みんなはひとりのために@等々力陸上競技場「VS ジェフユナイテッド市原・千葉戦」

 スタメンに名を連ねたメンバーを見て驚きました。

 ニンニク注射の我那覇がいないのはともかくケンゴまでおらず代わりに河村が入っていたのです。ケンゴは軽い首の捻挫との事で大事を取って休養だそうです。

 考えてみれば開幕からずっとケンゴは中盤で、ほぼフル出場ですし、どこかで休ませる事も必要なんじゃないかと思ってたんですが、神様の思し召しと思わねばなりませんね。

 むしろ彼が抜けた試合でどれだけやれるかと言う事が大切ですし、それが昨年のナビスコ王者相手と言うのは好都合かと。

 その他の川崎・千葉側の情報はランキングから検索願います!!

・耐え忍ぶ前半
 まずは両チームの布陣から。

 フロンターレはGKに川島、DFラインは山脈トリオで両翼に勇介と村上。ダブルボランチが河村と谷口でトップ下にマギヌンが入り、2トップにテセとジュニ。

 ジェフはGKに立石、DFラインは斉藤、水本、ストヤノフ。両翼は水野と山岸が入りダブルボランチに佐藤、下村。1トップに巻で2シャドーに羽生と工藤。

 フロンターレとしては巻への楔を潰す事と2シャドーの動きを拘束したい所です。

 巻の楔潰しは上々、2シャドーも決定的な事をされる前にボールをカットしたりサイドでボールを取ったり出来たと思います。

 とは言え佐藤にギャップを突かれて飛び出されたり、ストヤノフからのロングボールが山岸に繋がってクロスを入れられるなど決定的な場面もありましたが川島のスーパーセーブや山脈トリオの奮闘で跳ね返します。

 攻撃の方ですがケンゴがいない事もあってか、いつも以上にジュニにボールが集まるような気がします。ジュニには水本がスッポンマークしており激しいマークに彼からリズムが作れません。

 また中盤の激しいプレス、ボールホルダーへの寄せとそれに対するカバーがジェフはしっかりしていましたので楔を入れてもサイドに展開する前にボールを取られてしまいます。

 流れが悪い時のフロンターレは中央にボールが集まりがちなので河村とかがもっとサイドへボールを散らすようにしてあげなければいけませんでしたね。

・耐え切れなかった後半
 後半になってプレスに体を張れるようになったり、ルーズボールが拾えるようになりました。加えて楔を入れてからフォローに走るのではなくボールホルダーより前に人を集めて起点を増やした事でポゼッションが高まってきました。

 ポゼッションが高まってくればフロンターレは必然的にサイドを使う攻撃が増えてきます。ウイングバックが抉るだけでなく、FWが流れたり、はたまたボランチの谷口が飛び出していったりと、ようやく「らしい」動きが出始めました。

 後半になって河村が配球役に回った事で谷口がダイナミックに動いて飛び出していけるようになった事も大きいと思います。また縦へのミドル~ロングパスが無い分、丁寧に繋いでサイドから崩す意識が出来ていたと思います。

 そして66分、勇介からのクロスをテセがファーで叩いて押し込み先制します。向こうの運動量も落ちてきましたし、ペースを握ったら一気に押し込む力が今のフロンターレにはあります。

 この後も空いたスペースへDFが飛び込んできたり逆サイドのウインクバックが入ってきたりと攻めたてて行き、左からのクロスを村上が叩きますがバーに阻まれてゴールならず。ここで決めていれば勝利を確実なものに出来たのに残念です。

 このまま守りきって勝てるかと思ったら81分に左サイドでFKを与えてしまいます。これを水野が直接、押し込んで同点にされます。

 この水野のFKですが合わせて来るかと川島は読んだみたいですね。それが合わないでそのまま入ってしまったように見えます。しかし合わなくても入ってしまうようなボールを蹴った水野を褒めるべきですね。

 その後、両チームともにゴールを割れずにドロー決着。勝ち点1を分け合う形になりました。
この時、ストヤノフは負傷して下がっていたようで、そこで押し込み切れなかったのは残念でしたね。

 またもう1つ言うと良いフリーキッカーを抱えたチーム相手に、あの時間そしてあの得点差で直接狙える位置でのファウルを犯してはいけませんでした。

・1人は皆のために、皆は1人のために
 帰宅して録画していた映像を見るとケンゴのミドル~ロングパスが、あれば打開できていたシーンもあったので「代えの利かない選手」と言われるのをあらためて感じています。

 選手達もコメントで不在の大きさを言っていましたが、結果としてドローでしたけれど失点もケンゴがいればどうにかなった訳ではないですし、外した得点機もそうです。

 もっともケンゴ不在の大きさを言う理由は速攻で行くのか遅攻で行くのか、ゲームの展開を見定めてペースをコントロールできる事だと思いますね。今日はちょっと一本調子だったと思います。

 これから先も激戦が続く中でケンゴを欠く試合が出てくる事は想定されてしかるべきで、その中でどう戦うのかを考える良い機会だったでしょう。

 特にバックアッパーとして河村なのかハラタクなのか落合なのか、そして彼らが何が出来て何が出来ないのかを見定めるのは非常に重要な問題でした。

 今日の河村ですが監督コメントにあるように捌き役に徹したおかげでリズムが出来ました。守備のハードワークもこなしてくれるので大津高コンビよりも1歩リードって感じでしょうか。

 あれで中・長距離のパスが出せればと思いますが、捌き役に徹してもらって後半は攻撃の形を作る事が思ったよりも出来ていました。結果的に勝ちきれませんでしたがそこは収穫だったかなと。

 ACLも含めて総力戦が続く中で欠場する選手が出てくるのは仕方ない話です。そこを他の選手やスタッフ、サポーターまで含めて総力戦で戦わねばなりません。出られない選手の事を嘆くよりも今、戦える選手で「どう戦うか」を考える事の方が建設的だと思うのです。

 確かに我那覇とケンゴがいない事でポストプレーやゲームメイクに関しては力が殺がれたかもしれません。しかしそれをチームとしてどうカバーするのか?

 「皆は1人のために、1人は皆のため」にとはどう言う事なのかを考えさせられる試合だったと思います。取れなかった勝ち点2は授業料として8月11日にフクアリで回収すれば良いんです。

 むしろ4月は4勝2分の負けなしと言う望外すぎる成績で修羅場を突破した事は喜ばなければなりません。5月はダービーが2回にACL予選突破をかけた一戦もあり厳しい戦いが続きますが、1つずつ皆で積み重ねて行きましょう!!

 →最後までご覧いただけましたらランキング投票のクリックをお願いします。
 

"みんなはひとりのために@等々力陸上競技場「VS ジェフユナイテッド市原・千葉戦」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント