蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 結果にこだわる@ニッパツ三ツ沢競技場「VS 横浜Fマリノス戦 ナビスコ杯予選リーグ」

<<   作成日時 : 2013/03/21 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 お客様の引越しを手伝いに行っていたので見に行ってませんが0-1で負けた事については「今のところの実力差」と言う風に思ってます。ただ鳥栖戦のバカ試合よりはいいかなぁとも思っています。

 しかし結果にこだわると言うような事を新体制発表会で言っていたような気がするので、そこらへんを片鱗でも良いからそろそろ見せてくれないでしょうかね。

 言ったからにはやってもらわねば嘘つきになってしまうので、そうでない証拠を見せないといけません。さもなくば気の短いと言うか「意識の高い」一部のサポが怒り出して「魔女狩り」を始めるでしょうから。

 ただ「結果がすべて」と言うお題目は使いやすいんですけど、過程を評価しない結果なんて意味のない事だと思います。

 同じ過程を踏んでも違う結果が出ることがあります。努力しても結果が出ない時もありますし、逆にさほど努力しなくても偶然にいい結果が出ることもありえますよね。正しい過程を経ても、正しい結果が得られるとは限りません。それはサッカーを見ていれば良くわかる事でしょう。

 逆に結果が正しいからと言って、過程が正しいとは必ずしも言えません。正当化する人はたくさんいますけど。

 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
リーグ戦 18位
ナビスコ  6位(Aグループ)
やったぜ、
ナビスコは最下位ではない!
山越
2013/03/21 00:45
ヒロキとサネのCBはまずまずの出来で、危うい場面ゼロではないですが、カウンターへの対処は割としっかりできていて、現状ではベターな布陣だと思いました。
にも関わらず、今度は攻撃が…。
まず、大久保とレナトへのマークがきつくなって来ているのを感じました。スカウティングなしのこちらが相手にはしっかりスカウティングされちゃっているのだから、現状の実力差もあいまって、勝つ確率は低まっている状況なんですが、そこへもって、しっかりタクトをふるわなくちゃいけないボランチが…。宏希は相変わらず前に球を出さずにこねくりまわしているだけで、縦への迫力ゼロでした。正直山本か森谷、どちらかを起用すると思っていたので、余計にがっかりしました。
さらに、後半、相手の足が止まって、勝負どころと思える時間帯にたたみかける攻撃がまったく見られず、最後まで横や後ろでボールをまわしているばかり…。判断力の乏しさも露呈しました。
攻守を一連のものと考えるのが風間スタイルのはずですが、現状は守備を立てれば攻撃が立たず、といった感じで、一連のものになっていない印象です。
TAKさんがおっしゃる様に結果が欲しいですね。ひとつ勝てば自信もつき好転のきっかけもつかめるんじゃないかと思いたいのですが、いまのままの状態が続けば、大久保を始めとした調子の良かった選手にまで影響が及んでしまいそうです。悠はそんな感じになりかけていた印象がありましたし…。
シンスケ
2013/03/21 07:10
どもです、仰る通りですな。勝てば流れは変わるんですよねぇ…ただ、ヒロキとサネのコンビ(イガ、サネでも可)ならば、ある程度は破綻しないということが分かっただけでも収穫なので、時にはFWを動かすような縦パスを仕掛けるなど、攻撃面にもう少し比重をかけて、バランス良くしてほしいですね。

シンスケさんの言うとおり、宏希は何というか…ミスをしないように無難なパスばかり選んでいる感じですね。流れを変えられるだけのパスセンスがあるのに、勿体無いですな。それも含めてケンゴ不在時の戦い方についてはかなり危惧してましたが、案の定そうなってしまったなぁ、と言う感じですね。

もっとも、マリノスは相手をアグレッシブに行かせないディフェンスをしますからねぇ。まんまと引っかかった感もありましたが…思ったより攻撃はマルキーニョス頼みの戦い方ですから、好調は長く続かないかもなぁ、と思いました。

公開練習試合の多摩川クラシコでアジャストしてもらい、真の開幕戦での爆発を期待しましょうか。これから勝ち進むためならば、今の時期は苦しんでもいいと思ってますから…不甲斐ない戦いだけはして欲しくないですよね。
並河悠斗
2013/03/21 19:59
いつ立ち直るのか?いや絶対に巻き返す。レアンドロも絶好調、なんといっても遠藤がいるし!といって結果最後まではまり込んでしまったガンバの負のスパイラルにそっくりの雰囲気です。ACLがないだけ条件はこっちの方がいいのに。

大島の出番はどうなんでしょうか?守備力の偏差値で使えないのかな。ただたとえリスクがあっても風間サッカーの体現には大島を生かすことが欠かせないような気がします。というより大島が使える状況でないなら風間サッカーそのものがJのレベルでは通用しない証だと思います。

救いは大久保がやっているサッカーは楽しいといい続けてること。でも気が短いサポーターが騒ぐ前に甲府戦の結果内容次第でフロントが動く予感がします。
現練馬区民
2013/03/21 21:26
>山越さん
 どんぐりの背比べじゃないですかw

>シンスケさん
 大久保のトップ下ってのがマズいような気がします。コメントを見る限り向こうの守備にハマってパスの出すところ無かったんかなと思いました。

>並河悠斗さん
 ケンゴに対してマルクスとジュニが厳しく指導したように大久保とかが文句言って、リスクを取って縦につけさせるようにしないと彼のためにならないような気がします。

>現練馬区民さん
 大島は体幹の部分の方が問題なのかなと思ってます。つまりは体を作ってるのかなと思っています。
 彼がケンゴと並ばないと実は上手く回らないような気がするのは同感です。
TAK
2013/03/21 21:44
結果は全く気にしてません。
ただ、一つだけ気がかりなことが。
マリノスの中町もコメントしてますが、フロンターレは完全に前後分断状態でした。
守備意識を高め過ぎたDFラインと、今までどおりの攻撃的なスタイルを貫き通そうとした前線の”意識の乖離”のあらわれなのではないか?と危惧してます。
選手コメントを見ていても、ちょっと意識のズレがあるような気がします。

それにしても、守備意識を高めると言ってDFラインを下げたのはいかがなものか?と思えてなりません。
それまでの失点の原因は、ほとんどがDF個人のミスばかりでした。
そこは、今までどおりの攻撃的な姿勢を貫きながら調整・改善していくべきことのはず。
大久保の言葉を借りれば、「何ビビッてんだよ、オマエら!?」って感じでしたね。

追伸

HNを新しいものに変更しました。
KKは2年ちょっと前に閉鎖したときのブログのものでして、今再会したブログではFというHNでやってます。
TAKさんとこのコミュです。
他のところではFでコメント入れてるので、ややこしくなってしまうので統合することにしました。
今後はFとしてよろしくです。
KK改め、F
2013/03/21 21:53
>Fさん
 ラインを下げれば守れるもんでもないんですよね。「守り」に入って安全重視で勝とうとする事に意味を感じていないので勇敢にプレーしてほしいと思ってます。
TAK
2013/03/24 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
結果にこだわる@ニッパツ三ツ沢競技場「VS 横浜Fマリノス戦 ナビスコ杯予選リーグ」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる