T2@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」

ようやく今シーズンも折り返し地点に来ました。色々とありすぎて、まだ折り返しなのかと感じざるを得ないですね。今日の相手は天敵の清水エスパルスとまた難敵がやって参りました。

 ただ今シーズンの清水はチョ・ジェジンが退団してからというもの、得点力不足にあえでいます。そこは付け入る隙かもしれませんが、こちらも「安定感」と言う言葉とは無縁の試合展開だけに心配な事はたくさんありますね。

・試合のポイント

 ともあれ勝つ事。できれば無失点で。

・試合の展開

 まずはフォーメーションから。

画像


 村上がもう少し下がって、ガナがもう少し右にいるように感じましたけれど、おおむねこんな感じでしょうか。これがはまって立ち上がりは清水が思うようにパスを回せず、ジワリジワリとペースを引き寄せていると見えました。

 それが15分に左サイドからの折り返しのボールを兵働がダイレクトでクロス。これを矢島が胸でトラップしてボレーシュート。これが決まって清水が先制。

 山岸が競り負けてしまいましたが、あそこで山岸が競りに行くのはセオリーですからしょうがない部分もあるんですがね。ペースを掴みつつあるも完全にモノにできない今年の悪癖を象徴するようなシーンでした。

 その後はサイドを使いながら縦に早くボールを入れてくる川崎と、最後の部分で跳ね返しロングボールからのカウンターを狙う清水と言う展開。清水にカウンターの鋭さは無いのですが、万が一を考えるとドキドキの展開です。

 最後の部分で清水のブロックに跳ね返されているも過去数年の戦いと比べると、破れる可能性が高いと感じました。ここ最近の清水はセットプレーからの失点が多いので、そこで決められたら、また流れを呼び戻せるのかもしれません。

 後半になると清水は岡崎に代えて原を少し下がり目に入れ、矢島にボールを集めて押し込んできます。今までのようにサイドに流れすぎてボックス内に人がいない状況が改善され、クロスも矢島を目がけて飛んでくるので危険になってきました。

 逆にツトさんは左にカムさんを入れて4バックへ移行。2枚の攻撃的MFは大橋と山岸、右サイドバックは井川にして攻撃に人数をかけます。

 その後も田坂、黒津と攻撃的なカードを切り75分にジュニからのクロス、ヒロキが潰れてこぼれた球をタニが押し込んで同点。その後もイケイケで攻め立てて89分にはルーズボールをジュニが奪い、オーバーラップしてきた山岸のクロスをタニが押し込んで逆転成功。

 タニのポジションが絶妙でした。通常ですと山岸のクロスをニアで合わせるために飛び込むのですが、あえて合わせようとしないで、待っている姿は獲物を狙う虎か獅子かと言った所でしょうか。

 縦横無尽の活躍に、自ら祝砲を撃ってオリンピック代表選出を祝ったタニ。この勝利で6位浮上、次の相手は浦和レッズです。キツい相手ですが是非とも勝って連勝、そして素晴らしい壮行会としたものですね。

 →最後までご覧いただけましたらランキング投票のクリックをお願いします。またこのブログでは記事に言及のないトラックバックは保留扱いになります。管理人の承認を経て公開されますのでご了承ください。



 

"T2@等々力陸上競技場「VS 清水エスパルス戦」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント