蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 追い込みきれなくて@等々力陸上競技場『VS 浦和レッズ戦』

<<   作成日時 : 2015/04/12 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奪首ならず。

勝てたと思う分だけ、悔しいです、

前半終了間際にパス交換からレナトに渡って、それを外したシーンでB旗ヲさんが、あれが後で効くんじゃないかって仰ってましたが、本当にそういう展開でした。

立ち上がりは武岡、角田、谷口の3バックで右がエウシーニョ、左が車屋。

ダブルボランチが大島くんとケンゴで森谷とレナト、ヨシトの前線で入りました。

15分あたりからペースを握ると左サイドの高い位置から仕掛ける流れで押し込み続けて、マイナスのクロスを森谷が合わせて先制。

何だかんだで左サイドからトータルで4回はチャンスがあって、1つは決めましたけどね。冒頭のレナトのシーンって、割とフリーだったように見えましたからね。

決める所は決めないと、ホントにあかんです。チャンスはまた回ってくる保証はないんだもの。

さて後半、4-4-2にして入りまして一進一退。良いインターセプトが見られましたが、手数をかけされてしまいました。

そんなに怖いシーンって作れなかったと思います。首位、ましてや相手は浦和なので押し込み切れなかったなと。

カウンターでもっと脅かす事が出来れば、凄く戦い易かったと思いますよ。

浦和がカードを切って、武藤、梅崎が入ってきてフレッシュな事もあるでしょうがボランチ、およびバックパスをとても狙われました。

あそこでどうしたらいいのか、ピッチ上で解決できなかったのが痛いですね。

最後の方はそれでリズムが悪くなってましたから。真ん中を崩されて、あーあ、って展開ではなくセットプレー以外にチャンスを与えなかったとも言える分だけ残念です。

いい試合だったと思いますが、本当に辿りつきたい所があるならば、これは勝つべき試合でした。返す返すも残念です。、

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
追い込みきれなくて@等々力陸上競技場『VS 浦和レッズ戦』 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる