蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS クスブリ@日産スタジアム「VS 横浜Fマリノス戦」

<<   作成日時 : 2013/04/13 22:25   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

 試合が終わった後に感じたのは勝たせてあげたかった、せめて引き分けで終わらせてあげたかったなと言う気持ちでした。マリノス相手に押し込まれる事も縦パスが入らない事も想定内でしたからね。

 アフター気味(もろアフターもあったけど)のコンタクトで余計なFKを与えていましたが、それでも球際の部分で、それなりに戦えていたと思います。

 杉山のスーパーセーブもありましたが、もっと大差をつけられると思っていたので2-1なら普通かなと。

 その分だけ前の方に不満でしてロングボールに関してはいなくても変わんないし、ボールを受けた後にシュートまで持ち込めないし相手のCBに脅威を与えられないならFWの意味があるのかと。

 後半から4-4-2に代えて少しは相手のボックス付近でプレーできる時間帯はあったし、悠サマがマークを外したタイミングもあったんですけどね。

 向こうは中澤と栗原と言う代表キャップのある人たちではあるものの、それは言い訳にもならんですし。

 パスミスからリズムを崩しましたし、先制点の起点はパスミスですからね。ただあれは、出し手がそのまま縦を切ればスペースが生まれなかったと思うのもあるんですが。

 ただいずれにしろポゼッションしてもカウンターしてもパスミスしたら話にならんでしょうに。

 最終ラインから縦パスを遮断したいのはわかったので、ダイレクトパスを混ぜて外せる展開が良かったのですが足元になりすぎて捕まるし、そうなってくると良いパスが出ても走ってないから繋がらないんですよね。

 蹴ってしまうのは簡単ですけど、こう競り合いで勝てそうもないなら繋いでも良いと思います。それも徹底的に。今日は繋ぐには選手間の距離が遠すぎました。

 前は繋ぎたいのに、後ろは蹴りたいんだなと言う時間帯がありましたね。

 昨年から風間体制になって、ハナから相手はこちらがパスを繋ぐと踏んで狙ってくるわけです。ずっと対応できない事なんか無いので、こちらのレベルも上げていかなくては勝てる訳がありません。
 
 今日は囲まれても寄せられなければ怖くないのに、プレッシャーを感じてパスミスしたりと自分たちでドツボにハマろうとしているように感じます。

 やっぱり自信は無いんだろうなと思いましたけと、業界用語で言う「クスブリ」に陥っていると感じています。こういう時は押しても引いてもダメなんですよね。

 今のチームを見ていると、何かしらよすがとなるものが必要なんだろうと思っています。勝ってる時はともかく劣勢だと、こうもスタイルが崩れるのはいかがなものなのでしょう。

 監督がそれを用意するのですが、今のところ用意されているものはパスを繋ぐと言う事しかないんですよね。基本的に個人の判断にゆだねられた部分が大きいサッカーと見ています。

 マニュアルみたいなものは存在しないだろうとも思ってます。あったとしても前任よりは書いてあるのは少ないはずと考えます。
 
 それがしっかり整備できる監督の下なら、もっと戦えるのだろうと見ています。関さんはそこらへん上手かったと思いますし、攻撃の部分にアドリブの余地が大きかったからハマると面白かったんでしょうね。

 今のスタイルも体現できたとするなら、相当に楽しいはずなんですけどね。監督が最低限の演出しかしないようにしか見えない分だけ難しいのかも。

 実践に勝る教師は無いから、今のスタイルでどう勝つのかを追求してください。燻ってる時にできるのはそれくらいだと思います。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、まあ負けたと言っても、今のマリノス相手ならこのスコアでの敗戦は想定内かつ、現段階での力の差だと思っていますので、悲観的にはとらえてません。本当に今シーズンのフロンターレにとってのターニングポイントになるのは、むしろ次の仙台戦でしょうね。

ついにコアゾーンを含めてかなりのブーイングが出たと言うことですから…これを機にアンチ風間の面々が勢いづき、等々力の雰囲気がこれまで以上に悪化するであろうと懸念しています。まあ、ここまで来て監督を代えたら代えたで混迷を極めるだけですから、中断期まではギャアギャア騒ぐなよ…と言う感じです。

まあ、あまりにも結果が伴わなすぎるので、気持ちは分からんでもないですが、ああいう雰囲気ではチームや選手にとっても良いことはないので、こういうときこそサポだけでも景気よく行かないといけないのに…と、やるせない気持ちがくすぶってます。

負けが込んでいるせいか、リスクをこれまで以上に冒さなくなった感があります。ただ、失うものが…というよりもスタイルすら定着していないので、こうなった以上は開き直って練習でやってきた事を頑固なまでに貫き通し、そのうえで思い切った選手起用をしてもらいたいものです。

どうせ死ぬならば、前のめりに死んでいただきたいですよね。
並河悠斗
2013/04/13 22:50
わたしは、アンチ的な議論には与しないのですけど、彼らの気持ちも分かるんです。
わたしも、昨季の途中までは結果が出ないのは監督が悪い、監督を代えればなんとかなると思っていたので。
でも、代えてみたら結局こんな感じです。
だから、また代える、当たるまで…。
それは、やっぱり違うだろう、と。

風間さんを招聘すると分かったとき、これはもう後には引けないなと確信しました。
この体制を成功させるしかない。
失敗させたら大変なことになるだろう、って。
サッカー界の横の繋がり云々の話は、2000年の降格直後のサポミで当時のGMから聞いていたのでよく覚えています。
風間さんが失敗するとき、きっとフロンターレは”風間さんを失敗させたクラブ”と揶揄されるのだろうなと思いました。
それがサッカー界の横の繋がりの怖さってやつでしょう。
だから風間体制を支持しました。
3年の時限付きで。
失敗できない道をクラブが選択してしまったのだから、こちらとしては成功するようにサポートするか、もしくは離れるかの二択しかないと思ったので。
なので、わたしはこれからも、残り1年半とちょっとはブレることなく、今の体制を支持します。
でも、仮にクラブが諦めてしまったときは…、わたしはどうすりゃいいんだろう?って。
覚悟を決めてた分だけ、クラブ側から梯子を外されちゃったときは一気に熱も冷めてしまいそうで、それがちょっと怖いです。
それは、J2に降格するよりも怖いことなんですよ、わたし的には…。

2013/04/13 23:15
基本的に保持してても味方の動きが少ないし、止めて出してミスって取られてでリズムも作れず相手への脅威もないから、相手は余裕で対処できるよね
無駄でもいいからもっと走って欲しいけど体力に自信がないのも影響しているかな
db
2013/04/13 23:16
どうでしょう。改善する見込みはないと思いますね。内容的に差がありすぎました。序盤が悪く、先取点をとられるのは、相手に応じた戦術の徹底が図られていないためであり、攻撃において中盤から先のパスがカットされてシュートに持ち込めないのは、現状、風間イズムの失敗だと思いますね。もしかして、日本人に一番向いていない戦術かも知れない。それぐらいこれほど1年経っても成果のでない方法論はないのではないか。十回やって十回負けますよ。そうなるのは、風間本人がどうすれば打開できるかを考えられないからだと思うのですね。あまりにも酷い負けの後で、失点は減ったけど、ポジションを意識するうえに中盤より前目の6人の運動量とフォローが足りないために攻撃の枚数がいつも足りない。これでは、シュートに持ち込めないだけでなく、パスカットからショートカウンターの餌食として、相手が手ぐすね引いて待っている状態ですよね。もう無理です。制度設計が破綻している。選手ももう自分らを信じられなくなっていると思いますよ。そして、そこに有効な言葉を監督は持ち得ていないと思います。
をぢふ
2013/04/13 23:49
監督も選手もパス繋ぐ事と保持率高める事に捕らわれて大事な点を取る事を忘れてる。保持率高いにこした事ないが見てる方からしたらまやかし。相手は先取点取るまで前からプレスかけて先取点取ったら引いて守ってカウンター。もっと積極的にドリブル仕掛けたりミドルシュート打つなりしないとこの厳しい状況は抜け出せない。監督の試合後のコメントも言い訳にもならないし支離滅裂になってるな。選手もどうすればいいわからなくなってる。監督変えろとは言わないが監督から危機感や何か変えないといけないという雰囲気も感じられない。普通に考えたらこのままじゃまずいだろう。
元川崎市民
2013/04/14 02:45
球際に関して、決して悪いとは思わなかったんですが、それ以上にマリノスの方が寄せが早かったですね。読まれやすい構えに自ら陥っちゃっているからというのもあるんですが。
監督やTAKさんのおっしゃる通り、パスミスから崩れているし、そのミスを産まない様にワンタッチでつなぐための選手同士の距離感も今イチで一体感や勝つ可能性は感じられませんでした。。
元々僕はことゲームに関する監督の修正力や采配には期待をしていないので、展開に関しては今の力関係そのままになれば致し方ないと考えていますが、単純にやろうとしているサッカーを試合のハナからやりきろうとしていないのはまずいなーと感じます。
勝てなくて自信を失いがちなのは分かりますが、萎縮してリスクヘッジが先に立ってしまうのは、風間監督のサッカーでもフロンターレのサッカーでもないはずです。昨日あれだけ優しいサポーターが珍しくブーイングしたのも勇気をもって闘おうとする姿勢が感じられなかったからじゃないかと…。僕も少しそんな気持ちになりましたし。
並河悠斗さんもおっしゃっていましたが、いい意味で開き直って、前を向いて欲しいですね。
シンスケ
2013/04/14 08:09
どもです。Fさんのコメントを見て、私もうっすらと思ったことがあったので追記させてください。

風間さんの進退論も出かねない状況となりましたが…仮にここで解任して、別の監督が来ても「焼け石に水」でしかないでしょうね。いつの時代も、監督交代でチームを再建するのは容易じゃないのですが、ただでさえ特殊なサッカーに取り組んでいる最中ですから、今の状況で監督を交代しても短期間…いや、5年を費やしても変えることは困難である、そういうところまで来ていると私は思っています。最悪の場合、2000年にJ2へ降格した時よりも悲惨な状況となり、J1復帰への道もこれまで以上に困難なものとなると思います。

関さんの時代では徹底的に相手を研究して、自分たちの型にはめることが得意でしたし、選手も狙いが明確だったので動きやすく、それで結果が出てたわけです。相馬さんも芳しい結果ではなかったですが、細かい指示で選手もしっかりと動けていたんですよね。だからいざ、風間さんに「自由に動け」と言われてもどう動けばいいのかわからないという「副作用」で苦しんでるんじゃないでしょうかねぇ。だから風間さんが、もっと選手たちに「こうしたらどうか」と導いてあげてもいいんじゃないかな…と思ってしまいます(言ってないわけじゃない、とは思うんですが…)。

ただ、フロントもそれを覚悟の上で風間さんに任せた以上、途中での解任なんか考えずにやらせてほしいですね。選手も開き直って前を向いてほしいです。そういったチームを支えるのは我々でしょうし…これからはより一層、景気よく行かないといけませんよね。長々とすみませんでした(苦笑)。
並河悠斗
2013/04/14 10:18
応援お疲れ様です。
私は休日出勤で行けませんでしたが選手の気持ち・監督の気持ち伝わりましたか?
次節が大きな意味を持つ試合となりますね。
プロは結果なんですよね。結果。
監督解任の話が出たいま、選手が試合終了時にブッ倒れる位、走ってくれる勇姿を見に仙台戦は大いに応援します。 伝家の宝刀、等々力11戦負けなしの「打出の小槌」持って行きます。
B旗ヲ
2013/04/14 18:04
>並河悠斗さん
 失うものは無いのに何故やらんのかと言う気持ちはありますね。ここで退いたら笑われるだけだと思うんですよね。副作用の件は同感です。真面目すぎるんで自由が与えられるとフリーズするんだなと思いました。

>dbさん
 体力が無いのだとすると西本さんの手法に疑問が出ますけれど、単に奪われて無駄に走りたくないだけと考えてます。

>をぢふさん
 先制点について言うと、その前のパスカットの時点で縦に切れなかったのが問題ですね。
 パスを繋ぐのは代表でもやってる話なので、私は否定的にとらえるのは変だと思います。
 解任したとして、その後は誰にやってもらうんですか?
関塚さんはやらないと思いますよ。

>シンスケさん
 元々、修正するより最初からカタにはめたがる人ですからね。せめて散るならやり通して散ればいいのにと思います。

>Fさん
 後には引けない所ですよね。少なくとも生え抜きとOBの首を切ってまでの外部招聘だからなおさら。
 降格はショックでも、サポの痛みはそれだけで生活かからないですもんね。

>B旗ヲさん
 大きな意味が出るでしょうね。伝家の宝刀期待します!!
TAK
2013/04/14 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
クスブリ@日産スタジアム「VS 横浜Fマリノス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる