蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 根本的な問題@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦ナビスコ杯予選リーグ4日目」

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

 小宮山は出なかったんですね。決して山越が悪いとは思いませんが。

 当初のスタメンを見ると捨て試合かなと思った部分もあり、負ける、しかもボコボコにと言うのではなく引き分けだったのは想定よりも良い結果。

 むしろ清水の方がヤパいんじゃないかと心配になりますけどね。

 評価は分かれるでしょうが、シュートが入らんのは現実です。ただ撃たないと入らんのは事実ですけどね。

 加えて気になるのが球際の話。攻守に渡り強さを感じられない事が多くて、それは結局のところ1対1で勝てないって事だと思うんですよ。繋ぐ事と球際が強い事は両立できるはずですけどね。

 極論を言えば局面の1対1に勝ち続けるなら負ける訳が無いんですし、勝負から逃げ続ける事など出来ません。

 そこの勘違いが大元の原因のように感じます。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
山越は守備は酷かったけど、攻撃ではそれなりに機能してました。
なので、ノボリと山越のポジション逆が正解のような気がします。
ノボリのほうが守備は圧倒的にいいですよ。

あと、球際のところについては本当に心配です。
そこは戦術以前に気持ちの問題だろう、と。
なので、きっかけさえ掴めばガラッと変わる可能性もあるんだけど、そのきっかけが今は…。
いしかわごう氏がツイッターで自分たちの形を崩さない守備の仕方について触れてますが、今年はむしろ前から積極的に奪いにいく守備をキャンプから練習していたはずなんですよね。
大分戦などは攻撃こそ決定力不足に泣いたけど、前から奪いにいく守備には見るべきものがあった。
それが、鳥栖戦を境に昨年までのリトリートしてという形に戻ってしまった、あるいは戻したのか…。
関係者はブレていないと言うけれど、最近の守備のやりかたやロングボールの多用などを見ていると、もしかしてブレ初めてるのでは?と心配になってきたりもします。

2013/04/11 00:43
球際の弱さは本当に何とかして欲しいですね。
加えて、昨日の森谷に代表される様に、前に進む姿勢も弱かったですね。フロンターレと名乗るチームなんですから、そこは頑張ってもらいたいです。
ただ、昨日はTAKさんやFさんがおっしゃる様に、目指す事をやれるスタメン、配置じゃなかったのも確かです。それでも大島や悠などは割と良かった様に思いましたが。
余談ですが、バックスタンドで観ていたら、途中からミノが現れて、すぐ後ろに座りました。今思うと山脈時代の3バックはボール奪取力があったなあとしみじみ…。その頃も失点は多かったので、当時そこまでは思わなかったんですが(笑)。ミノの様なガッツ溢れるプレーが今のチームには欲しいなとつくづく思います。
シンスケ
2013/04/11 07:57
どもです、いやぁ…点が取れませんなぁ。皆さんが言っているので私はそれほど触れませんが、リトリート主体の戦い方になっているというのは、今回出場したメンバーの都合じゃないかと私も思います。その結果、失点は少ないけど点も取れないという、中途半端さの目立った試合になったのでしょう。

球際ですか…まあ、良くも悪くも関さん時代よりはおとなしくなりましたよね。カードと無駄なファールが減ったことはいいことですが、時としてファール覚悟でリスクを冒して取りに行かないといけない場面はこれからもあるはずですから、そこはきちんと線を引かないといけないでしょう。何というか、カウンターからの失点を気にするあまり、攻守全てにおいてリスクを冒さない傾向が今のフロンターレに蔓延っているのではないかと。

そういう意味ではシンスケさんが言うようにミノ、勇介(森の方)、川島のように「ビビるな!」と叱咤する選手がいないというのが辛いですな。ケンゴ、大久保が常時出れるわけじゃないので、こういう時に一声かける選手が欲しいですよねぇ。相馬さんの時から、そこの所が変わってないのも悲しいですな。

ただ、それだけ長年の懸案だったディフェンスに本気で取り組んでいる証拠だと、私は受け止めます。風間さんのやり方からかけ離れているかは別として、引くタイミングとボールを取りに行くタイミングの線引きができるようになれば、自ずと今の状況は解消されるでしょう。次回のマリノス戦で、そのきっかけが掴めるかを期待したいものです。
並河悠斗
2013/04/11 20:06
会社脱出し観戦しました。
私はバックスタンドから見ていましたが今回もドーナツ現象ありましたよ。(痔持ちの座布団とも言う)
一番良いポジショニングをしていたのは主審でしたね。
それと甲府戦でも思いましたがノボリがここ一番の時に軽いんですよね〜
土曜日日産行きますか?私は休日出勤です。
上の順位のチームには強かったなんて言う結果を期待しています。
B旗ヲ
2013/04/11 20:44
球際の争いで勝負しない賢者のサッカーが風間さんの目指すところだと思うのですが、結局肉弾戦の弱さがクローズアップされてしまうんですね。
あとよくわからないことが一つ。
相馬さんのときからだと思いますが、相手のコーナーキックの対応で、全員ペナルティエリア付近に戻って守備しています。全員戻っているので、セカンドボールを拾ってもほとんど速攻が機能していません。たとえばレナト一人残しておけば相手は2枚つくと思うんですよね。クリアボールがたまたまレナトに渡れば何か起きるかもしれないし。
守備でも全員戻っている効果はあまり感じられません。
現練馬区民
2013/04/12 00:10
>Fさん
 それが選手が話し合った結果なんでしょうかね。安易な方向に行った部分もありますよね。

>シンスケさん
 相手を追い込んだ後、誰が取りに行くのかと言う所でしょうね。相手のミスを待っていても解決しない事は多いと思います。

>並河悠斗さん
 キャプテンシーと言うかリーダーシップと言うかボス猿がいなんですよね。

>B旗ヲさん
 イチロ、日産へ(古すぎですね)行ってまいります。

>現練馬区民さん
 カウンターする気が無いんですかね。
TAK
2013/04/12 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
根本的な問題@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦ナビスコ杯予選リーグ4日目」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる