天麩羅がカラっと揚がるんですね。

 大人の解決方法だとは言え、やっぱり釈然としませんね。

 
“我那覇制裁金”使用方法でJと川崎が妥結(報知)


 正直、耳揃えて金返せ、コラ!ですよ。払う必要の無い金を払っているんですから、当然の話。でも返す気はさらさらないんでしょう。

 んでもって鬼武チェアマンは「譴責」だそうです。

 形の上ではリーグ側が「責任」を取った形にはなりましたが、「譴責」って事は「始末書」ですよ。これだけ大事件になったのにトップが始末書を書いただけで済むって理屈がわからない。

 そもそも「始末書」って、「業務などにおいて過失や規程違反を犯した者が、事実関係を明らかにするとともに謝罪し、再発させないことを誓約するための書類」だけど、一連の対応を見る限り、リーグ側が「正しく」CASの裁定を受け入れた形でのキチンとした事実関係を書くとは思えないです。

 まあ、そもそもチェアマンが自ら始末書を書くのかって話ですけど、

 どうせ書いた所で、天麩羅。タネは当然、ニンニクでしょうね?

 それに何となくお手盛りの丼勘定のような気もしますけれど、返さない1,000万円を反ドーピングの啓蒙活動に使うって言って、具体的に何に使うかって詳細とかの公開はクラブレベルにはあるんでしょうか?無いような気もしますけれどね。

 まあ、どうせ揚げるなら衣がカラっとしていて、胸ヤケしないのを作って欲しいものですけど(毒)。

 →最後までご覧いただけましたらランキング投票のクリックをお願いします。またこのブログでは記事に言及のないトラックバックは保留扱いになります。管理人の承認を経て公開されますのでご了承ください。

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック