蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 等々力奇譚2013「サンフレッチェ広島戦」

<<   作成日時 : 2013/09/16 14:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

 台風がやってくる前に試合が終わってホッとしています。完勝でしたが兜の尾を締めて行きましょうね。

 さてそれでは試合の後のいつものコーナーです。

画像


 この題名ですが森下はいません。

画像


 白バイが来てました。

画像


 ホンダですねぇ。千葉県警もホンダですが全国どこもホンダなんでしょうか。ヤマハやスズキが少数ながらあると聞いたことはありますけれど。

 私はイタリアの警察で採用されていると言う話のドゥカティ派なので、実際はどうでも良い話ですが。

画像


 ホームの試合も今年は残すところ、あと5試合なんですね。

 早いなぁ。是が非でもタイトルをとは言いませんが、せめてワクワクさせる試合を見せ続けて欲しいと考えてます。

画像


 で、2シーズン制反対のダンマク。

 確かにようわからんシステムですわ。

画像


 ライト層の取り込みについてですが、かの層は人に着くと思うのでレギュレーション変更じゃ増える訳がないと思うんですよね。

 これで地上波の視聴率も取れなかったらどうするんでしょう。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、経営改善を大義名分にして、そこまで議論を拙速に行う理由があるんでしょうかねぇ。個人的には、そこまでプロ野球を真似してもしょうがない気がします。実際、プロ野球のCSですら首位同士が戦っての日本シリーズだと私は思っているだけに、この制度は必要か?って思いますもん。

事実、勝ち点トップのチームを優遇するったって、負けたら形骸化するのは何ら変わらないんですよね。実際、柏や浦和はかつてそのルールのせいで年間優勝を逃してますし、ウチもいずれ圧倒的な強さで優勝しても、そうなりかねないですもんね。フロサポとしても「前期・後期の優勝でもタイトルはタイトルだ」とポジりたいですが、そう割り切れるほど簡単な問題じゃないですな…。

というわけで再来年から2シーズン制とJリーグ版CSの正式導入が決まったので、後々どんでん返しが無い限りは現行ルールでフロンターレが優勝できるのは来シーズンが最後のチャンスと言えるでしょう。

サポをやめる気は今のところさらさら無いですが、信平ちゃんの口からこの制度についての正式なコメント(賛成なら賛成で、どこにメリットを感じたか)を聞きたいとは思います。とにかくルールはあまりわからないうえに、Jのお偉いさんのサポに向けての説明が足りないわけですからね…。
並河悠斗
2013/09/18 05:51
2ステージ制は、儲かるならOKです。
儲かるなら、ですが。
儲かると言っても数百万単位じゃ無論ダメ。
営業利益的に目に見えた増収効果があり、それの収入によってユースや設備に投資できるくらいじゃないとダメ。
その上で、0円移籍を撲滅すれば経営はかなり楽になるでしょ。
全部上手く行ったらの話ですけどね。
個人的には、0円移籍を撲滅するほうが先だと思うんですけどね。
0円移籍(不当に安い違約金も)を撲滅するだけで、国内オンリーでもそれなりのマーケットができると思うんだけど…。
海外には高額で放出し、その金で国内から補填選手を獲得する。
このサイクルが出来上がれば、海外からお金を引っ張ってこれるのに。
システムの問題じゃなくて、経営手法の問題なんですよ、結局は。

2013/09/18 22:43
>並河悠斗さん
 信平ちゃんのスタンスは嫌だけどしょうがないです。

>Fさん
 移籍金はしっかり取れるシステムにしないとダメですよね。まずは。
TAK
2013/09/22 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
等々力奇譚2013「サンフレッチェ広島戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる