蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 老獪@名古屋市瑞穂陸上競技場

<<   作成日時 : 2013/09/29 15:07   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月の多摩川クラシコ以来と言うレナト・ケンゴ抜きの試合。あれは最悪の出来だったからなぁ、でも勝ちたいわなぁと思ってました。

 それが何と1-2の勝利。よくぞやってくれたと思います。

 前半から名古屋のハイプレスで押し込まれて、あそこで崩れなかったのが大きいですね。

 サイドでの横パス、バックパスにケアして、あとはケネディへのボールのこぼれ球を拾うと言うのが名古屋戦の守備の基本タスクだと思うのですが、危ないシーンもあったものの良くやれていたと思います。 

 逆にこちらはパスがつながりにくく、押し込まれる中で真希のクリアが前線の大久保に上手く通った事で、彼が持ち込んで劣勢のこちらが先制。

 金曜日のファイフロでヨシトが勇気を持ってボールを預けて欲しいと言っていましたが、さすがはエース。チームが苦しい時にゴールを決めてくれました。

 ヨシト単独では止められていたでしょうが、別の選手がセンターバックをダイアゴナルランで引き寄せてくれたのでコースができましたね。

 後半、向こうのペースが落ちてきたこともあり攻め込む時間も若干、増えましたが依然として守るのが主体の試合。その中で小川がクリアしようとしたところを再奪取して森谷のゴールが生まれたのは良い事で、これで試合が楽になったのは間違いありません。向こうがダレて来た時に、上手く突っかけたと思います。

 夏場で見せたタフさで勝った部分もありますが、この試合はむしろ老獪の方が似合うかもしれませんね。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
憲剛がいなかったことよりも、システムをいじったことによって自分たちのリズムを崩したように見えたんですよねぇ、ぼくは。
いつもの4−2−1−3で、憲剛の”代役”に森谷を当てはめておけばそれなりのクオリティは維持できたと思います。
矢島の復帰もあって2トップを採用したのだろうけど、あの程度のパフォーマンスしかできない選手のためにシステムをいじるってのはさすがに納得できないものがあります。
矢島はレナトの控えとして、彼の最適性ポジションである左WGで起用するのがベストだろうし、そうすれば小林を右WGで起用することもできたのですから。
森谷をもうちょっと信頼してほしかったなぁ、というのが本音です。
今の森谷は十分に戦える選手になりましたよ。
少なくとも、矢島よりかは戦えます。

2013/09/30 23:27
>Fさん
 まあそこはやってみないとわからかった部分もありますので、裏目に出たと言う事でしょう。
TAK
2013/10/06 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
老獪@名古屋市瑞穂陸上競技場 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる