蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS オッサンたちの戦い@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦 ナビスコ準決勝 1stleg」

<<   作成日時 : 2013/09/07 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

 さすが等々力劇場、青と黒のサポーターの叫びは怒涛のごとく相手を飲みこんでいきました。

 とは言え0-2ですよ。7月の試合で圧勝だったのですから、浦和も無策でやってくる訳もなく、むしろウチらの油断がピンチを呼ぶと思ってました。

 スタメンを見ると浦和はボランチに阿部と那須。最終ラインに坪井、山田、森脇。前回のように柏木が何もしない中盤にはならんなと予想できました。

 もう最悪、引き分けでもいいし、焦れた川崎に対してカウンターで点を取れたらなお良し。そんな感じでしょう。

 バイタルエリアとサイドの高い位置で、挟み込むようなディフェンス。足元に入れてくるのを狙って激しい当たりでした。レナトに坪井が、大久保には山田がマンマークでついているように見えました。当然、ケンゴにも那須と阿部が食いついてきてパスが回しにくかったですね。

 なのでプレッシャーで後ろに下げた後、裏へロングボールを入れる事が多くなり、こちらは怖さが出せません。

 また3バックに入ったヒロキのところで少し詰まるんでリズムに乗り切れません。ダラっとした、緊張感の薄い感じで前半は進みロスタイム間近。

 ヒロキのパスミスからケンゴがボールロストした流れだったと思いますが、原口のパスに宇賀神がスルー、興梠が抜け出して先制点献上。

 後半開始早々にもセットプレーのこぼれ球、平川のミドルを興梠がコースを変えて0-2。

 普通なら負けるのを覚悟するんですが、ここからエンジンを上げて行ったら浦和は60分過ぎたら運動量が落ちましたよね。マンマークしていた山田、坪井が相次いで離脱して川崎爆発。

 ウチのターニングポイントは森谷が入って、4バックに戻した事。彼がボールを引き出して、仕掛けて彼が浦和の守備陣の崩壊を加速させたと思います。それぐらい良いパフォーマンス。入ってきた時、潰されて終わりじゃないかと思ったのですが私の目が節穴だったようですorz。

 混戦からレナトの追撃弾。



 そして押しも押されぬ大エース、ヨシトのミトルシュートで追い付いて、
 


 森谷の突破からヨシトが触って逆転。



最後はスルーパスを受けたケンゴが豪快に外して終了でした。

 逆に向こうのターニングポイントは坪井の交代でしょう。これで那須と柏木が一列ずつ下がって、7月の時と同じ感じの布陣になり押し込めたんですね。

 それにしても30過ぎたベテランのパフォーマンスが目立つ試合でした。坪井も、もう年だなと思ったんですが交代するまではさすがのDFでしたし、山田も守備に加えて、二点目につながるコーナーキックの起点は彼でしたね。

 マンマークしなければ、もっと稼働時間を稼げたのではないかとは思います。

 こちら側もヨシトやケンゴ、稲本のパフォーマンスが素晴らしい。ヨシトは点を取る仕事に集中できてキャリアハイの成績を更新し続けていて、ケンゴもトップ下に戻って新たな境地を切り開いたし、稲本はここ数年の低稼働率がウソのようなシーズン。

 若手には、ここらへんのオッサンたちを押さえてのし上がるくらいの野心と努力を見せて欲しいですね。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「ヒロキのところで詰まる」のは、ボクも見ていて同感でしたねぇ。
3バックにするにしても、左が井川で右が實藤のほうがいいと思ったんですよねぇ。
そっちのほうが、井川のビルドアップ能力と實藤の持ち上がり能力の両方が活きるはずだし。
井川は左でボール持ったときに、ちょい半身になりながら相手のタイミングずらしてパス出すのが上手い。
それが、右になっちゃうとなかなか出ない。
井川のビルドアップ能力を封殺してまでヒロキを左で使う理由がね、ボクには分からんかったです。

でも、大久保は毎度のごとくスーパーだったし、森谷も3点目のアシストの動き&アウトサイドのダイレクトパスモスーパーでした。
2回もスーパーなものが見れたので、アウェーゴール2発は忘れることにします。
次勝つつもりで行けばいいんですよ。
間違っても今日の前半みたいに様子見程度で入ったらダメ。

2013/09/08 01:20
>Fさん
 引き分けで良しなんて甘い事を言わないで、次も殴り勝てば良いんですよね。
TAK
2013/09/08 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
オッサンたちの戦い@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦 ナビスコ準決勝 1stleg」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる