蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 最適解とは何か@万博記念競技場「VS ガンバ大阪戦」

<<   作成日時 : 2015/05/16 21:16   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 「らしすぎる」失点の仕方をして、「らしくないやり方」で追いつきました。勝てはしなかったけど引き分け。今のチームなら、それもよかろうと言う結果ですね。

 ガンバの戦い方を見ていて、その昔に清水にどうしても勝てなかった頃のトラウマがよみがえっていました。守り方が似てるのなと。まあ監督一緒ですけど。

 ボール保持率こそ高いものの、縦にボールが入らないし、そもそも受ける奴がいない。受けるスペースも無かった。しかも仕掛けても食いついてこないから崩れないんですよね。

 ケンゴの位置が下がったのはボールを縦に入れて崩すよりもポゼッションしておくと言う後ろ向きな理由に見えましたけどね。ゲームメーカーとチャンスメーカーも一級品がひとりしかいない現実がそこにはあります。

 嫌になるくらいカウンターを受けましたがシュート15本で1点しかとられなかったのは僥倖。

 失点のシーンはなぜ宇佐美があんなにドフリーなのかと言うね、ラインが絞っててもあれは無いかなぁ。
 
 あれだけあって決められなかったら宇佐美がミスっただけ。相変わらず緩いのも確か。

 後半になって宇佐美が足を攣った時点で、引き分けに持ち込める可能性が少しだけ出てきました。ACLの影響もありガンバの守備にズレが出てきたのでしょうね。あれだけ待てたのが止まれなくなってきました。

 おかげでレナトやエウソンが仕掛けられたし、逆にカウンターが出来るようなりました。

 得点シーンもレナトが仕掛けての跳ね返ったボールなんですよね。それを車屋がクロスを入れて。まさかのケンユの頭で同点ゴール。

 去年のホーム仙台戦のデカモリシ同様に高さが効きました。最期の詰めの部分でクロスと言う選択肢があると違いますよね。悠サマのヘディングを見ていて思うのはバネもそうだけどポジショニングだと思うのでヘディングって。

 決めた奴がデカいだけなのであって、矢印を外すのと合わせるのは技術だろ?と思います。

 決められるのであれば何も足元に拘る必要ないじゃんってのが次節に向けてのかな。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最適解とは何か@万博記念競技場「VS ガンバ大阪戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる