蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年のまとめ

<<   作成日時 : 2013/12/31 20:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

 激動の2013シーズンお疲れ様でした。まとめ動画はまだ作ってませんが色々とありましたよね。

 4月の多摩川クラシコでは降格を覚悟しました。大分で足元を掬われるのか、最終節にマリノスにやられるのか。どっちも嫌だなと思ってたんですけどね。

 良い方向に外れてくれて何よりでした。

・ベストマッチ

3位:5/3 ホーム 名古屋戦

 劇場復活の日。かえすがえすも230Km走破とか言う仕事を入れるべきではなかったorz。

2位:9/14 ホーム 広島戦

 風間体制で目の上のタンコブ、広島に勝ち切る。これは今シーズンいけるか?と思った試合。

1位:12/7 ホーム 横浜FM戦
 
 マリノスの優勝阻止、ACL出場の目標達成。今年最高のメンバーで最高の試合。

・ベストゴール

3位:7/13 ホーム 浦和戦 真希のゴール

 左サイドバックが右サイド深くでボランチとワンツーしてゴールって言う「風間体制」らしいゴール

2位:8/28 ホーム 大宮戦 ケンゴのゴール

 ヨシトのミドルもすごいのですが、33歳にして新境地を開く一発に一票。

1位:7/6 ホーム 鹿島戦 ヨシトのゴール

 崩しが完璧。こういうゴールを何度も見たいです。

・三賞

MVP:大久保嘉人

 すべて彼のおかげ。日本最高のストライカーは誰か?自信を持って大久保嘉人と言えますよね。

殊勲賞:山本真希

 「異次元の才能、清水の誇り」に偽りなし。今シーズン、稲本が長く出られたのは相棒である彼がいたから。上手いのはもちろん走力と球際で戦えると言う得難い選手。

技能賞:井川祐輔

 レナトはベタなので、この人。アキレス健の負傷から復活後にジェシと組んだコンビは最も安定感がありました。
最終ラインでいかにボールが扱えるか、このポイントの大事さを感じる選手でした。

敢闘賞:登里亨平

 もはや左サイドバックとして定着した人。レナトとのコンビは抜群だし、守備もしつこくなりました。

 あとはクロスの精度がアレなのと、縦に勝負する機会を増やしてくださいくらいですね。

・最後に

 今年もお付き合いいただきありがとうございました。本業が激務になりまして更新が少なくなりましたが等々力に行ける限りは更新を続けるつもりです。2014年も宜しくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、今シーズンもお疲れ様でした。確かに序盤の段階では「いよいよ、年貢の収め時かねぇ」なんて思いましたが…大久保の復活もあいまって、よくぞあそこから持ち直しましたよね。

来シーズンに向けてはパウリーニョの加入以外、なかなか補強の話が出てこない中…ジェシとレナトの残留は何よりの明るい話題ですな。特にレナトに至っては念願のVJ以来の完全移籍移行ですからね。懸案だったボランチの補強に成功したのであとはACLのオーバーターン要員を含めた戦力補強(主にSB、FWを中心に)も含め、今後の補強に期待したいところです。あとはビョンジュンのブレイクや、谷口君と可児君にも期待したいところですが…。

残念ながら今までの先人の例に漏れず、ヒロキの引退に花を添えることはかないませんでしたねぇ…(泣)。ただその分、ケンゴだけでも幸せなエンディングを迎えさせてやりたいですなぁ。

来シーズンは現行ルールの最終年(今のところ)ですから、何とか年間優勝したいですよね。TAKさんも大変お忙しいと思いますが、くれぐれも健康にはご留意下さい。では、来シーズンも宜しくお願い致します!
並河悠斗
2013/12/31 23:05
あけおめです(^^)/

ボクも乗っかって、各賞発表行きます!

・MVP

大久保

ゴールもさることながら、ほとんど全てのプレーがスーパーだった。「うまい」という言葉の意味を改めて教えてもらった感じ。

・殊勲賞

レナト

上位の広島とマリノスに土をつけた試合で、共に印象的なゴールを奪ったので。殊勲の対象になる試合は、おそらくこの2試合だけ。

・敢闘賞

ジェシ

特に復帰後の気迫は凄まじかった。本物が本気になったときの凄味に震えた。

・技能賞

井川

ビルドアップする際の駆け引きに、キラリと光る技術が濃縮されている。ドリブルでの持ち上がり、パスを出す際の駆け引き、体の開き方などなど、実は風間体制で一番技術的に進化している選手だと思う。

・ベストマッチ

最終節 横浜マリノス戦

今までこれほどのカタルシスを感じた試合は無かった!

・ベストゴール

アウェー清水戦の矢島の胸で押し込んだゴール

右サイドの崩し方も見事だったけど、何より驚愕したのがGKの前ではなく”後ろ”を通した憲剛のパス!あんなの初めて見た。

2014/01/02 18:27
>並河悠斗さん
 まさかのデカモリシ加入ですよ。情報統制凄すぎ。

>Fさん
 ケンゴのGKの後ろを通すパス、ありましたね。あれも確かにすごかったです。
TAK
2014/01/05 19:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年のまとめ 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる