蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 上手さ、強さ、脆さ@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」

<<   作成日時 : 2013/11/24 15:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

 勝ったものの大久保のゴールが決まるまではヒヤヒヤでした。実際の話、1-3ではなく1-5、下手するとそれ以上の点差でもおかしくないくらいのチャンスの数でしたが、ことごとく外してしまうという・・・。

 大久保に得点王を取らす事を意識したのかもしれないけれど、チームが勝つ以上に重要な事があるのだろうかと。後半のカウンターシーンで撃ち切ったらとか、勝負したらとか思います。勝ったから不問なだけであってね。

 向こうの最終ラインとGKのパス回しがぎこちない、連携が取れていないように見えるのでパスミスからチャンスになる機会が本当に多かったんですよ。

 前半の最後の方で取れていれば後半は一方的に行けたのではと思っています。まあ大久保も大久保で外し過ぎの感が否めない試合でしたけれども。

 それでもケンゴのミドルで得たCKからワンチャンスで先制してしまうのがサッカーの妙味。

 相変わらず浦和がボールホルダーに高い位置からでも3人張り付いて、出し所を制限されてバックパスせざるを得なかったり、奪われてしまうシーンもあってプレー位置が低くならざるを得ない時間が長かったですね。

 なのでケンゴと真希を高めにする布陣は裏目に出たように思いますが、前半の中で自分たちでダブルボランチにして修正していたようですね。後半からは監督の指示で完全にダブルボランチだったようですが、機を見てやり方を変えて行けるようになったんだなと。

 最終ラインもナビスコの時と違い井川がいて、GKも西部と言う事で最終ラインで回していても、2シャドーから外に振られて、クロスを入れられても不安は少なかったです。

 流れが変わったと思うのはやはり槙野のオウンゴールで、取られた後に大島のドリブルが躍動しました。浦和が同点に追いついた後、すぐで受けに回った時間で決まってしまったのが大きいのかなと。

 槙野は責めらんないですよ。あのまま通ったら大久保がいましたからね。あえて言うならノボリのクロスを入れさせないようにすべきでした。

 あとはしゃにむにサイドからこじ開けようとする浦和に対して、跳ね返したボールをケンゴが受けてがら空きのど真ん中へ少ないタッチで前線へ届けてカウンターをする川崎と言う構図。

 あえて繋ごうとしない戦い方で割り切ってしまえるピッチ上の判断も昔に比べると、皆でズレが少なくなってきたと思います。

 そして浦和が、と言うかペトロピッチが玉砕覚悟で4バックにした事でスペースが生まれ大チャンス到来。

 稲本のスルーパスを大久保が受けて、かわしてシュートしてゴール。アディショナルタイムで決まった事もそうですが向こうのバンザイアタックの出鼻をくじく良いゴールでした。

 両チームとも攻撃的で、そして脆さもあるチームですが明暗は相手の出方に対して攻め方も守り方も変えられたかどうかでしょうね。もっと言うならどっちがよりクールか。

 型にハメられればミシャのサッカーの破壊力は物凄いですけど、ハマらない時の空回りも凄いですから。逆にウチは見てるこっちがびっくりするくらい選手に解決させようとする事があって、やられる時は無策に映るくらい。

 どっちが良いとも言い切れないのですが、両チームとも相手の良さを潰すだけなのではなくボールを持って能動的に仕掛けると言う姿勢は共通していて、その意志に基づいて戦う選手たちのプレーは格別で、ヒリヒリする緊張感のあった良い試合であったと思います。



 

 

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
風間さんも言及してましたけど、あの程度のプレッシャーをかいくぐれないようではダメですね。
判断の遅さパスの精度の悪さは目も当てられませんでしたが、それを助長したのは受け手の動きの少なさだったと思います。
これは天皇杯から中二日という事情を考慮すべきなのかもしれませんが…。
ただ、走れとは言わないから動けよ、とは言いたいところでしたねぇ。
それにしても、みんながみんな大久保に点を取らせようとし過ぎてカウンターの切れ味が錆びつきまくりだったのはいかんですな。
一度でいいから大久保を囮にすりゃ良かったのに。
それが大久保への警戒を緩ませることに繋がるわけだから。
まあ、そのあたりのところを大分戦では意識してやってほしいですね。
そうすりゃ2、3点くらい楽に取れますよ。

2013/11/24 22:36
>Fさん 
 パスサッカーをするなら、あの程度のプレッシャーでバタつくようならしない方が良いですね。
 大久保だけが怖いではなく、皆が怖いと思わせるといくらでも取れる、そう思います。
TAK
2013/11/27 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
上手さ、強さ、脆さ@埼玉スタジアム2002「VS 浦和レッズ戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる