蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS J2最終節

<<   作成日時 : 2012/11/11 20:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 湘南が町田に勝ちきって最後の自動昇格枠に滑り込みました。3度目のJ1ですか。川崎サポ的には高山とか永木と言った川崎ユースの選手、そして松本がいるので良かったなと思っています。

 また関東圏内のアウェイが増えたと言う事で僕自身は観戦できる可能性の試合が増えて、これもまた嬉しいです。

 負けた町田は最下位が確定。

 加えてJFLでV.フォーレン長崎が優勝したので降格も確定。

 聞くと運営の方も含めて色々と急ぎすぎた部分があったようで、そのツケが来年どう出てくるのか心配です。

 そしてプレーオフですが京都VS大分、ジェフVS横浜FCと言う形だそうですね。

 見事に東西に別れましたw。

 個人的にはジェフ推しですが、結局のところ今年も自動昇格できなかったなと。

 昨年、プレーオフ制度についてどうだろうなぁと思ってたのですが、昇格の可能性が残されていると言う一点において利益を受けたと思っています。

 フルメンバー、特に山口・藤田を欠く事なく望めるのは良い事ですし、戦力的に劣る事は全くないので後は勇気とガッツでしょう。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼルビアはJ昇格前から見ていてかれこれ2年になるが昇格するのが早かった気がする。スタジアムの完成が開幕に間に合わずに駒沢で開幕戦ををやり予算の都合でチームの戦力不足に加え戦術が定まらずなかなか勝てずに結局1年でJFLに逆戻り。監督をアルディレスにしたのがそもそもの間違いだが。ただもう1年待って昇格出来る保障もなかったが。今日も雨降る中試合を見たがベルマーレのやりたい放題だ。スピード個人技にもの凄い差がありこれじゃ勝てないと感じた。来年JFLだが優勝して昇格基準を満たさないと昇格出来ないらしく前より条件は厳しくなる。今年完成させなきゃいけないスタジアムも来年が完成というのも問題なのだが。JFLであのスタジアムで試合をやるのはもったいない。スポンサーも予算も観客数も減るだろうし選手もJチームからオファーがある選手は移籍するだろうし。フロントはどうやってチームを立て直すかな。監督はそのままでいいのか。フロンターレ的には相澤がどうなるか薗田は戦力になってないからレンタル延長はないだろうからフロンターレに戻るのか。相手のベルマーレには既にスタメンを張る高山永木がいるがこの二人は2年前より確実にレベルアップしてるな。高山は中盤の左サイドをやり永木は中盤のゲームメーカーに定着して来年フロンターレと対戦する時には苦戦するかもね。松本はベンチ入りも出来ずに苦労してると感じる。またどこかのチームにレンタルに出る可能性はある。
元川崎市民
2012/11/11 21:31
元フロンターレ関係者が多いチームの昇格は嬉しいかぎりなのですが、釈然としない面も。
高山や永木は、きっとウチに昇格させても育てられなかったんだろうなぁって。。。
木村も都倉も、ウチを(完全に)出てから成長してます。
元々素質があったのは現在の彼らの活躍を見れば一目瞭然なので、ユースがダメというわけではないんですよね。
結局、問題はトップということか。。。
もうタイトルなどと分不相応なことは言わず、中長期的な視点で考えて、トップとユースを本質的な意味で繋ぐ努力をしないとダメでしょう。
KK
2012/11/12 19:28
>元川崎市民さん
 町田がどうなるかだなんて向こうに聞いてください。と言うか自分でブログ立ててやったらどうですか。

>KKさん
 正直、いた時期が悪かった部分もあるのではと思ってますし、高校・大学と言うルートも日本にはあるので競争は一層激しいかも。
 浦和の宇賀神や千葉の伊藤大介のようにユースから大学を経て入ってくる選手がいてもいいのかもと思いますけれど。
TAK
2012/11/15 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
J2最終節 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる