蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS Daydream believer@ベストアメニティスタジアム「VS サガン鳥栖戦」

<<   作成日時 : 2013/03/16 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 今シーズン初のマルチ。4得点ですか凄いですよね。

 でも負けましたがorz。

 失点するにはやはりそれなりの理由がある訳ですけど、それでも5失点は酷いな。本来なら無念さしか残らないゲームが、それなりに楽しくなったのは選手たちの頑張りではあります。

 1点ビハインドで後半に入るのは良くは無いけど、最悪ではありません。

 ケンゴの調子が良くないと言うか、一番、ボールが集まる彼のボールロストが一番、ピンチを招くと言うアンビバレンツも問題だと思うのですが、後半立ち上がりで2失点した事が一番、試合を難しくしたなと思ってます。

 カウンター対策と言いますがボールホルダーへのプレスによるディレイと、それ以外の選手が超特急で帰ってきてブロックを形成すると言う事がまず第一。

 そこが突破されてしまったとすると、後は全て個人の力で守るしかない場面も出てくるんですよね。

 風間理論だと個人戦術のレベルアップで組織を強くすると言う事だと思うんですよ。監督がプレーしたドイツではZweikampf(ツヴァイカンプフと発音、1対1の事)が重視されていて、極端な話ですがいかなる局面でも1対1で勝てれば試合に負ける訳が無い、これを制する者が試合を制す。そんな事が根底にあると思います。

 なので選手に責任を求めるような発言になるのも、私は納得が行きます。賛成か反対かではありません。

 ミスをしないではなくて、ミスをどうカバーするのかが組織ではないかとも思うのですけども、サッカーに限らず強い組織は強い個人によって形成されるのではないかと思ってます。
 
 もっと言うと強い個人を組織化する事で、強い組織になる。では組織化とは何か。

 チーム内に情報・知識・目的を落とし込み、役割や権限を与えて全うさせる事だと思うんですよ。

 パスサッカーなのかカウンターサッカーなのかは二の次で、そこが解決できなければ誰が監督をやってもこのチームは変わらないでしょう。

 今年のテーマからすると、体と技に対して心(精神力・判断力を含めて)の部分かついてきていないってところだろうと見ています。

 ただ結果が出ないと夢想家のままで終わるぞと言う危惧もあるのですが、おそらく「現実」路線に大きく変える事はありえないと思います。



 

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、これだけは言わせてください。「あんたら、それでもプロかよ」と。意地を見せてくれたことが唯一良かった…としか言いようがありませんよね、今日は。

ケンゴのミスを狙われた場面など、ケアの甘さなどが積み重なってカウンターを狙われて、鳥栖の思い通りにやられた試合でした。言ってしまえば、余計な失点を重ねた後半の立ち上がりなんか論外ですよ(怒)。点をいくら取ろうとも、あんなアンバランスな戦い方を続けたら勝てるわけ無いのはノムケンよろしく、「気の利いた中学生でもわかること」でしょう。今日も思いましたが、去年からどれだけ同じやられ方で失点していることか…もうええ加減何とかせえよ、って感じですねぇ。

次はナビスコを挟みますから、色々試しながら、少しでも改善してくれることを期待したいですね。得点は取れているんです。次の等々力開幕戦を「真の開幕戦」と位置づけて、フロンターレのリスタートを期待しましょう!

P.S. ケンゴ…やっぱり調整が遅れてますな。今の状態で代表に合流するのは不安ですが、何か掴んで戻って来て欲しいですよね。
並河悠斗
2013/03/16 22:10
わたしも監督が個人の責任について言及することには十分納得行ってます。
その代り、監督は個人の自由を最大限尊重してるわけですから。
最終的に上手く行けばオレの言うこと無視してもいいよって、常々言ってますからね。

ところで、わたしが最も気になったのは5失点目。
具体的に言うと、やられ方ではなくシチュエーションが気になったんですよね。
0−4から2−4にまで迫った直後に、あんなに呆気なく失点するかよ!?って…。
あそこは絶対に踏ん張らなきゃダメなところだろう!って…。
じゃ〜、あそこで踏ん張ってたら結果4−4ぐらいになったのか?と言われたら、答えはNOです。
多分、踏ん張っていても3−4ぐらいまでしか行かなかったと思います。
でも、やっぱりあそこは踏ん張らなきゃダメなところですよ。
あまり言いたくはないけど、ジェシがいれば…と思わずにはいられませんでしたねぇ…。
KK
2013/03/17 00:37
こんばんは。ベアスタで見てました。
ここまでシーソーゲームになるとは、後半10分すぎてすぐは思わずでした。
後半ロスタイム5分、すごく長く感じましたf(^^;)


課題の多い初勝利でした。
ドル
2013/03/17 21:25
去年のガンバと同じパターン。
降格候補一番手になってしまいましたね。
山越
2013/03/17 21:35
スタメンを見て、一時0−4になって…。今回経過しか観れていませんので、その状況だけだとがっくりなんですが、追いすがったと取れるのかどうか、今晩スカパーで見てみたいと思います。
最下位で降格もリアルなものになって来ましたが、時間がかかる事と思うので辛抱あるのみです。個々の成長は促されて来ていますし。
ただ、あっけない点の取られ方というのは、昔からのお家芸みたいなものなので、心の部分が劇的に変わらないと難しいのかなと…。KKさんがおっしゃるジェシ待望論はもちろん、森下出しちゃったのが痛いなーとつくづく思います。
それと組織論のお話。もしかしたらTAKさんの言いたい所を誤解しちゃっているのかも知れませんが、相手をスカウティングしない時点で落とし込むものは自分たち自身の考え方を整理・整備する事だけかと思うんですよね。でも、そこがやれているのかというと選手・監督ともども疑問で、本来昨年からスキルを上げる作業はして来たのだから、キャンプの段階でそこは詰めていなきゃいけなかったんじゃないかと。
そういう意味で、選手批判についての考え方は基本同意するんですが、同時に監督自身も整理作業というか落とし込みの拙さを自己批判するコメントがないものかなと…。単に印象の問題なんですが、そういう所があれば、他人事批判も受けずに済むのにって思っちゃいました。
シンスケ
2013/03/18 05:58
>並河悠斗さん
 ちょっとうしろがドイヒーでしたね。リードされてるからって焦って何になるのかなと思いました。

>KKさん
 あまりに淡泊で勘弁してほしかったですよね。あそこで耐えられないなら負けるしかないないなと思いました。仰る通りで多分、勝ち切れなかったでしょうね。

>ドルさん
 等々力では勝ち点3くださいw。

>山越さん
 落ちたら落ちたでしょう。まずはシーズンを戦いきる事です。

>シンスケさん
 確かに他人事に見える発言なんですよね。言い方を考えて行かないといらない批判まで受けることになるのは同じ意見です。
TAK
2013/03/18 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
Daydream believer@ベストアメニティスタジアム「VS サガン鳥栖戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる