蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 孝行息子帰る@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」

<<   作成日時 : 2015/07/25 22:08   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 テセが戻ってくる。しかも敵で、何より怖いのはあの人がゴリゴリやって来た時に止められるようなイカツイDFがウチには足りてないと言う事。

 これにピーター・ウタカが加わって大前がいて、スゲー怖いわーと試合前、思ってました。

 パス交換からあっさりヨシトが先制してホッとしたのもつかの間で、クロスからあっさりピーター・ウタカに決められる。

 確かに小宮山がもう少し絞っても良かったなとは思います、がフロンターレに限らずサイドバックが絞りきる前にダイアゴナルに抜けて来られて失点と言うのは他のチームでもゼロでは無いですね。

 ただ今までは左サイドより右サイドで多かったでけどね、ウチは。

 大島の調子も悪くてイマイチ、リズムに乗りきれない中、コーナーキックからピーター・ウタカ。

 またかよorz。

 後半、森谷に変えて船山が入り、田坂が下がり目。清水の足が止まったんだかテセとピーター・ウタカへのフォローが無くて、孤立。これなら行けるかもと思っていたらばFKで田坂ヘッドのこぼれ球を武岡が押し込んで同点。

 押せ押せムードなのに船山が再三再四、良く外す。

 あんなに良いパスを出せるのに、どうしてゴールにパス出来ないんだ君は。

 頼みのエウソンも外すし、フラストレーションはたまるばかり。

 しかしケンゴのスルーパスを受けた田坂が持ち上がり、クロス。船山がスルーして大外から走り込んだヨシトが2点目。そんでもって逆転。

 久し振りのいいカウンターアタック。

 船山のスルーは結果オーライだけど、次節はアルウィンで決めてください。そこで決まらなかったら私は知りません。あとはもう今シーズンノーゴールを覚悟するくらいのつもりです。

 それにしても田坂ですよ。合流当初は身体が重そうでしたけど、ポゼッション・ドリブル・チャンスメイクに活躍してましたねー。

 本当、孝行息子ですよ。あと2名ほどの同期はもう帰ってこないでしょうから君だけが頼り。

 かつてケンゴが田坂がしっかりやれば自分はあまりやる事がないくらいと言ってましたが、ケンゴ-大島に加えて田坂が入って生え抜きのトライアングルでパスが回せれば、ブラジル人獲得まである程度は戦えるのではないかと思っています。

 本当、帰ってきてくれてありがとう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
孝行息子帰る@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる