蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS いつものように幕が開き@等々力陸上競技場「VS 名古屋グランパス戦」

<<   作成日時 : 2013/05/03 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 真希のゴールが決まった時にテレビの前で涙が出てきました。勝利の女神は我々を見放さないのだと。

 仕事で帰ってきてヘロヘロで等々力に行けない私。行けなくて悔しいくらいの良い試合をして勝ってほしいと思っておりましたので、追いつかれてて、でも勝ち越したと言う気力をまずは称えたいですね。

 大島とケンゴの位置関係がどうなるかなと思っていたら左サイドに大島、ボランチにケンゴと言う並びでした。大島がサイドに張る時はケンゴがバイタルエリアへ。

 大島が中に絞って来た場合はケンゴがサイドや、下がった位置にいて大島のスペースを潰さない。二人をサポートする形で真希もサイドに開いたり、真ん中から押し上げてミドルと中盤が躍動。

 守備でもケンゴの所で突っかけたり、インターセプトする事でカウンターになり名古屋を押し込みます。

 相手がハイプレスに来ると言う事も無かったので、前節からすると回しやすい展開に見えました。今後はハイプレスの相手に対して、いかにいなすかだろうなと思いました。

 前線はカウンターでの大久保・矢島のドリブルに加えて悠サマが裏を狙う事で、向こうの最終ラインと勝負が出来ました。彼らにボールが入る事でゴールへ向かう動きが出てくるので、前節とは違い躍動感がありました。

 守備も前から追いかけていたし、後ろを向いてボールをもらった相手への潰し方がいい。

 相手のウイングが中に絞ってくるプレーが少なくて、クロス対応は前半に関していうと簡単でしたね。逆にこちらはクロスからの攻撃が良い感じに決まりました。
 
 矢島のバー直撃もそうですが、悠サマのゴールシーンも上背のある相手に勝つようなポジショニングが出来ていました。名古屋相手にクロスで勝負ができるとは思わなんだですわ。

 しかし後半、藤本と玉田が入ってきて本来の名古屋の攻撃パターンが出てきた事でクロスの集中砲火に耐える展開が増えます。しかも時間を追ってクロスを上げられる位置がゴール近づいて行くと言う展開。

 中にいるだけの展開でクロスがケネディに入って、藤本がダイレクト。ケネディがそのまま押し込んでくるケースはあり得るけど、その周りがしかけてくるケースの方が圧倒的に多いはずなんですけどね。

 ここで良かったのは等々力の雰囲気が悪くならなかったように見えた事。

 選手のプレーがそう見せたのか、サポが諦めなかったのか、それは分からないけれど怪我開けのレナト投入もあって劇場の幕が開くような雰囲気が。

 そして数分後に真希のミドルが炸裂。レナトがドリブルでうるさい闘莉王とダニルソンを引き出していたので、視野良好でしたね。

 後半の攻撃としてこちらもサイドを使いましたがサイドからの低いクロスを使用。崩すのも単なる縦への突破ではなく、コンビネーションで崩して引き出してマイナスのクロスで合わせるパターン。

 負けて勝ってが交互に来たので、そこを比較するとドリブルでどれだけ仕掛けられかが重要なファクターなのだろうと感じます。以前、Fさんに指摘いただきましたが。

 特にそれは長い距離ではなく、ごく狭い距離での仕掛けが大事なのかもしれません。短い距離で突っかけて相手が食いついたところをパスでいなしてスペースを突く、これの繰り返しでしょうね。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はボール・ウォッチャーになる場面がほとんどなく、責任感を強く持った選手たちのプレーが久々に見られました。
そんなひたむきさに応援していた人も魅きこまれて、諦めない雰囲気になったのだと現地にいて思いました。
同点にされた瞬間こそ、逢魔が時?って感じでシーンとはなりましたが、そこで今日もダメかってガックリする様な感じにはなりませんでしたし。
名古屋の淡白さにも助けられたとは言え、ジェシが要所を締めてくれるので、バックラインがベタっと下がらずに済み、そこも押し上げをスムーズにした要因かと思います。
等々力では勝つと高らかに応えてくれたケンゴの談話で嬉しさも倍増しました。
シンスケ
2013/05/03 22:48
やっぱり相手のブロックを崩すにはドリブルを挟むことが重要なのだと再確認できました。
レナトが引きつけたから山本のシュートコースが空いたわけです。
今からでも遅くないので、フロントはドリブラーを補強すべきでしょう。
アジア枠の使いどころは、そこですね。

ただ、少し気になったのは後半のカウンターのシーンで、周りのフォローがほとんど無かったことです。
リスク管理した結果なのか、それとも単にバテてたのか…。
それと、GKとCBのところでのパス回しの安定感も、もう少しなんとかしたほうがいいですよね。
憲剛か山本が下がってきて捌くということを徹底すべきでしょうね。
仙台戦で一息ついて、FC東京戦で再びどん底へ突き落され、この試合で再び持ち直したといった感じです。
なので、次が本当に重要ですね。

2013/05/03 23:47
どもです、何度やられたってやり返す…こういう「フロンターレらしさ」の出た試合が見たかったですよね。本当に昨日の試合は選手の「意地」を見れた感じなので「あっぱれ」でしょう。昨日の試合は名古屋のディフェンスの拙さにも助けられましたが、ケンゴが入った分パスがより回りやすくなり、縦への動きも前回よりは増えたようにも思えました。

確かに、あの局面でもレナトのドリブルは効果的でしたな。同時に山本の持ち味を引き出すこともできたわけですからね。それまでもなかなか点が取れずに闘莉王が焦れていたのは映像で見てもわかったので、それを考えたらタイミング的には最高でした。パスでつなぐことが風間サッカーのベースでしょうが、それ以上に今求められている「選手の判断」でああいう攻めがもう少しできるようになれば、もう一皮むけると思うんですがねぇ。

ただ強いて難を言うならば、イナの投入のタイミングですね。あの場面では守るよりも、ダメ押し点を取って名古屋の息の根を止めるべき場面だったと思うので、レナトを入れてもう1点獲りに行かないと…と思いました(もちろん、故障明けということも考慮したのでしょうが…)。ディフェンスはまあ、昨日に関していえばそこそこ守れてた方じゃないでしょうか。さすがに玉田が入ったときは「危ねえ!」と思いましたが(汗)。藤本のゴールも、単にケネディの位置取りがうまかっただけに過ぎなかったわけですしね。

まだまだ七転八倒の状態は続くとは思いますが、これで次回の清水戦が俄然楽しみになってきました。もう負のスパイラルから脱却し始めていると信じたいので…そういう意味でも「じゃあいつ連勝するの、今でしょ!」ですな(爆)。そろそろ、リーグ戦でも連勝といってほしいですね。
並河悠斗
2013/05/04 10:01
>皆様
 昨年から比べても楠神、山瀬、田坂とドリブラーが3人もいなくなっているので、そこを補充すると言うのは大事だと思います。
 名古屋がハイプレスをかけてきたわけでは無い事を考えるとビルドアップの拙い部分を筆頭に改善する所は多いと思いますが、この試合に関しては戦って結果を残したのが大きいと考えています。
TAK
2013/05/05 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつものように幕が開き@等々力陸上競技場「VS 名古屋グランパス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる