蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS クラブワールドカップ

<<   作成日時 : 2012/12/16 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 もう決勝戦しか残ってないのに、この話題かって気もしないではないんですが今年はコリンチャンスに勝ってもらいたいんですよね。

 チェルシー嫌いだから。

 最近チェルシーがマンチェスターユナイテッドよりも嫌いだって事に気づきましてね。それでもゾラやハッセルバインクがいてラニエリが監督の頃はそうでもない事から全てはモウリーニョとアブラモビッチの体制になってからなんだなと。

 そして極め付けはトーレスがいるからでしょうね。理性で抑えないと面と向かって「このユダ野郎」っていいかねないくらい、あの移籍がまだ心の中で許せないでいると言う。

 こう書いて来れば察しが付くとおもいますが私、リバプールファンです。川崎フロンターレサポーター歴より長いと言って過言ではないので05年にこちらがサンパウロによって阻まれたあのクラブワールドカップ優勝をチェルシーにもってかれるくらいならと言う心理はあります。

 加えてダニーロだとかエメルソンだとかファビオ・サントスといった元Jリーガーもいる事からコリンチャンスひいきにはなってしまいますね。

 お互いに決定力に欠ける所があるチームでもしかしたら見どころは少ないかもしれませんが来年は日本じゃないので楽しみたいなと思います。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、私は今回の大会ではモンテレイ推しでございましたが…(爆)。まあ、確かに今のコリンチャンスのメンツは日本でもプレーした面々揃いですよね(あのセルジオ氏もOBだったようですが…)。私は特段、チェルシーが嫌いでは無いですが…今のコリンチャンスには親近感が沸きますよねぇ。

エメの名前を聞いたときに、かつてフロンターレにいたのを思い出しましたが、如何せん所属していたのが短かったので浦和時代のイメージが強いです(苦笑)。まあ、元気そうでなによりでしたよねぇ。あの光景を見てたらジュニも鹿島に行かないで、コリンチャンスあたりに行っていれば嬉しかったなぁ、って思ったのは私だけでしょうか。

それにしても、天皇杯は久々に「やらかし」ちまいましたな…去年の湘南戦よりはマシなんですけどね(汗)。いかにイナの存在が大きいかを再認識した試合でもありましたね。イナが出られないときのボランチがいれば、来シーズンは安泰でしょう。

P.S. もしかしてTAKさん的には、リヴァプールの監督だったベニテスが今のチェルシー監督なのも、チェルシー嫌いに拍車かけてます(不躾ですみません)?
並河悠斗
2012/12/16 16:18
チェルシーはコンディション不良なのか、それともチーム内に問題でもあるのか、とにかく一体感が感じられなかったなぁ〜、と。
こりゃ、ベニテスは長くないですね。
しかし、コリンチャンスを見ていてつくづく思ったのは、ボランチが攻守に機能しているチームは滅多に失点しないってことですね。
特に、あの5番(パウリーニョじゃないほう)が本当に良かった!
地味だけど、あれこそボランチの鏡という感じ。
ああいったタイプの選手がいれば、チーム全体に守備のスイッチが入るんですよね。
大宮戦の前半は、まさしく稲本が守備のスイッチを入れてました。
やはりボランチ補強は絶対に必要ですね。
KK
2012/12/17 00:16
>並河悠斗さん
 ラファが監督なのは嫌いな理由ではないですね。インテルを経てますし、そんなに長くないだろうとも思ってますし。むしろあんな所、良く受けたなと思ってるくらいです。

>KKさん
 チェルシーファンから嫌われてますからねラファは。
そもそもチェルシー自体が衰退期に入ってると思いますので、誰が監督やってもホスピスみたいになるだけでしょう。
TAK
2012/12/18 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラブワールドカップ 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる