蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 体質改善@等々力陸上競技場「VS アルビレックス新潟戦」

<<   作成日時 : 2013/05/26 23:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 コンペに行っていたので録画で見ました。4勝4敗4分で得失点差0と言う、中々に珍しいスタッツのフロンターレは中断前に貯金が出来るのか。
 
 5月無敗ペースではあるものの勝ったか、引き分けたかで全然、印象は違うしもっと上にいても良いと思うので勝ってほしいゲーム。

 さて前半は互いに決定機をそんなに作れなかったんですね。両チームに疲労の色はありましたけれど、こちらの最終ラインの下がりが早くて、その分だけ下がり目でプレーする田中達也や、上がってきたボランチにスペースを与えてしまった。

 そこから展開するのがアトムのいる左サイドだったので事故に至らなかったかなと思います。これが逆に右に振られていたら福森とレナトの対応でもっとボロが出ていたかもしれません。

 新潟からするとコンパクトにしてプレスをかけ続けているのにフロンターレの守備を破れないので、無駄に足を使ってしまう。しかもこちらがボールを取ると裏を狙ってのボールから、パスを回されるので、やっぱり足を使う。

 90分持つ訳ないので、どこかでペースが少し落ちるだろうと思いましたから前半がスコアレスなのはこちらにとって悪くない展開。

 後半に入ってレナトを使う機会が増えて、彼の突破からゴール前のプレーが増えました。実際に先制点もレナトのシュートを大久保が押し込んでのもの。大久保が触らんでも入ったでしょうけど、クリアされたかもと言う気持ちも拭えないので、あれはあれでアリと思いました。

 ダメな時は押し込めるポイントに人すらいないので、調子の良さが分かります。

 失点シーンですが中盤のパスミスからですが、傍から見ると集中力が切れているように見えます。漫然と出してしまっている。受け手とイメージを共有できていないから引っかけられるんでしょうね。

 あと福森とケンゴのやる事が逆でしたね。相当、怒られたようなのですけど、どうして福森が潰しに行かないのかとは思いました。そこらへんの事を解決していかないと、その上は厳しいかも。

 この日の白眉は2点目。ショートカウンターからケンゴのスルーパスに大久保。

 ジュニ-ケンゴのホットラインを想起させるゴールでしたが、キム・クナンのチャージをガードしながらキーパーをフェイントで外す、大久保△ですね。悠ではまだ難しいかもしれないゴールだし、矢島ではキーパーに当てそうなゴールでした。

 裏を狙う選手が出てきた事や、周りのフォローでレオ・シルバをかわしたりしていてケンゴはこの日、相当サッカーが楽しかったろうと思います。彼が楽しめれば結果として我々も楽しいのね、と思える試合でした。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とりあえず、貯金が一つできて中断を迎えられたのは、ここまでのことを考えたら上々ですよね。
ただ、ここから上に行けるチームかどうかは、微妙ですね。
正直、リーグ優勝できるようなサッカーではないので、賞金圏内にすべりこめれば良いかなって思ってます。
ホームでの強さが復活したし、ここまで勝ち点19取れましたので、まあ降格の心配はだいぶ減ったかな、と。
中断明けの強豪との連戦で互角以上に戦えたら、そのときは大いに期待するとします。

2013/05/27 00:43
5月無敗を通し切れたのは、序盤の不調を払拭し、一つの自信になったという意味で本当に良かったです。
Fさんもおっしゃる様にまだまだ本物の強者というレベルには到っていないかと思いますが、この中断期間をしっかり活かして成長して欲しいですね。
福森もあのミスを除けば、正確なフィードがドリブル突破とは違った攻撃のバリエーションになっていましたし、ポジショニングもまずまずだったかと思います。この様にリョータを始め、若手・中堅で伸びの見られる選手も出て来たので、今のメンバーの成長と、その持つポテンシャルをフルに発揮してくれる事に期待しながら、見守り応援して行きたいなと改めて思いました。
補強があればそれに越した事はないですが、それ以上にケガ人が一人でも多く復帰してくれるのを願います。
シンスケ
2013/05/27 07:54
新潟戦の後半はレナトが突破口になってたけど、いろんな攻め口がみられて久々に楽しかったです。
追いつかれても名古屋戦のようなポジティブな空気がゴール裏にも充満してました。
最近の大久保は風格がありますね。
まさしく縦横無尽、下がって真ん中でタクトを振るう様は川崎のルーニー。
守備も献身的だし。
現練馬区民
2013/05/27 22:07
>皆様
 シーズン開幕当初のどうしようぶりを考えれば上出来ですが、そっから上は7月の上位陣4連戦の出来次第。
 でも皆さん願いは一緒で勝って欲しいでしょう。そこは準備の仕方次第だと思ってます。
TAK
2013/05/29 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
体質改善@等々力陸上競技場「VS アルビレックス新潟戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる