蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 見えない力@等々力陸上競技場「VS 松本山雅FC戦」

<<   作成日時 : 2015/06/22 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あれだけ派手なイベントをうって負けたら恥ずかしい。でも相手の指揮官が反町康治と言う事で油断できない。ちょっとジレンマのあるカードでしたが結果的に2-0と言うスコアでした。

 完勝と言っていいスコアですがもう少し獲れましたよね。体裁は整えましたって感じ。

 松本山雅FC、我々のサッカーとは別の解釈で戦う部分もあってどちらの土俵に引きずり出すか特に重要です。

 とは言え3-6-1でオビナに入るボールを3-4-3の川崎が井川と谷口の対応で潰して、両ストッパーの武岡と車屋がビルドアップに参加します。主導権はまあ川崎で握りました。

 山雅も前田のシュートがバーに当たるとか、飯尾のシュートが味方に当たるとか、オビナはシュートを打ち切れないとかありましたけれど、それらの一つでも決まっていればどうなっていたか分かりません。

 後ろに楽させる意味でもあの手のシーンは決めなければいけない物ばかり。今季、奮闘しているものの思うように勝ち点がついてこないのは反町監督からすればもどかしいでしょうね。

 我々の方はケンゴ(後半途中から出場)、大島、悠と言った主力が不在の中で他のメンバーが結果を出しました。

 得点自体はレナトであったりエウソンでしたし、下位相手と言う事もありましたが力が少しずつ着いているのでしょうかね。

 次節の鹿島戦で今節のように武岡のオーバーラップ絡めた船山のクロスからレナトのヘディングとか、車屋のクロスがPKを誘うと言った感じで両ストッパーの攻撃参加が効果的に出せるかと言うと試金石でしょうね。

 見えない力を見える化したら、次はそれをテンプレのようにしないと行けないと思います。2NDステージを見据えて形になればいいのですが。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見えない力@等々力陸上競技場「VS 松本山雅FC戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる