蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS これがサッカーと言うものさ@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦」

<<   作成日時 : 2014/08/10 01:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

日本で一番、面白いサッカーを見たいならどのカードか?そう聞かれたら僕は川崎VS浦和だと答えるでしょう。

攻撃サッカーと言う哲学の下、上位を争う両チーム。

しかし両チームのアプローチは異なる。ロジックを積み重ねて構築された、有る意味でシステマチックな浦和に対して、個人の閃きの融合を組織として成立させようとする川崎。

目指す頂に立てるのは1人。違うアプローチで目指す両者、今、優れているのはどちらなのか。

・観戦ポイント

4バックで守ると浦和のウイングバックにサイドハーフが押し込まれるであろう川崎の打ち手。

・マッチレポート

 まずはその布陣。

 
画像


ここに来て3バック投入の川崎。

 しかも左のストッパーが小宮山で、右のウイングバックが森谷と言う風間理論全開の布陣。

森谷の踏ん張りしだいと実藤がスライドする事で右で攻撃を受け止め、レナト、ノボリ、小宮山で分厚く左サイドから攻めるんでしょう。

どうなるのかと思ったら、開始早々に跳ね返したボールを梅崎がボレーしていきなりの失点。

嫌な展開でしたが、狙い通りの展開か左からの崩して、電光石火の同点劇。これでイーブン。



 ただ、その後は浦和にボールを持たれる展開。

 中盤の無いような浦和の布陣に着いていって跳ね返しても、セカンドボールは拾えないし、後方からのロングフィードを収められる選手もいないので中盤を作れずペースが奪えません。

浦和の1トップ2シャドーがきっちらプレッシャーをかけてくるのでやりにくい事、この上なしでした。

 それでも良く凌いだと思います。

 このレベルの戦いでピンチがゼロって訳には行かないので、危ないシーンが皆無って訳には行きませんが、実際にキーパーのスーパーセーブに助けられたのって後半のヘディングシュートくらいじゃないですか?

 浦和が関口、李を投入して押し込んできますが、いつか決壊するって恐れも僕は感じませんでした。ただこちらの得点の匂いもあまり無かったですね。

相手の良いところを消そうとして、逆に自分たちの形を崩したように見えたのです。最近では珍しく守備的な感じのするフロンターレでしたね。いつもなら相手がどこでも「崩し切る」美学に殉じる感じなんですが。

死んだふりのまま、試合が終わるのも良いけど前回対戦で負けている以上、タイトルを本気で取るなら勝たなければなりませんが、その瞬間はやって来ました。

レナトがドリブルで突破。一度、後ろから走って来た憲剛に落とします。その瞬間、悠サマがダイアゴナルランで相手DFを引っ張り出した所で、右サイドに流れていたヨシトへ。

コースを狙ってミドルシュートを打ち込んで逆転!



 サッカーには、これがあるんですよ。これがあるから面白いんだって言えます。

それくらい痺れるようなゴールでした。

逆転してからは割と繋がり出しましたが、2-1で終了。浦和は最後、西川まで上がって来ましたが同点ならず。
 
 川崎としては交代が稲本、裕介、ジェシと言う交代で、本当の意味での守備固めはジェシですが攻めきると言うよりも「凌いで来いや」と言うメッセージに取れますよね。

・所見

浦和との勝ち点差を1まで縮めました。3位は変わりませんが、優勝するにはどうしても欲しい一勝を手にしたと言えるでしょう。

 確かにロジックでは浦和の方が上でした。大半の場面で川崎は押されていましたし、有効的な打開策は見いだせなかったです。これは間違いありません。
 
 でも勝ったのは川崎です。ではロジックは何のためにあるのでしょう?

 そうこの場合は点を取るためですね。しかしロジックを遂行するのは人間である選手なので、そこが不確定要素となります。

 そして、その不確定要素こそが手垢の着いた言い方をすれば「筋書きの無いドラマ」を生み、心を動かされるような瞬間を生むのでしょう。 

画像
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
浦和は選手交代をミスった感がありますよねぇ。
関口よりも関根のほうが絶対に嫌だった。

しかし、コミをCBとして起用する風間さんも凄いけど、多少戸惑いながらもこなしてしまうコミのポテンシャルも改めて凄いなぁ〜と感心しましたねぇ。
以前、コミの右SB起用に対してギャースカ言ってた輩がいたじゃないですか?
そういう人たちは右SBだけじゃなく左CBすらそつなくこなし嬉々としてプレーしている今のコミの姿を見てどう思うんだろ?(意地悪)
多分、コミはボランチもやれと言われたらできますよ。
SB→ボランチはメジャーな転向ケースですからね。
コミの革命は、今が真っ盛りと言った感じだと思いますね。
本当に、日々誰かの成長が確認できる素晴らしいチームになりましたよ。

2014/08/10 19:42
>Fさん
 関口があまり戻りませんでしたからね。逆にそこを突かれた感じの浦和でした。
 コミが復活と言うよりも変身と言う感じになっているのでファンとしては楽しみな限りです。こういうチームが勝つべきだと思っています。
TAK
2014/08/10 20:07
コミがCBやらされて幸せかどうかなんてお前にわかるのか?勝手に邪推すんなよボケが!
稲本なんてCBやらされてから、お祓い箱寸前じゃねえか。信者はこれだからあきれるわw
アンチ
2014/08/10 21:07
>アンチさんへ

どこであれ、使われることが一番重要でしょ?プロなんだから。
幸せか否かなんて、わたしは一言も語ってませんが?
稲本がお払い箱寸前だなんて、それこそあなたなんかに分かるのですか?
それを邪推と言うのではありませんか?

TAKさんへ。
このコメントはわたしへのバッシングですので、不躾ながらわたしが返答させていただきました。
もし、これ以上TAKさんのコメント欄が荒らされるようなら、わたしのコメントごと削除していただいて構いません。
お騒がせしてしまって、まことに申し訳ないです。

2014/08/10 22:23
どもです、大変ご無沙汰してます。本業多忙につき試合をろくに見れておりませんが、変わらずにTAKさんの戦評は楽しく見させてもらってます。勿論、試合の映像も断片的にですが見てますが(苦笑)。

いよいよフロンターレに風間イズムが浸透し、辛抱を重ねてようやく実を結びはじめてますな。前節負けたときはどうなるか、と思いましたが…それでもここへ来て動じずに自分たちのサッカーを貫けるようになったなぁ、という感があります。いきなしCBを任されても動じなかったコミを見たら尚更、そう思えますね。

鳥栖の試合がまだ終わってないので安心は出来ませんが、ここで勝ちきったのは大きいでしょう。次のセレッソ戦に勝って、本格的に優勝争いに名乗りをあげたいですね。

さて、Fさんにだいぶ失礼なことをぬかした人がいるみたいなので助太刀を。もし不適切なら削除していただいて構いません。

>アンチさん

風間サッカーに対して、必ずしも肯定的な見方をする人だけじゃないのは重々承知してますし、これまでの経緯を私も知ってますから、色々な意見があるのは仕方がないと思います。ただそれを加味してもその発言は無いでしょ。失礼極まりないですよ。

稲本が構想外だっていつ風間さんは言いましたかね?だったらすでにベンチ外でもおかしくないはずです。確たる根拠もなしにそういう発言するのは慎んだ方がいいですよ。あなたの立場が悪くなるだけです。
並河悠斗
2014/08/10 23:17
>アンチさん
 貴重なご意見をありがとうございます。稲本がセンターバックをしているのは今季から自信も納得済でやってるとインタビュー等で聞きますので、ご指摘は当たらないかと思います。

>Fさん
 お気になさらずに。

>並河悠斗さん
 本業、ご多忙との事。商売繁盛何よりです。トップと1差ですからね。カンパリましょう。
TAK
2014/08/14 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
これがサッカーと言うものさ@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる