蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジルVSクロアチア、スへインVSオランダ雑感

<<   作成日時 : 2014/06/14 09:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 W杯開幕しましたね。サッカーファンにとっちゃお祭りです。時差12時間と言う事で早起きしたり通勤時間だったりしますが、そこを何とかするのが知恵ですよ。

・ブラジルVSクロアチア

 ガチガチに真ん中固めるクロアチアを一枚ずつ剥がしていくブラジルと言う展開。コバチッチ、モドリッチ、ラキティッチがいる中盤でああいう戦い方を選択させるブラジルブランドすげぇなと。

 マンジュキッチがいなくてクロスに誰が合わすのさと言う戦いではジリ貧が目に見えてましたけどね。

 フレッジのPKのシーンは彼のオーバーアクションが非難されるべき。短い瞬間で判断を下さなければならない審判をリプレイと言う「神の視点」から裁くのは好きじゃないなぁ。

 そもそもロブレンって手癖が良くなかった気がするし、あのシーンで手を使う時点でダメかなとも思う。李下に冠を正さずと言う言葉もあるし。

 オスカルのゴールは良いゴールでした。キーパーのタイミングをずらすとあの距離でも入ると言う好例。右足アウトサイドで、あれが狙えるのが世界なのか。

・スペインVSオランダ

 上の試合のネガみたいな試合。スペインにはブラジルほどの爆発力は無く、オランダにはクロアチアと違い前線にクラッキがいたと言う事。

 シャビとシャビアロンソへのタイトマークは当たり前としても、ディエゴ・コスタへのサポートが遅い。スペインってこんなサッカーしてたっけか?と言う感じ。

 中途半端なポゼッションサッカーに見えて、カウンターの餌食になるかもと思ってました。実際、スペインはPK以外で得点してませんしね。

 そのPK自体もディエゴ・コスタが切り返して転んだようにリプレイでは見えました。西村さんが批判されるなら、このPKジャッジも批判されて良いとは思います。

 私は「それもサッカー」なので文句は言わない派です。

 逆にオランダはロングボールを上手く使った良い攻撃でした。5点目なぞはこれぞカウンターアタックと言うシビレる攻撃でしたし、同点ゴールもファン・ペルシーの細かい判断も効いたスーパーゴールでした。ああいうのが決まると心理的には大きいと思います。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Jで言うなら、フロンターレが広島にやられたような感じでしょうか(苦笑)
オランダがスペインから自分たちのサッカーを”取り戻す”ような試合をしてくれることを期待していたのですが、蓋を開けてみたら5バックでガッチガチという…。
94年、オランダ代表に魅せられてサッカーが好きになった自分としては、なんだか切ない感じがしましたねぇ…。
フロンターレも他人事じゃないですよねぇ。
結局、湘南や鳥栖のようなチームには後手を踏む可能性が高いわけだから。
でも、あのスペインは明らかにおかしかったので、あれをもってポゼッションサッカーの敗北とするのは違うだろうとは思うのですが。
ロッベンとペルシーがいてこその、あの極端なカウンターが成立したということもあるわけですしね。

2014/06/14 20:16
>Fさん
 ファンハールが勝負師になってきたなと思いました。そこまでして勝ちたいんだな、この人と思いましたが。
 ああいう戦い方が出来るのも、前線に本物のワールドクラスがいたからであり中盤の構成力で劣ると思えばアリかなと。
 ただクライフは絶対に認めませんよね。
TAK
2014/06/15 05:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラジルVSクロアチア、スへインVSオランダ雑感 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる