蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い方が・・・(略)@味の素スタジアム「第21回多摩川クラシコ」

<<   作成日時 : 2013/04/28 01:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 ちゃんとちゃんとの味の素。そんなアホなフレーズが頭に浮かぶくらい残念なクラシコでした。



 レナトとノボリがいないのでストロングポイントの左サイドからの仕掛けがスケールダウンするとは思いましたけれども、ここまでヒドくなるとは思わなかったですけど。

 テクニックが無いとは思わないし、フィジカル面で全く話にならないとは思わないのですがハートの部分でブレーキをかけているように思えてなりません。

 特に後半の前線からのプレスをかけられているシーンなんかはそうで、プレスがキツい方がスペースが出来て、パスが通ればチャンスになる事もあるんですよね。
 
 それなのに動きだしが少ない。誤解を恐れずに言うと無い。特に縦方向に対して。

 加えて追い越していく動きも同様。

 パス自体も、どういう風に崩すのかという意図を持ったものより、何となくで出してるんじゃないかと疑いたくなるくらい高い位置でのパスカットをされてしまっている。

 ビハインドの場面であって自分たちのサッカーをしなければ、やり続けなければいけない場面でそれが出来ない。まあ今に始まった事ではなく、昔もそんなシーンはありました。

 サイドバックにボールが入った時、相手方のプレスのかけ方も凄かったけれど、あそこまで見事にかかってやる必要は無かったし、いつもならなんだかんだで外していったはず。
 
 勝てていない事でビハインドになると諦めるクセがついてしまったのかなと感じました。

 もっともダブルボランチを山本・大島で変える必要があったのか。裕介を左ではなく右で最初から出してヒロキを左へ、そしてセンターをサネとジェシならばどうだったかと言う用兵の検証は必要でしょう。

 私自身としてはストロングポイント足り得る大島のボランチ起用と裕介の右サイドバックは変えないでも・・・と思いましたけどね。
 
 それでも先制されたシーンまでは、あのシーンは確かにポジショニングがズレてヤバいとは思いましたが、それまではしっかり守れていてカウンターも出来ていた。

 あれで点が入っていたらまた違っていたのでしょう。それぐらい今のチームはメンタルに左右される気がしないでもありません。

 心=頭=考え方の部分を変えるのは選手自身の問題でもあるから、こればかりは即効性のあるものは無いでしょうけれど、この試合の位置づけが分かっているならば何をすればいいのか分からないほどダメとは思いたくはないんですけれどね。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
応援お疲れ様でした。
私はSS席から観戦していましたがあの高い場所から見るとなにが悪いのかわかります。TAKさんのおっしゃる通りです。
相手のプレスが早いなと思いましたが川崎の動きがあまりにも悪いのでボールを出すのを迷い寄られて取られるの繰り返し。
それと中盤の稲本は酷かった〜。
川崎のやりたいサッカーって昨日の東京がやったサッカーなんじゃないですか?良くボールを回してエリア付近では入れて出してを繰り返し、持ってる時間も長い。
かなり呆れて悔しくてこんなに早く目が覚めましたよ。監督だけの責任ではなく選手側にも大きな責任があります。
7節が終わり勝ち点6。残留ラインが40と仮定するとこれから最終節までイーブン以上で行かないとヤバイです。
B旗ヲ
2013/04/28 06:21
どもです。何というか、私としては大島を前線に置いた時点で点が取れる気がしませんでしたよ(苦笑)。まあ、大島を生かせるように前線をテコ入れするだけでも変わったと思うんですよねぇ…。

大島を前線に出した分、ボランチからのパスも単調で、東京にことごとくインターセプトされてましたからねぇ。レナトがいない分、個人技による打開よりもパスを回す他ないですが、明らかに縦への動きに乏しかっただけに東京にとっては守りやすかったのは確かでしょう。

まあ先制点を取ることが出来ないと、ああいう試合展開になってしまいますな。ディフェンスはそこまで悪くなかっただけに、反撃らしい反撃が出来ない時点で「論ずるに値しない」でしょう。負けているときこそ「守り」ではなく、あれこれ試しながら攻めていただきたいですよね。戦う気持ちが無かったなんて思いたくもないですが…。

戦術面は昨日に関して言えば単純に、前線の選手のテコ入れするだけでも変わると思いますが…戦術面、メンタル面共に、中断期までは辛抱の連続と言うことをまざまざと感じた試合でした。次回の名古屋戦も厳しい戦いになるでしょうが、攻めきって何かを掴んで欲しいですよね。
並河悠斗
2013/04/28 06:29
敗因を細かく挙げて行ったらキリがないですが、やっぱりTAKさんのおっしゃるメンタルの問題が一番なのかなと感じられましたし、そこが最も残念でした。
フロンターレは元々節目でやらかしちゃうチームではあるんですけど、昨日のはそれまでのそういうのとはまったく性質の違うものでした。
せっかく多摩クラという、いい舞台がお膳立てされているのに、そこでいっちょうやってやろうって気概が微塵も見られなかったのはなぜなのかと…。
ちょっと簡単には好転しないだろうなと、気持ちが折れそうになっています。
5月中は試合が続いて行くので、その間何とかB旗ヲさんおっしゃる残留を見据えられる様に凌いでもらいたいですね。
シンスケ
2013/04/28 12:05
采配(起用法)のミスだと思いました。
大島と山本で安定していたWボランチを動かしたこと。
ジェシの復帰で實藤との(現状考え得るかぎり最高の)CBコンビが組めたのに、それを放棄してまでヒロキをCBで起用したこと。
ヒロキを左SBで起用しておけば、ジェシ、實藤、裕介を動かさずに済んだのに。
ストロングポイントを自ら放棄するかのような采配をしておいて当然のごとく失敗し、それで選手の積極性を問題にするのはちょっと違うんじゃないのか?って、わたしは思いました。
その積極性=メンタルの話になると、どうしても主観的・抽象的にならざるをえません。
選手個々の問題という意見も分かります。
しかし、それなら選手の積極性を引き出せなかった首脳陣の問題とも言えますよ?
極論的になってくると、選手が監督を信頼していないからだという意見も成り立ちます。
そうなったらもう、憶測の飛ばし合いですよ。
現状のようにチームが上手く行ってないときにメンタルの問題にフォーカスするのは、個人的にはやめたほうがいいと思ってます。

2013/04/28 14:59
どもです、追記です。

甲府戦のコメント見ましたが、満開どころか花冷えとは…言い得て妙ですな。いつになったら満開になるやら(泣)。

Fさんも言ってましたが、まあ昨日はメンタル面の問題もあったにせよ、単に起用法のミスの様な気がしてなりません。大島をボランチに固定してこそ前線が活発化するんだなぁ、とつくづく思った次第です。
並河悠斗
2013/04/28 19:16
>B旗ヲさん
 稲本さんはスッテンコロリンが多かったですね。スパイクを間違えたんではないかと。

>並河悠斗さん
 これで次回、大島がボランチで無かったら怒ってしまいそうです。

>Fさん
 そこは大きなポイントですね。後半になって最終ラインをいじるかと思ったのですが、そのままでしたもんね。米本にぶつけたくないのかもしれませんが、それでダメなら上に行けないもんなぁと。
TAK
2013/04/28 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い方が・・・(略)@味の素スタジアム「第21回多摩川クラシコ」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる