした。J2時代のダメイルカっぷりに涙が出ますね。
 1歩進んで0.9歩くらい下がってくれるんで、やきもきしますが帳尻は合わせてくれと思います。
TAK
2012/10/22 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
君らの力はこんなもんか?@等々力陸上競技場「VS ガンバ大阪戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる