蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ハードワーク・ハードデイ@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」

<<   作成日時 : 2013/11/11 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

 川崎サポあるある。

  ゴールレスで試合が推移すると、カウンターやセットプレーでコロっと負ける事を考えてガクブルになる。

押し込んでいればいるほど、特にそう思うわけですよ。

立ち上がりから打ち合いかなと思ったのですが、想定以上にウチが押し込みました。まあ石毛が右サイドバックですから、レナトを止められるとは思いませんけど、それにしても良く押し込んだものです。

 前からくる相手を最終ラインでいなし、危ないボールロストがあまり無かったですね。その分、相手の前線とボランチの間にスペースが出来て、そこで大島や真希が受けて展開できた事により、 2トップに裏を狙わせる動きが増えた事も前節との違いかなと思ういます。

 もっとも矢島は抜けるまでは良かったですが、リターンのパスが繋がらない、と言うか雑なので痛し痒し。

 加えて右サイドのコミがフリーになるケースも多く、そこにサイドチェンジで蹴りこんで揺さぶる事もできました。固められた状態でも中とのパス交換で突破して行く場面もあり、 鹿島戦では全くサイド攻撃が機能しませんでしたが、改善はあったなと思います。

ボランチから後ろは前節から大幅に入れ替わり、真ん中が井川と中澤で大丈夫かと思ったら結果的にラドンチッチを抑え切りました。両サイドバックもウイングに喰らいつき仕事をさせません。

 稲本もジェシもケンゴもいない。こりゃヤバいかもと思ったのですが良く勝ち切りました。完勝とも言えますが、むしろ快勝ですね。

清水も大前の負傷退場もありましたが、ラドンチッチへの楔とウイングの縦への突破が潰されると、打つ手が無いんだなと。ただラドンチッチの近くにもっと清水の選手がいたらどうなっていたでしょうかね。
 
 中盤と最終ラインでパスを回して、入れるときは一発で縦に行く攻撃は非常に効きましたから、どうしてもラドンチッチに長いのを当ててキープしてもらう間に上がってくると言うパターンになってしまうのでしょうね。

 結局のところシュートが6本で枠内はあったか記憶にありません。西部と言うかGKが目立たない試合はいつ以来でしょうか。



 こういう形を練習してるんですね。飛び道具の一つとしてはありですし、色んな崩し方やゴールの迫り方を見たいですね。



 ナイスPKでした。これでまた得点王に一歩近づきました。聞くところによるとジュニを越えてクラブとしてリーグ戦の記録を塗り替えた事になるとか。

 あと3試合で何点、取れるんでしょうね。
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コミが右SBで計算できるようになったのは、来季に向けてもデカイと思いましたねぇ。
これまでは右SBの補強は必須事項だったのですが、コミが右SBをあれだけこなせるのなら補強の優先順位を下げられます。
その分、レナトを完全で獲得する資金やGK、CBの補強に回せますからね。
あと、CBのビルドアップ能力が高いとチーム全体のパフォーマンスが安定するのだということが証明される形になったのもデカイと思いましたね。
本当の意味で攻撃的なスタイルが浸透したんだなぁ〜と、感慨深かったですねぇ。
あとは本当に、最後のピースである足元の技術に優れたGKを補強するだけでしょう。
そこが補強されれば、本当に全てが攻撃的なチームとなりますからね。

2013/11/11 22:18
>Fさん
 まあ西部も悪くないんですけどね。杉山と安藤もいる中でどう整理するのかと言うのがポイントでしょうGKの補強は。
 
TAK
2013/11/11 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハードワーク・ハードデイ@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる