蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS フロンターレアナリティクス2013 第3節 アウェイ サガン鳥栖戦

<<   作成日時 : 2013/03/28 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 4節が来る前に3節のデータも見ておきましょう。

 実に対照的です。幾度なく実感してきた「内容の良いチームが勝つとは限らない」と言う典型例のデータ。試合の印象は完全に「やる気あんのかコラ?」でしたからデータに載らないディテールの部分でのミスがどれだけあったのかと言う所かなと思ってます。

 データ見ていて嫌になるのは腹が立つくらいシュートの数字が低すぎる事。

 試合そのものを見ていても感じる事ですが、引かれた相手を崩すためのサッカーに取り組んでいるのにそこが出来ていない。横パス出すのは誰でも出来るので、いかに縦パスをいれるか、引き出すかなんですけど、相手がフットボールではなくファイトしてくるとダメなのはいただけないですね。

 確かに物凄く難しい事だと思いますし、そういう相手にボールを持つことは攻守に渡って下手なミスが命取りになる訳ですし。だからと言ってカウンターと言うか攻守の切り替えの激しいサッカーが良いのかと言うと、それもまた疑問です。

 カウンターは重要な戦術ですけれどもカウンターの応酬のようなノーガードの打ち合いが良いとは決して思いません。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
勝負のパスが出せる憲剛の調子の悪さに、チーム全体が引っ張られちゃってる気もします。
憲剛頼みからの脱却が出来ていないなどと揶揄されてますが、そもそも憲剛が元気な間は憲剛頼みからの脱却など不可能だと思います。
それは、スペシャルな選手を獲得できたチームの性ですからね。
なので、重要なのは憲剛ほどじゃないけど、それなりのクオリティを持った選手を育成することだと思います。
わたしは大島に期待してるんですが、なかなか試合に出ないので何とも…。
ちなみに、昨季はクソミソに言われていた宏希ですが、何気にプレーの質が上がってきているような気がしてます。
意外と言ったらなんですが、モノになりそうな気もしてきました(苦笑)
KK改め、F
2013/03/29 23:19
>Fさん
 バルサですらメッシ依存とか言われてますからね。属人的にならざるを得ない部分は大きいと思います。
 ポスト憲剛をどうするのか、縦パスがつけられる大島が最右翼と私も思いますが、宏希がもっと縦につけられれば良いのにとは思ってました。
TAK
2013/03/29 23:32
バルサで言うと、現在の不調(なのか?)の原因の一つとして、シャビの衰えが挙げられているらしいですよ。
メッシですら、オーガナイザーのシャビが抜ければ機能しなくなる可能性があるという…。
ホント、複雑系の極みみたいなスポーツですよねぇ〜、サッカーは。
KK改め、F
2013/03/29 23:43
>Fさん
 本当に複雑すぎて何に手を付けていいのか分からなくなる時があります。それがまた楽しいのでもありますが。
TAK
2013/03/31 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロンターレアナリティクス2013 第3節 アウェイ サガン鳥栖戦 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる