蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 攻守のバランス@等々力陸上競技場「VS 東京ヴェルディ」

<<   作成日時 : 2008/03/09 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 さて2008シーズンも開幕しました。我らのフロンターレはタイトル奪取を目指すため強力3トップがどう相手を蹂躙するのかワクワクする反面、攻撃に力を入れすぎて守備がおろそかになるような不安もやはりあると言うそういう心境ではあります。

 
画像


 今日の相手は東京ヴェルディ。J2昇格組とは言え油断をしてはいけないのは僕等が歩んだ歴史が、それを証明していますからね。

・試合のポイント

 強力3トップがクローズアップされていますがチーム全体のバランスはどれくらい取れているのかが気になるところ。特に攻守の切り替えの速さでしょうか。

 またヴェルディがある程度、守備を固めてくるだろうと言うのは想像するに難くないのでそういう相手をどう崩すのかですね。

・試合の展開

 フロンターレの布陣はGKに川島、3バックは井川、周平、ヒロキで両翼は右に勇介、左に山岸。ダブルボランチがタニとケンゴで3トップはジュニ、フッキ、テセでした。

 対するヴェルディはGKに土肥。最終ラインは和田、土屋、那須、服部。ダブルボランチに福西と富澤、トップ下にディエゴが入って両翼は広山と飯尾。そして1トップにレアンドロ。

 ヴェルディの布陣を見ていて気になるのがダブルボランチでして、守備がウリの選手が入っている所を見ると何としてもバイタルエリアを使わせたくないと言う事でしょうね。彼らのプレスをかいくぐってケンゴがどれくらいゲームメイクが出来るのかは気になります。

 ヴェルディの攻撃は激しいプレスでボールを奪うとサイドにボールを振って攻撃を仕掛けてきます。これによりフロンターレの両翼は下がり目にならざるを得ません。逆にフロンターレがボールを奪ってサイドを使おうと思うと一旦、中に預けて上がって行く訳ですが中には福西と富澤がいる訳で、しつこい守備でフロンターレ「らしい」サイドを使った展開を中々させてもらえなかったなと感じています。

 また全体に前線からの守備をしている間にDFが低めにラインを形成し裏のスペースを消した事もあり速い展開に持ち込む事も叶いませんでしたね。

 次第にフロンターレはロングボールが多くなって来たのですが、今日の得点はロングボールから生まれた訳でして最終ラインからのボールを勇介が切れ込みシュート。一旦は弾かれるも再度、押し込みました。強力3トップがクローズアップされがちですが、このチームの本当の怖さは実はどの選手でも点が取れる事だったりします。

 とは言えロングボールの多くは土屋や那須に弾き返されて楔としてはあまり機能してなかったですね。サイドの裏を狙っても土屋がタッチの差で追いついてカットされてしまいますし、こぼれたボールも拾えなかったですので非常に攻め手が限定されてしまった試合でした。

 後半の最後の方はヴェルディペースの時間が多くて最終的にPKで追いつかれてしまいました。とは言え決してノーチャンスだった訳ではなくテセやフッキ、ジュニには決定的なチャンスがありましたので、そこを抑えきったヴェルディ守備陣の奮闘は称えても良いでしょう。

・総括

 ます気になったのが前がかりになり過ぎなのか、ラインが間延びしてクリアボールをバイタルエリアで拾われてカウンターされたとか、走りこんできた選手とポジションがかぶったとかで攻撃にしろ守備にしろバランスが崩れていたのかなと感じるシーンがありました。

 また展開力の面ではボールを引き出せる選手が欲しいかなと、昨季はマギヌンがいましたが今季の場合だとジュニは元々ですが、フッキも足元で欲しがるなぁと。そこは山岸が一番、得意な分野でと思いますが今日はあまり使ってもらえなかったですしね。

 出場した新加入選手についてコメントすると、フッキはやっぱり凄いけれど、もっと周りを使ってもいいじゃんと思うシーンもありました。ただあの強引さがまた魅力ではありますがね。また山岸は上述のように「使われて始めて活きる選手」なのにあまり使われてなかったと思いますので、これからに期待します。

 この2人がチームに馴染んで「個性」が出せるようになった時が、一番「バランス」の取れた地点でしょう。そしてその時は「組織的」な全員攻撃・全員守備による川崎の攻撃サッカーがみられるのかもしれません。
 
 →最後までご覧いただけましたらランキング投票のクリックをお願いします。またこのブログでは記事に言及のないトラックバックは保留扱いになります。管理人の承認を経て公開されますのでご了承ください。

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
J開幕G大阪ドロー発進&他チームの結果
Jの今季が開幕しガンバ大阪ージェフ千葉はスコアレスドローだし ガンバ大阪は開幕から主力が移籍したジェフ相手にガッカリだよ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2008/03/09 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもです。おつかれさまでした。
ジュニが少し下がるかと思ったら3トップは本当に3人横に並んでるケースが多く,あれでは山岸の良さが生きないように思いました。「ああ,ヌン様がいれば」と思うシーンが多かったのも同様で,私自身が去年のフォーメーションの呪縛から抜け切れていないのかも。
たつパパ
2008/03/10 08:18
はじめてコメントさせていただきます

私も前線と中盤の距離が間延びしてたと思いました。
3トップが縦の関係になってくれないと連携も中盤からのツナギも難しいと思いました。
あと特に前半は3トップ並びすぎで両サイドに張り付いていたんで、森も山岸も飛び出せないじゃんと思っていました。

「フッキ、2年前と全然変ってないじゃん」という意見も多かったようですが、私はそうは思いませんでした。

乱文失礼いたしました。
カミオダ7
URL
2008/03/10 17:54
お疲れ様でした。
フッキがシュートした後で、チームメイトの誰かに「サイドに山岸がいたじゃないか」的なことを言われていたように見えたので、徐々にそういった連携も出来るようになるのではないかと期待しています。
次回また、等々力で。
Tada09
URL
2008/03/10 21:16
>たつパパさん
 お疲れ様でした。計画の方は順調そうで何よりですw。
 仰るとおりマギヌンが抜けてスペースメイキングの上手い人がいなくなりましたので、チームとしてよりスペースメイキングを意識する必要があるのかなと考えています。

>カミオダ7
 初コメありがとうございました。フッキの精神面の落ち着きが2年前とは違いますね。連携面についてはこれからだと思いますし彼の強引な突破は特徴でもありますからチームとしてどう活かしながら周りを使う事を選択してもらえるようになるかでしょう。

>Tada09さん
 まったく仰るとおりです。そこらへんを上手く使い分けられるとチームとしても、フッキ個人にしてもレベルアップすると思いますが一朝一夕に出来るもんでもないので積み重ねて行くしか無いと思います。
TAK
2008/03/10 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
攻守のバランス@等々力陸上競技場「VS 東京ヴェルディ」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる