蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 殴り勝つ@ユアテックスタジアム仙台「ベガルタ仙台戦」

<<   作成日時 : 2015/04/19 02:17   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 どつき合いに巻き込んでペースをこちらに引き込んだ試合でした。前半終了時点で2−3になると予想した人は少なかったんじゃないですかね。

 再三再四のロングカウンター、球際の競り合いで相手を上回れない、そしてクリアボールがウィルソンに当たって先制ゴールを許す。

 ロクな事がありませんでした。まあケンゴをアンカーにする事でポゼッションは上がるけど、前の方でのチャンスメイクがイマイチになるし、後ろの3人の守備負担が激しい気がするんですけどね。

 展開力+守備力も備えたボランチがそんなに簡単に出てくるわけも無ければ、他チームから引き抜けるほどのクラブでもないので、さりあえずの最適解なのでしょう監督の中では。

 と書いてて谷口を前で使う発想(すでに実戦でやってるにも関わらず)が頭の中から消えてました。国内と言うかアジアでも技術レベルは高いチームになったと思うので、もう少し球際で戦える選手を入れても良いじゃないと思うのは僕だけでしょうか。

 またユアスタは元々、リーグ戦で勝った事ないんですよね。

 個人的には2004年8月のロスタイムで2点差を追いつかれてのドローの印象が強くて、またですか?って感じ。

 その時に2点決めやがったのが佐藤寿人な訳ですが。

 潮目が変わったのが船山を入れての2トップ化。真ん中での起点が増えて仙台がワタワタし始めて満を持して小林悠復活ゴール。狭いスペースで受けてシュートまで持って行けるこういう選手がいると守ってて油断できないと思うのですよ。

 あとはレナトがキレててようやくシュートが決まり、ロスタイム付近で井川が投入されてマンマークで彼が着いてしのぎ切ったのは大きいかな。カウンターで走らされていた部分もありフレッシュで人にも強い井川が入ってくれて守備陣は助かったと思います。

 前節、勝ち切れなかった分、ここで負ける訳には行かなかったので、よくぞ勝ってくれました。

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
殴り勝つ@ユアテックスタジアム仙台「ベガルタ仙台戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる